ハコフグ(ミナミハコフグ,コンゴウフグ)の混泳

コンゴウフグの写真画像

ハコフグの種類の混泳は、小さい時はおとなしいので
同種でなければ大方おとなしい性質の海水魚であれば
ほとんど相性がよく混泳させることができる。
大きく成長すると、だいたいは性格が荒くなり他の海水魚の

鰭などをかじるようになるので、混泳できる種類が限定されてくる。
販売されているハコフグはほとんど小さい豆サイズのものなので
購入する場合は成長した場合のこともしっかりと考えて
タンクメイトを選んだほうが良い。

コンゴウフグの混泳、他のハコフグとは異なり、水面近くを割りと泳ぎ回るので
同じ遊泳層である、ヤッコの種類やチョウチョウオの種類との混泳は避けたほうが良い。
またコンゴウフグは泳ぎが遅く、泳ぎが早い魚と混泳させると餌を奪われるので
混泳させないほうが良い。

ハコフグの種類は毒を放出することもある、執拗に攻撃されたり、網などで
捕まえるときに乱暴に扱ったり、外傷がありストレスが溜まったとき、致命的な病気に
かかった時などに毒を放出する。
毒を放出すると、混泳している海水魚も全滅するので、素早く他の水槽へと
タンクメイトを移す必要がある。

※下の表は幼魚の時のもので、ある程度の大きさに成長すると
性格が荒くなり、他の海水魚を齧るので混泳できなくなる種類も
多いです。

ハコフグの混泳表

ハコフグ(ミナミハコフグ,コンゴウフグ)の混泳と同じカテゴリ