ブラックチップシャーク


浅場を泳ぐブラックチップシャークの写真

 

海水魚 ブラックチップシャーク(Carcharhinus melanopterus)はメジロザメの種類。
体長が1,6m程と成長してもそれほど大きくならないので
飼育できる小さいサメとして、入荷され販売される。

ブラックチップシャークは飼育できる他の小さいサメに見られるナマズのようでなく
シャープなサメのような姿をしているので飼育魚としてはなかなか人気がある。


ブラックチップシャークを飼育する際は遊泳性のサメなので
大型の水槽が必要、特に反転し泳ぐことも考えて奥行きもかなり必要となる。
飼育する際の餌は自然下と同じアジやイカなど。

ブラックチップシャーク目の写真画像

By: dany13

ブラックチップシャークの顔の写真

ブラックチップシャーク正面から口の写真画像

By: dany13

ブラックチップシャーク正面からの写真

 

ブラックチップシャークの生態
インド太平洋のサンゴ礁が分布域で
熱帯域の浅場のダイビングスポットでよく見ることができ
パラオではシュノーケリングでもよく見られる。


ブラックチップシャークは基本的に臆病なサメなのであまり人は襲わない。
ダイビングなどでは、こちらが近づくとその分離れていく。

人を襲う場合はよく歩いている人の足に噛み付くようで、浅場にいる時は
泳ぐとあまり襲われないようだ。

2匹のブラックチップシャークの写真 交尾する前には雄雌ともに追い掛け回す。

浅場のブラックチップシャークの写真

幼魚は大きな群れをつくり、成魚より浅い場所で生息する。
餌はアジ類などの小さい海水魚で、数匹で群れを追い回して
かく乱し捕食する。
上の写真のように、浅い場所でも小さい海水魚を追い回しているような
所をみることができる。

ブラックチップシャークと同じカテゴリ

 

ブラックチップシャークを見ている人は他にこんなページもみています

ハタの混泳
ハタの混泳

ハタの種類(ユカタハタ、ニジハタ、アカハタ、オジロハタ、バラハタ、マダラハタ、アカマダラハタ、アオノメハタ)の多くは、かなり口を大きく開くことができるので飲み込めるサイズの小型の海水魚とハタを混泳するとほとんどの場合丸呑みされてしまう。またハタは生きたエビは好物なので、エビの種類を混泳するとこちらも丸呑みにされてしまう。ハタが小型でおとなしい種類の場合は、他の混泳している海水魚に攻撃することはない……

白点病の治療と原因
白点病の治療と原因

白点病とはクリプトカリオンイリタンスという学名の線虫が海水魚に寄生しておこる症状、クリプトカリオンイリタンスが好む水温は度以上。この線虫は、淡水の白点病のウオノカイセンチュウでことなるので注意が必要。ウオノカイセンチュウの好む温度は度以下。淡水の場合、高温にすると白点病は治りやすいが海水の場合はあまり高温にすると余計に白点病を活性化させてしまう。白点病は体表に白い斑点が現れたり、呼吸が速くなったり……