Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒラメの種類

一般的にヒラメと呼ばれているのはカレイ
目ヒラメ科の魚ことであり、ヒラメの目は、左ヒラメの右カレイと言われていて
通常はヒラメの目は左側
にある。

この目が左によっているのは日本のヒラメの場合が100パーセントで
他の国のヒラメの場合は異なる。

ヒラメを漢字で書くと 鮃(ヒラメ)

沿岸の砂泥底に生息する魚で、よくサーフで釣れる。
人気の魚種。
ヒラメが釣れる場所ではスズキ、マゴチなどの魚もよく釣れることがある。

味はくせがなく淡泊で身は柔らかい、刺身にも煮付けにも合う高級魚

上下のひれの付け根の部分は縁側と呼ばれていて、とくに味のいい部分。
寿司のネタなどでもよくあるので知っている方も多いはず。

 

 

ヒラメの種類 一覧

  • イトヒキガンゾウビラメ
  • コケビラメ
  • イシビラメ
  • ヒラメ
  • ナツヒラメ
  • タマガンゾウビラメ
  • ガンゾウビラメ

ヒラメの種類の画像
ヒラメの種類の画像
出典 – https://kotobank.jp/

 

 

ヒラメの種類 ダルマガレイ科

 

イトヒキガンゾウビラメ

画像はヒラメの種類の画像を参照。

 

 

学名 Taeniopsetta ocellata

イトヒキガンゾウビラメは南日本以南の太平洋とインド洋に広く分布する。
背ビレと尻ビレが糸状に伸びるのが、名前が由来。

 

 

ヒラメの種類 コケビラメ科

コケビラメ

画像はヒラメの種類の画像を参照。

学名:Citharoides macrolepidotus 英名:Lyre flatfish

 

南日本、朝鮮海峡、フィリピンなどに分布する。
口は大きく、目の後縁の下まで開く。

背びれと尾びれの後端に黒いスポットが一つある。
腹びれには1本のとげがある。

 

 

ヒラメの種類 スコプタルムス科

 

イシビラメ

学名 Psetta maxima(Linnaeus, 1758) 英名 Turbot

体長1mになる。主な生息域は浅い砂浜近く。
生息地は地中海、バルト海、黒海、ニュージーランド、北大西洋等。

 

 

ヒラメの種類 ヒラメ科

ヒラメ

ヒラメの写真画像

By: Shinji

学名 Paralichthys olivaceus、英名 Bastard halibut

体長は最大で1m程まで成長する。
カレイとの違いは、口が大きく、歯が大きく鋭い。
両目とも頭の左側半分によっているのが特徴。

カレイは歯が小さいものが多い。

夜行性で、昼は砂の中にもぐってじっとすることがほとんど。
おもに、小魚、ゴカイ類、貝類を捕食する。

 

ナツヒラメ

ナツビラメの画像

学名 Paralichthys dentatus、英名 Summer flounder

 

タマガンゾウビラメ

タマガンゾウビラメの画像
出典 – 長崎県水産部ホームページ

学名 Pseudorhombus pentophthalmus、英名 Fivespot flounder

日本、朝鮮半島からインドシナ半島まで分布する。
20cm程度まで成長する。
体の目のある近くに5個の黒いスポットがある。

 

ガンゾウビラメ

画像はヒラメの種類の画像を参照。

学名 Pseudorhombus cinnamoneus、英名 Cinnamon flounder

太平洋西部。日本、中国沿岸からフィリピン、南シナ海まで広く分布。
最大35cmでタマガンゾウビラメより大型のヒラメ。
黒いスポットは1つ。

 

ヒラメの種類と同じカテゴリ

 

ヒラメの種類を見ている人は他にこんなページもみています

夜釣りのキス 昼に比べて釣れづらい理由は?
夜釣りのキス 昼に比べて釣れづらい理由は?

群れにあたるとよく釣れて、独特の味がする白身魚のキス。簡単に釣れて美味しいので割と人気のある対象魚です。そんなキスは夜釣りでは昼に比べて釣れずらいとされています。実際に夜釣りで釣ったら分かりますが、釣り場によっては昼に比べて釣れる数がおちて、ほとんど釣れなかったします。しかし、夜釣りで釣れるのは大きいサイズが多い。なぜキスは夜釣りで釣れづらいかの理由を考えてみることにします。キスといってもいろいろ……

冬のサビキ 釣れない原因は
冬のサビキ 釣れない原因は

日本の冬は寒い、非常につらい寒さの中で釣りとなるので釣れない坊主ととなるとさらに精神的に厳しい釣りとなります。少ない休みを使い時間を割いて釣りに行く方などはできれば何かを釣りたいということでサビキを選択する方もいると思います。冬であれば、月月などは本来であれば釣りは休業としたほうがいいような気もしますが。釣り吉ならば、月に、度ぐらいは釣りに行きたくもなります。この時期は船で沖へ行く釣りも大物が狙え……