ハゼの混泳

ハゼの種類の混泳は、同種のハゼの場合ほとんど問題
なく飼育できることが多い、大型水槽であれば縄張り争いになる可能性が
すくなく混泳が成功しやすい。

他の海水魚との混泳は、かなり行いやすい。
ハゼを攻撃(捕食)してくる魚や縄張り意識の強い魚でなければ
混泳は成功しやすい。

無脊椎動物との混泳にもわりと向いている。
小さいハゼはイソギンチャク、カニ、エビなどの餌食となるので不可。
エビはハナジャコ属やテッポウエビ科だとかなりの確立で捕食される。

ハゼは口で砂を掬い取り餌さをみつけ、食べる必要のない砂を吐き出す。
その為イソギンチャクと混泳させる場合、イソギンチャクの上に砂を撒き散らす
こともある。
一番砂を撒き散らす問題が多いハゼはアカハチハゼ。
水槽の中~上の方のエリアに定着するようなイソギンチャクの場合は
あまり問題がおきない。

クマノミ イソギンチャクのページに 一般的なイソギンチャクの定着しやすい
位置を記載しているので参考に。

 


ハゼの混泳 可能の海水魚一覧

クマノミクマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、トウアカクマノミ、ハマクマノミ、セジロクマノミ
小型ヤッココガネヤッコ、ヘラルドコガネヤッコ、ピグミーエンゼルフィッシュ、アフリカンピグミーエンゼルフィッシュ、ルリヤッコ、エイブルズエンゼルフィッシュ、ソメワケヤッコ、フレイムエンゼルフィッシュ、ポッターズエンゼルフィッシュ
ハナダイキンギョハナダイ、シモフリタナバウオ、サラサハタ、ブルーハムレット、ヌノサラシ、シャイハムレット、スイスガード
ツバメウオツバメウオ、ナンヨウツバメウオ、アカククリ、クロホシマンジュウダイ、シロガネツバメウオ、ヒメツバメウオ、ミカヅキツバメウオ
イソギンポフタイロカエルウオ、マイダスブレニー、レッドリップブレニー、ヤエヤマギンボ、コウワンテグリ、スミスブレニー、オウゴンニジギンポ、オウアランフォークテイルブレニー、ヒゲニジギンポ、セダカギンポ、ベニツケタテガミカエルウオ、スムースフィンブレニー、ハナダイギンポ
ハコフグハコフグ、ミナミハコフグ、コンゴウフグ、ストームトランクフィッシュ、シマウミスズメ、クロハコフグ、ラクダハコフグ、ブルーボックスフィッシュ
チョウチョウウオトゲチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、アケボノチョウチョウウオ、カスミチョウチョウウオ、ハシナガチョウチョウウオ、セグロチョウチョウウオ、ミゾレチョウチョウウオ、ミスジチョウチョウウオ、シチセンチョウチョウウオ、チョウハン、コラリス、ハタタテダイ、フエヤッコダイ
テンジクダイマンジュウイシモチ、フレイムフィッシュ
スズメダイルリスズメダイ、スズメダイ、ブラックネオンダムセル、フィジー・ダムセル、スプリンガー・デムワーゼル、ブルークロミス、ボウグレゴリー、クジャクスズメダイ、セナキルリスズメダイ、ヤマブキスズメダイ、デバスズメダイ、アオバスズメダイ、シリキルリスズメダイ、エイジャー・デムワーゼル、オレンジテール・ブルーデビル、クロスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クラカオスズメダイ、モンスズメダイ、ミスジスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイ、ソラスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、クロソラスズメダイ、オヤビッチャ、ロクセンスズメダイ
カワハギヒゲハギ、レッドテイルドファイルフィッシュ、ファイルフィッシュ、アミメハギ
ハタタテハゼハタタテハゼ、アケボノハゼ
グラマロイヤルグラマ、ブラックキャップグラマ
ゴンペベニゴンペ、クダゴンペ、メガネゴンペ、ミナミゴンペ
ジョーフィッシュイエローヘッドジョーフィッシュ、ゴールドスペックスジョーフィッシュ、ブルースポットジョーフィッシュ、スポットフィンジョーフィッシュ、ダスキージョーフィッシュ
ネズッポサイケデリックフィッシュ、マンダリンフィッシュ
マツカサウオマツカサウオ
ハリセンボンハリセンボン、ネズミフグ、ヒトヅラハリセンボン、スパイニイボックスフィッシュ、ブライドゥルドバーフィッシュ
フグサザナミフグ、ミゾレフグ、コクテンフグ、スポテッドトビー、ホワイトスポテッドトビー、 ハニカムトビー、シャープノーズドパファー、シマキンチャクフグ
メギスカンムリニセスズメ、フォールグラマ、クレナイニセスズメ、ネオンバックグラマ、サンライズドティーバック
アイゴヒフキアイゴ、ヒメアイゴ、ワンスポットフォックスフェイス、ブラウンイエローフォックスフェイス、レッドフォックスフェイス
ナンヨウハギキイロハギ、ブルータン、アカツキハギ、クログチニザ、クロハギ、サザナミトサカハギ、シマハギ、テングハギ、ニジハギ、ニセカンランハギ、ヒレナガハギ、モンツキハギ、パウダーブルー・タン、ゴマハギ、ナンヨウハギ、イエローテイルサージョン、ナミダクロハギ
小型ベラソメワケベラ、ホンソメワケベラ、イトヒキベラ、トワーフパイロットラス、コガネキュウセン、フォアスポットラス、グリーンラス、ニセモチノウオ、オビテンスキモドキ、フォアラインラス

ハゼの混泳 注意の海水魚一覧

大型ヤッコクイーンエンゼルフィッシュ、キングエンゼルフィッシュ、ロックビューティー、グレイエンゼルフィッシュ、フレンチエンゼルフィッシュ、マジェスティックエンゼルフィッシュ、アデヤッコ、ワヌケヤッコ、タテジマキンチャクダイ、サザナミヤッコ
ハゼクビアカハゼ、ガラスハゼ、ヤマブキハゼ、ギンガハゼ、ネオンゴビー、ブルーバンデットゴビー、コバンハゼ、キイロサンゴハゼ、オトメハゼ、アカチハゼ、サルファゴビー、ブルーバーリボン・ゴビー、ニチリンダテハゼ、ゼブラハゼ
イットウダイニジエビス、ホワイトチップスクレイルフィッシュ、ロングジョースクイレルフィッシュ、ヨゴレマツカサ、レッドオレンジスクレイルフィッシュ
コショウダイダイダイコショウダイ、チョウチョウコショウダイ、ムスジコショウダイ、アジアコショウダイ、アヤココショウダイ
モンガラカワハギモンガラカワハギ、アカモンガラ、ムラサメモンガラ、クマドリ、ムスメハギ、クイーントリガー
ヘラヤガラヘラヤガラ
ベラキューバンホグフィッシュ、スパニッシュホグフィッシュ、カンムリベラ、アフリカンクラウンラス、ツユベラ、クギベラ、シチセンベラ、ニシキベラ

ハゼの混泳 不可の海水魚一覧

ゴンズイゴンズイ
ハタユカタハタ、ニジハタ、アカハタ、オジロハタ、バラハタ、マダラハタ、アカマダラハタ、アオノメハタ
ミノカサゴカサゴ、ミノカサゴ、ハナミノカサゴ、ウルマカサゴ、セムシカサゴ、キリンミノ、キミオコゼ、ネッタイミノカサゴ、ヒメヤマノカミ、シマヒメヤマノカミ、ヒレボシミノカサゴ
ウツボウツボ、インディアン・モレイ、アセウツボ、ハナヒゲウツボ、トラウツボ、ゼブラウツボ、クモウツボ
コバンザメコバンザメ
タツノオトシゴタツノオトシゴ、ピグミー・シーホース、カリビアン・シーホース、シーポニー、オオウミウマ、イバラタツ、ビックベリーシーホース、タカクラタツ
サメ、エイバンブーシャーク、ブラウンカーペットシャーク、バンデットキャットシャーク、イヌザメ、レオパードシャーク、エポーレットシャーク、ナースシャーク


※ この一覧表は一般的な相性のものです、サイズ、固体、環境によっては混泳が無理な場合も多く存在します。

 

ハゼの混泳と同じカテゴリ

 

ハゼの混泳を見ている人は他にこんなページもみています

アジの泳がせ釣り 7つのコツ
アジの泳がせ釣り 7つのコツ

人気のあるタチウオも夏の終わりに近づくとシーズインを迎えます。太刀魚の夜釣りなどでよく使われる、泳がせ釣り。そのアジの泳がせ釣りに関してのコツなどを載せておきます。泳がせ釣りとは何かとあまり釣りをやらない人はわからないかもしれませんので簡単に説明すると生きた魚をそのまま針につけて泳がせて釣るというシンプルな釣りです。そのまま生きた魚が泳いでいるのだからかなり釣れそうと思われるかもしれません。しかし……

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……