ピグミーシーホース

(ピグミーシーホースの画像 アップで撮影)

ピグミーシーホースは最小のタツノオトシゴの種類。
全長が2cmにすらならない。ヤギの一種に擬態し隠れ住んでいる。

ピグミーシーホースはソフトコーラルの上での
生活するために、分化されたタツノオトシゴ。
写真でも見れるように、体全体にイボ状のこぶがあり
宿主のポリプと色、形がよく似ていて、ほとんど同化している。

 

ピグミーシーホースの分布は西部太平洋、ニューカレドニア コーラールシー
オーストラリアのクインズランド、インドネシア北部、スラウェシ。

そしてピグミーシーホースは日本にも分布するタツノオトシゴとして知られている。
日本では南日本、和歌山(串本)以南で見られている。
やはりこの極小サイズなのでやや見つけづらい。
水深は20m~40mまでに生息している。

ピグミーシーホースの画像 Muricella属のウミウチワ)

ピグミーシーホースの宿主は、いろいろなに宿主につくが、しかし成長するためには
赤いポリープMuricella属を好む。
主にピグミーシーホースの宿主となるのはMuricella属のウミウチワで
Muricella spp.が多い。
Muricella spp.は水深20m以深に分布する。

ピグミーシーホースは宿主と似てほとんど、Muricella属のウミウチワに擬態したような
体つきになっている。

ピグミーシーホースの画像

ピグミーシーホースの生態はまだあまり知られていないことが多い。
同じ宿主に数ペアなる群れを作り、朝方非常に活発になる。
雄はやせ細った感じで、雌はおなかがふっくらとしている。
卵の数普通のタツノオトシゴと同じでは10以下で
ほとんど変わらない。

ピグミーシーホースを飼育するには水槽で同時にMuricella属の
ヤギ類を維持する必要がある。
同時に飼育するのは非常に難しい。
その為、ピグミーシーホースの販売はほとんどされず
一般的には出回っていない。

日本でピグミーシーホースの近縁種のジャパニーズピグミーシーホースという
同じく小さいタツノオトシゴも発見されている。

 

ピグミーシーホースと同じカテゴリ

 

ピグミーシーホースを見ている人は他にこんなページもみています

ハタタテダイ
ハタタテダイ

ハタタテダイはチョウチョウウオ科ハタタテダイ属の海水魚。チョウチョウウオ科に属するので少し似ているが背ビレがかなり長いので判別しやすい。ハタタテダイは自然下ではサンゴ礁域でよくみられ、単独か数匹でよく行動している、ハタタテダイはあまり数のある群れはつくらない。ハタタテダイの餌は岩などの隙間の海底生物を捕食するのでよく海底などを生息域としている。そのため、ハタタテダイは海底への依存が高く中層ではあま……

ブラックチップシャーク
ブラックチップシャーク

浅場を泳ぐブラックチップシャークの写真海水魚ブラックチップシャークはメジロザメの種類。体長が程と成長してもそれほど大きくならないので飼育できる小さいサメとして、入荷され販売される。ブラックチップシャークは飼育できる他の小さいサメに見られるナマズのようでなくシャープなサメのような姿をしているので飼育魚としてはなかなか人気がある。ブラックチップシャークを飼育する際は遊泳性のサメなので大型の水槽が必要、……