フグの混泳

ミドリフグの写真画像

フグの種類の混泳は同種では必ず争いがおきるので不可。基本的に水槽で1種類1匹のみで飼育したほうが良い。
他の魚との混泳もフグが小さいときは問題がおきづらいが、大きく成長すると鰭をかじったりするので混泳できなくなる。
無脊椎動物との混泳は不可で小さいフグでも混泳させると殺してしまう。

※下の表は幼魚の時のもので、ある程度の大きさに成長すると
性格が荒くなり、他の海水魚を齧るので混泳できなくなる種類も
多いです。
フグの混泳表

フグの混泳と同じカテゴリ

 

フグの混泳を見ている人は他にこんなページもみています

ハリセンボンの混泳
ハリセンボンの混泳

ハリセンボンは他の同じぐらいのサイズでおとなしい性格の海水魚であれば混泳が可能。同種と他のフグの種類との混泳は全てだめで、フグやハコフグなどの種類とは混泳させると激しく争う。攻撃的な海水魚と混泳させると、ハリセンボンは対抗しようと体を膨らませるこれはかなりハリセンボンにストレスが溜まるのでよくないので攻撃的な海水魚との混泳は控えるように。ハリセンボンと無脊椎動物を混泳させると、ほとんどの場合ハリセ……

テンジクダイ(マンジュウイシモチ)の混泳
テンジクダイ(マンジュウイシモチ)の混泳

ハリセンボンは他の同じぐらいのサイズでおとなしい性格の海水魚であれば混泳が可能。同種と他のフグの種類との混泳は全てだめで、フグやハコフグなどの種類とは混泳させると激しく争う。攻撃的な海水魚と混泳させると、ハリセンボンは対抗しようと体を膨らませるこれはかなりハリセンボンにストレスが溜まるのでよくないので攻撃的な海水魚との混泳は控えるように。ハリセンボンと無脊椎動物を混泳させると、ほとんどの場合ハリセ……