ハナヒゲウツボ

(岩場から身を出すハナヒゲウツボ、それほど成長してない固体はウツボの種類ではないようだ)

ハナヒゲウツボはハナヒゲウツボ属のウツボの種類。
ウツボの中では一番美しいので観賞用としても人気がある。
分布は奄美大島以南の西部太平洋。

体長は120cmほどまで成長するので飼育するには
大型の水槽が必要になる。

ハナヒゲウツボは他のウツボと比べると細長い体をしている
青と黄色の姿がカラフルで光のあたり方では青はかなり蛍光色。


ハナヒゲウツボの体色、光の当たり具合によってはかなり蛍光色の青に見える)

主に岩場の隙間などの穴に入っていて、外に姿を出すのは10cm程度。
獲物を狙うときになると50cm程体を出す。
普段はゆっくりとした動作だが、獲物を捕食するときは
かなり俊敏な動きになる。

このページに掲載している全ての写真からも判るように普段はいつも
口を開けていて、上下に首を振っている。

ハナヒゲウツボ口の中の写真)

上の写真のように、主に口を開けていて口のなかは真っ白の色をしている。
ハナヒゲウツボは英語では Ribbon eelで、手前からみるとわかりやすいが
写真のように口の上部がリボンのような形になっている。
和名ではハナヒゲとこの形が名前の由来になっている。

 

ハナヒゲウツボ幼魚の写真)

幼魚は成魚とはことなり、体色は黒く背などの縁が黄色くなっている。
成長にともない青く変化してく。
沖縄でも春から夏にかけて見かけられる。

 

ハナヒゲウツボ雌の写真)

ハナヒゲウツボはある程度成長すると、メスに性転換して
体色も黄色く変化する、メスの観察例はすくないようだ。

以下wikipedia 参考の記事

体色が成長と共に変化することと、雄性先熟の性転換を行うことが知られている。
幼魚や未成熟魚では体色は黒色であるが、成魚になると
体色が鮮やかな青色に変化し、鼻先から背鰭が黄色になる。
この時までは雄であるが、さらに成長すると雌となり体の
大部分が黄色となる。ただし雌の観察例は少ない。

( ハナヒゲウツボ – Wikipedia )

 

ハナヒゲウツボと同じカテゴリ

 

ハナヒゲウツボを見ている人は他にこんなページもみています

クモウツボの飼育
クモウツボの飼育

クモウツボ特徴名前クモウツボ(スノーフレーク)生息地太平洋~インド洋全長餌活餌、冷凍エビ、冷凍小魚、イカ、タコ、アサリやや特徴的な模様をするウツボ、見た目はカラフルさがなく地味だがそれほど大型にならないのでウツボの飼育初心者にはお勧めのウツボ。大きくなってもと、なんとか水槽でも買えるサイズ。(もっと大きめの水槽の方が良いですが)餌を押さえていると成長は遅いようで、個体差はあるだろうが数年しても十数……

アデヤッコ
アデヤッコ

太平洋産のアデヤッコの写真。アデヤッコはキンチャクダイ科サザナミヤッコ属の海水魚。分布はインド洋~西部太平洋。飼育できる観賞魚で、よく販売される大型のヤッコ。ブルーフェイスという愛称ももつヤッコ。写真の固体からまさにその名前の姿が伺える。写真のものは太平洋産のアデヤッコの写真で太平洋産の固体が青みが強く、モルディブ産の固体はオレンジ色が強い。アデヤッコの幼魚はサザナミヤッコの種類、特有の色彩パター……