Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ブラックチップシャーク


浅場を泳ぐブラックチップシャークの写真

 

海水魚 ブラックチップシャーク(Carcharhinus melanopterus)はメジロザメの種類。
体長が1,6m程と成長してもそれほど大きくならないので
飼育できる小さいサメとして、入荷され販売される。

ブラックチップシャークは飼育できる他の小さいサメに見られるナマズのようでなく
シャープなサメのような姿をしているので飼育魚としてはなかなか人気がある。


ブラックチップシャークを飼育する際は遊泳性のサメなので
大型の水槽が必要、特に反転し泳ぐことも考えて奥行きもかなり必要となる。
飼育する際の餌は自然下と同じアジやイカなど。

ブラックチップシャーク目の写真画像

By: dany13

ブラックチップシャークの顔の写真

ブラックチップシャーク正面から口の写真画像

By: dany13

ブラックチップシャーク正面からの写真

 

ブラックチップシャークの生態
インド太平洋のサンゴ礁が分布域で
熱帯域の浅場のダイビングスポットでよく見ることができ
パラオではシュノーケリングでもよく見られる。


ブラックチップシャークは基本的に臆病なサメなのであまり人は襲わない。
ダイビングなどでは、こちらが近づくとその分離れていく。

人を襲う場合はよく歩いている人の足に噛み付くようで、浅場にいる時は
泳ぐとあまり襲われないようだ。

2匹のブラックチップシャークの写真 交尾する前には雄雌ともに追い掛け回す。

浅場のブラックチップシャークの写真

幼魚は大きな群れをつくり、成魚より浅い場所で生息する。
餌はアジ類などの小さい海水魚で、数匹で群れを追い回して
かく乱し捕食する。
上の写真のように、浅い場所でも小さい海水魚を追い回しているような
所をみることができる。

ブラックチップシャークと同じカテゴリ

 

ブラックチップシャークを見ている人は他にこんなページもみています

魚へん 暑 鱪
魚へん 暑 鱪

漢字は魚へん暑と書いて鱪シイラと読む。鱪シイラの特徴カラフルで海外産のような見た目夏頃に日本の沿岸部にもよってくる。関西方面では串本あたりで、よく釣れることもある。体長は~までに成長する大型の魚。群れを成して小魚を捕食する魚、獲物を狙ったりして泳いでいる時は体色がコバルト色に輝くので綺麗な色をしている。これはシイラの精神状態によって体色が変化していると言われている。水揚げされると、綺麗な色合いもあ……

チョウチョウウオの混泳
チョウチョウウオの混泳

チョウチョウウオの種類の混泳、は種類の異なる魚でも模様や色があまり似ていない種類であれば混泳させやすい。十分なスペースと同時期に水槽へと収容する必要がある。異種の混泳はむずかしいのであまりオススメできない。他の魚とは同じぐらいのサイズでおとなしい性格の魚であれば混泳しやすい。……