ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴはフサカサゴ科ミノカサゴ属の海水魚。
分布は日本では相摸湾以南でよく見られる。
琉球諸島ではカサゴの種類はミノカサゴよりハナミノカサゴ
がもっとも良く見られる。

ハナミノカサゴは根魚でかなり生命力が強く、丈夫で飼育しやすい。
体長は25cm程度と、小さいので小型の水槽で
フィルターがそれ程濾過能力がなくても
比較的ハナミノカサゴの飼育が成功しやすい。

ハナミノカサゴは海水魚飼育初心者の方に
オススメ
できる海水魚の種類。
ひとつ難点をあげると、ヒレには刺されるとかなり痛い毒を持つ。

ハナミノカサゴの若魚は背丈が低く、背ビレや胸ヒレが長いが
成魚に成長するとふっくらとして、体色も黒ずんだ色あいに
変化していく。

自然下でハナミノカサゴは、岩礁域やサンゴ礁域に生息して
岩陰などの身の隠れれる暗い場所で主に潜んでいる。

餌は主に小魚や甲殻類を捕食する。
スカシテンジクダイ、キンメモドキ、クロホシイチモチの
幼魚などが群れる根の場所にはよく
ハナミノカサゴを見かけることができる。
このような場所では魚を捕食するために
ハナミノカサゴが泳いで小魚を追いかけ捕食するときもある。

 

ハナミノカサゴの目のそばに角のような細長いものがつくが
大型の固体ではついていないものや
片方だけ付いている固体もいる。
この角は木の葉のようになり眼状班がはいっている。
ハナミノカサゴは色彩変異個体が
多く、ほとんど全身が黒い固体もいる。


(ハナミノカサゴ全身が黒い固体の写真)

餌を捕食する際に、体色を変えて
獲物を待ち伏せする事もある。

ハナミノカサゴと同じカテゴリ

 

ハナミノカサゴを見ている人は他にこんなページもみています

サメの種類 共食いするシロワニ
サメの種類 共食いするシロワニ

シロワニの生息域は沖合いの浅瀬、難波船、洞窟、サンゴ礁、など。日本での生息地は、小笠原の父島、婿島。大きさは~程度にまで成長する。サメというのは単独行動が多いが、シロワニはときに匹ぐらいの群れで餌を探すこともある。他のサメと少し違う習性として、シロワニは口を半分あけて泳ぐという一風変わった所がありこの姿がいかにもサメという雰囲気をだしている。常に歯が見えた状態なので見た目は恐い姿だが、性質はわりと……

イエローヘッドジョーの混泳
イエローヘッドジョーの混泳

イエローヘッドジョー混泳イエローヘッドジョーは、わりと臆病なので他の海水魚と混泳させていると、巣穴にはいったままあまりでてこない場合がある。そのまま餌をたべずに巣穴にはいったままの状態で衰弱して餓死する場合も。巣穴を床砂につくるので、床を掃除するようなタイプの海水魚だと、イエローヘッドジョーの巣穴を破壊するので混泳はしないほうがいい。もし、水槽内でイエローヘッドジョーをメインで鑑賞しようとする場合……