ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴはフサカサゴ科ミノカサゴ属の海水魚。
分布は日本では相摸湾以南でよく見られる。
琉球諸島ではカサゴの種類はミノカサゴよりハナミノカサゴ
がもっとも良く見られる。

ハナミノカサゴは根魚でかなり生命力が強く、丈夫で飼育しやすい。
体長は25cm程度と、小さいので小型の水槽で
フィルターがそれ程濾過能力がなくても
比較的ハナミノカサゴの飼育が成功しやすい。

ハナミノカサゴは海水魚飼育初心者の方に
オススメ
できる海水魚の種類。
ひとつ難点をあげると、ヒレには刺されるとかなり痛い毒を持つ。

ハナミノカサゴの若魚は背丈が低く、背ビレや胸ヒレが長いが
成魚に成長するとふっくらとして、体色も黒ずんだ色あいに
変化していく。

自然下でハナミノカサゴは、岩礁域やサンゴ礁域に生息して
岩陰などの身の隠れれる暗い場所で主に潜んでいる。

餌は主に小魚や甲殻類を捕食する。
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、クロホシイチモチの
幼魚などが群れる根の場所にはよく
ハナミノカサゴを見かけることができる。
このような場所では魚を捕食するために
ハナミノカサゴが泳いで小魚を追いかけ捕食するときもある。

 

ハナミノカサゴの目のそばに角のような細長いものがつくが
大型の固体ではついていないものや
片方だけ付いている固体もいる。
この角は木の葉のようになり眼状班がはいっている。
ハナミノカサゴは色彩変異個体が
多く、ほとんど全身が黒い固体もいる。


(ハナミノカサゴ全身が黒い固体の写真)

餌を捕食する際に、体色を変えて
獲物を待ち伏せする事もある。

ハナミノカサゴと同じカテゴリ

 

ハナミノカサゴを見ている人は他にこんなページもみています

クモウツボの飼育
クモウツボの飼育

クモウツボ特徴名前クモウツボ(スノーフレーク)生息地太平洋~インド洋全長餌活餌、冷凍エビ、冷凍小魚、イカ、タコ、アサリやや特徴的な模様をするウツボ、見た目はカラフルさがなく地味だがそれほど大型にならないのでウツボの飼育初心者にはお勧めのウツボ。大きくなってもと、なんとか水槽でも買えるサイズ。(もっと大きめの水槽の方が良いですが)餌を押さえていると成長は遅いようで、個体差はあるだろうが数年しても十数……

リーフィーシードラゴン
リーフィーシードラゴン

リーフィーシードラゴンの画像リーフィーシードラゴンは画像のように個性的な姿をしている。タツノオトシゴの種類ではなく、ヨウジウオ科の海水魚。よくタツノオトシゴ展などでも水族館で展示されるようだ。生息地はオーストラリア南西部沿岸。体長は成魚でほどで、大きな固体になるとまで成長するものもいる、大部分は前後で成長が止まる。リーフィーシードラゴンは水族館ではその独特の姿から初めて見る人に強い印象を与えるので……