ピグミーシーホース

(ピグミーシーホースの画像 アップで撮影)

ピグミーシーホースは最小のタツノオトシゴの種類。
全長が2cmにすらならない。ヤギの一種に擬態し隠れ住んでいる。

ピグミーシーホースはソフトコーラルの上での
生活するために、分化されたタツノオトシゴ。
写真でも見れるように、体全体にイボ状のこぶがあり
宿主のポリプと色、形がよく似ていて、ほとんど同化している。

 

ピグミーシーホースの分布は西部太平洋、ニューカレドニア コーラールシー
オーストラリアのクインズランド、インドネシア北部、スラウェシ。

そしてピグミーシーホースは日本にも分布するタツノオトシゴとして知られている。
日本では南日本、和歌山(串本)以南で見られている。
やはりこの極小サイズなのでやや見つけづらい。
水深は20m~40mまでに生息している。

ピグミーシーホースの画像 Muricella属のウミウチワ)

ピグミーシーホースの宿主は、いろいろなに宿主につくが、しかし成長するためには
赤いポリープMuricella属を好む。
主にピグミーシーホースの宿主となるのはMuricella属のウミウチワで
Muricella spp.が多い。
Muricella spp.は水深20m以深に分布する。

ピグミーシーホースは宿主と似てほとんど、Muricella属のウミウチワに擬態したような
体つきになっている。

ピグミーシーホースの画像

ピグミーシーホースの生態はまだあまり知られていないことが多い。
同じ宿主に数ペアなる群れを作り、朝方非常に活発になる。
雄はやせ細った感じで、雌はおなかがふっくらとしている。
卵の数普通のタツノオトシゴと同じでは10以下で
ほとんど変わらない。

ピグミーシーホースを飼育するには水槽で同時にMuricella属の
ヤギ類を維持する必要がある。
同時に飼育するのは非常に難しい。
その為、ピグミーシーホースの販売はほとんどされず
一般的には出回っていない。

日本でピグミーシーホースの近縁種のジャパニーズピグミーシーホースという
同じく小さいタツノオトシゴも発見されている。

 

ピグミーシーホースと同じカテゴリ

 

ピグミーシーホースを見ている人は他にこんなページもみています

タマゾン川の外来種
タマゾン川の外来種

都心に近い多摩川、現在は確認されているだけでも外来種が種ほど確認されていて、多摩川のことをタマゾン川などと呼ばれている。年にはタマゾン川が流行語大賞の候補にもなった。外来種が多摩川にいつくようになった原因は、飼えなくなった、もしくは飼育するのが飽きたような人が多摩川に魚を放流したのが原因でショップでよく販売されるような熱帯魚が多くみられる。その捨てられた熱帯魚の外来種が多摩川にいつくようになった要……

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……