ハナビラクマノミの飼育

ハナビラクマノミ 特徴


 

生息地 西部太平洋~東部インド洋、日本では奄美諸島以南
体長 8cm

ピンク色~赤黒っぽい色をしているクマノミ、背ビレ付近が白く、えら付近に
白く細いバンドが一本入る

クマノミの中では小型、ハナビラクマノミは丈夫で飼育しやすい。
他のクマノミの種類同じように、雌雄同体魚である。
和名は『ハナビラ』というのが名前につくが、それほど
華やかな姿のクマノミではないので違和感を感じた方も
おおいのではないだろうか。
今はそうではないが、昔は飼育がむずかしく、花びらが散るように
死んでしまったのが名前の由来。


ハナビラクマノミ 飼育

ハナビラクマノミと共生するイソギンチャクは

  • シライトイソギンチャク
  • センジュイソギンチャク
  • ハタゴイソギンチャク
  • タマイタダキイソギンチャク
  • ロングテンクタルアネモネ

 

自然下ではシライトイソギンチャク、センジュイソギンチャク
がよく共生している

イソギンチャクへの依存度は高いので、飼育する際は出来るだけ水槽に
いれてあげよう。

ハナビラクマノミは人口飼料にもよく餌付くが、水槽の底に沈んでしまった餌は
あまり食べないので少しづつ餌を給餌すると良い。


ハナビラクマノミ 混泳

 

温和な性質なので同サイズとのクマノミと混泳しやすい
ハナビラクマノミは比較的臆病な性格のクマノミなので
あまり大きな海水魚との混泳には向いていない

ハナビラクマノミのテリトリーは、イソギンチャクの周りとなるので
範囲がわかりやすい。

争いはじめるとあぶないので、固体やペアごとにイソギンチャクを
しっかりと入れてあげると良い。

メスの場合、イソギンチャクの数が足りていないとどちらかが殺されるまで
争いをつづけることもある。


ハナビラクマノミ ペア

ハナビラクマノミはときにペアになっていても、争うので
しばし注意が必要。

繁殖をおこなうのはメスの場合7cm程度からで
オスの場合は5cm程度

水温が安定している、暖かい時期に繁殖を行う。
水槽内でもイソギンチャクがいると繁殖を行いやすい。


ハナビラクマノミと他のクマノミの種類

ハナビラクマノミの仲間のクマノミの種類はこちらのページ


ハナビラクマノミの飼育と同じカテゴリ

 

ハナビラクマノミの飼育を見ている人は他にこんなページもみています

ツノダシ
ツノダシ

ツノダシはツノダシ科ツノダシ属の海水魚。チョウチョウウオの種類のように見えるが、ニザダイの種類の近縁種とされる。海水魚ショップなどでもよくツノダシを見られる。日本の近海でもよく採取できる、それほど高い値段でもないのでまずまず飼育導入しやすい。ツノダシは自然下ではよくサンゴ礁域に生息する、単独か匹ほどの群れでいる。海外のパラオやハワイではかなりの大群でみられることある。ツノダシは見た目から、温暖な所……

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……

ハナビラクマノミ販売、価格


  • (海水魚)ハナビラクマノミ(ワイルド)(1ペア) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

    4730円