Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒラメの生態 夜行性の魚?

ヒラメの画像

By: Shinji

ヒラメの分布

 

ヒラメは日本中の多くのエリアに生息している。
(北海道東部にはほとんど居ないと言われている)

 

 

都市部よりも、少し離れたような砂浜の
比較的餌となるような魚の多い場所にいることが多い

 

ヒラメの養殖などで調べてみると見つかりますが
水質の汚染にも比較的強い魚のようです。
同じ飼育ゲージに大量のヒラメを過密飼育しても成長させる
ことはできるよう。

 

水質汚染に強く都市部の海域でも生息することはできそうな
ヒラメですが、餌となるような生物が供給されなかったり、
高水温にも弱い
為にどこででも生息できるという訳には
いかないようです。

 

1歳のヒラメは割と高水温に強く、2歳をなると
26℃を超えると餌をほとんど取らなくなり、33℃あたりの水温が
限界となります。

 

 

放流型と天然魚

ヒラメは1000万個~3000万個の卵を産卵するが
稚魚が成魚になるのは0~1匹
などと
されている。

 

少ない生存率のため、ある程度飼育され成長したヒラメが
放流され個体が維持されているようだ。

 

裏の白い部分に斑点が出ている個体は放流型
のようですが、最近は放流型であっても白い部分に斑点
はつかない個体も多いよう。

 

 

ヒラメの行動

 

ヒラメの回遊

 

ヒラメは大きく移動はしない、産卵のためや
越冬のために数十キロ程度の移動
は行うということが
確認されている。

 

基本的に産卵や越冬の為の移動の際以外は、普段
毎日の行動ではほとんどが狭い領域で
過ごしている。
水深は冬場以外は20m~100m、冬場は100m~200m。

 

餌をとる為にもそこまで大きく回遊
移動しない。

 

ヒラメの種類の画像

日本のヒラメには8系統の種類に分類されていて
それらの分布ごとに生息地が分かれていて
分布域以上の移動を行わない

 

ヒラメ以外の白身魚の種類も、そこまで大きく
移動しないというものが多い。
これは酸素供給などの仕組みなどから、大きく回遊しない
魚の身がすべてではないが白色になる。

 

 

ヒラメ捕食(食性)

 

イワシの画像

(ヒラメの餌の90%は小魚)

ヒラメはマイワシ、カタクチイワシ、シロギス、ヒイラギ
イカナゴ、キビナゴ、イカ、甲殻類

などの餌を捕食する。

 

餌の多く回遊する深場、海底の起伏の大きい所、砂磯場
などに生息する。
カレイは流れの弱いような泥底を好み
ヒラメは比較的透明度の高いような場所を好む。

 

砂の上 ゴカイの画像

カレイは2枚貝やゴカイ主に食べ
ヒラメは動く餌に反応する。
食性からカレイは餌釣りで、ヒラメは動く餌に反応するので
ルアーなどにも釣れる

 

ヒラメの稚魚は普通の魚のように底ではない
場所を動き回るので、これを他の魚と勘違いした
ヒラメの成魚に共食いされることもあるようです。

 

ゴカイや2枚貝は比較的どこにでもいるので、食性からカレイは
釣れる場所の範囲が広く、
都市部の河口などでも釣れることも多い。

 

ヒラメの産卵

基本的にあまり大きな回遊行動魚を
行わない魚の行動が大きく変化する場合、一つが
食事で、もう一つが産卵となる。

 

ヒラメが浅場に接岸するのも、産卵行動が
大きく関わっている

 

ヒラメの産卵は地域によって異なる、一般的に本州などでは
10月~11月頃、冬期の深場移動や産卵前を控えて
秋頃に荒食いの為に浅場に接岸
する。
この時期は釣りやすい。

 

2月~3月に産卵の為に浅場の、水深20m~50mへと
近づいてくる。
産卵の間はそれほど餌は取らない。

 

種類や生息域によって違いはあり、2月頃に産卵が終わり
その頃に餌を食べていなかったヒラメが、稚鮎などを
食べるので稚鮎のシーズンの5月頃も
釣果が伸びるようです。

 

ヒラメの産卵時期

地域によってヒラメの産卵時期は以下。

 

  • 九州 2月~3月
  • 鹿児島 1月~3月
  • 北陸 5月~7月
  • 東海 3月~6月
  • 北海道 6月~8月

 

 

ヒラメは夜行性

 

基本的に夜行性の魚、日中は深場で待機していて
夜に浅場まで来て餌を取る
というのが一般的に
よくみられる行動。

早朝や夕方、釣りでいえばまずめのような時期
に餌を捕食する。
特に早朝に多くの捕食がみられるようです。

 

ヒラメは一般的には夜行性とされているが
イワシ類やシロギスなどが日中によく活動していると
日中にも関わらず餌をとり続けるようなことも
よく行う。

 

真昼間など、イワシ類の群れが浅場を回遊している
場合はスピンテールジグなどのルアーで
釣れることも多い。

 

ベイトが浅場にきている時に釣れることも多い
ヒラメなので、夜行性かどうかは判りづらいものですが
夜間に行動することが多く夜行性とされている魚です。

ヒラメの生態 夜行性の魚?と同じカテゴリ

 

ヒラメの生態 夜行性の魚?を見ている人は他にこんなページもみています

穴釣り 釣れる魚
穴釣り 釣れる魚

テトラの間にブラクリなどの仕掛けを落とし込むだけで比較的簡単に魚が釣れる釣り方。足場の悪さなどに気をつかえば、魚を釣ることを簡単に楽しめるような釣りの一つ。釣れる魚は、基本的に根魚ロックフィッシュが多いですが狙う時間帯や釣り方を考慮すると他の魚も割と狙える。根魚が多いので、生息環境によって色がやや異なりますが同じ種類の魚です。アイナメ出典穴釣りは、他の餌釣りよりも割と釣れやすいので比較的釣れやすい……

白身魚の種類 一覧
白身魚の種類 一覧

食品で利用され、食品売り場などで販売されたりする白身魚の種類を写真をまじえて説明してみました。販売されない魚、若干地域特産の珍しい魚も入っています。各魚、味や簡単な調理法なども分かる魚は書いておきました。白身魚の種類一覧アンコウ目アンコウ科アンコウ鮟鱇ウナギ目アナゴ科アナゴ穴子、海鰻ウツボ科ウツボ鱓ウナギ科ウナギ鰻ハモ科ハモ鱧カサゴ目アイナメ科アイナメ鮎魚女、鮎並、愛魚女ホッケ科ホッケ魚へん花メバ……