ブルーホワイティングとはどんな魚?

白身魚のフライなどよく使われているブルーホワイティング
とはどんな魚
なのかということをまとめてみました。

 

ブルーホワイティングの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/
(売られているブルーホワイティングの写真)

 

 

ブルーホワイティングの名前

まずブルーホワイティング(学名 Micromesistius poutassou)
と呼ばれ流通している魚の名前から。

和名について調べてみましたが、いかにも英名のような名前ですが
和名がブルーホワイティングのようです。
ブルーホワイティングという名前で日本に広がったからでしょうか。
日本で流通するときは青鱈とも呼ばれています。
英名はブルーホワイティング、プタスダラ、ポタソウとつけられています。

和名ミナミダラのことは英名でSouthern blue whitingとつけられています。

日本で流通しているブルーホワイティングという魚の名前は
まとめると以下のようになっています。

  • 学名 Micromesistius poutassou
  • 和名 ブルーホワイティング(流通名 青鱈)
  • 英名 Blue whiting、Poutassou

 

憶測ですが、日本で流通するブルーホワイティングは
全てが、学名 Micromesistius poutassou ではないような気もします。
ミナミダラも、Southern blue whitingという
英名が付けられるうえに、見た目がかなり似ているので判りづらいです。
それと白身魚で似通ったような味をしているようです。

 

 

ブルーホワイティングと白身魚のフライ

食品として使われるブルーホワイティング
については白身魚のフライに使われる原料では比較的有名な魚のようです。

白身魚のフライに使われている原料は以外に知らない人も
多いでしょう、私もほとんど知りませんでしたしあの中身の魚に
ついて考えたこともありませんでした。

考えてみるとあの白身魚のフライの中に何が使われているかなんて
自分の体の中にいれるものなのに考えていなかったということが今考えてみると不思議です。
産地名が目につく部分に表記されている魚などはしっかりと
確認するのに、白身魚のフライといっただけで気になっていないのと
いうのはなにかおかしいのですね。
あの衣に包まれているだけで産地も気にしなくなるのはなんらかの
マジックのようです。

そして、ブルーホワイティングでいえば白身魚のフライで
業者向けに販売
しているものをみるとわりと原産地が中国のものある
ようなので、中国の食品が嫌いなひとは控えたほうがよいかもしれません。
(ブルーホワイティング 冷凍 通販)
などで検索するといろいろな販売店が出てきます。
ただすべてが中国産という訳ではないようです。

 

 

ブルーホワイティングとはどんな魚?と同じカテゴリ

 

ブルーホワイティングとはどんな魚?を見ている人は他にこんなページもみています

よく売られて食用とされる魚の種類
よく売られて食用とされる魚の種類

一般的にスーパーの鮮魚コーナーなどでよく販売されている魚の種類をどのような形切り身刺身開き丸ごとでよく売られているかによって分類して掲載しています。数が多いので写真と簡単な説明のみで。地方などではやや異なる珍しい魚もあるかもしれませんが、おおかた似たような魚が多いかと思います。あまり魚を手に取らない方や、わからない魚が出てきた時などは参考にどうぞ。一匹丸ごとで売られている食用魚キビナゴ小さい丸売ら……

アニサキス対策 人に寄生すると胃を食い破る
アニサキス対策 人に寄生すると胃を食い破る

アニサキスは最近かかる芸能人なども多く比較的ニュースなどの話題になることも多く知名度が上がってきた。あまり寄生虫などが嫌いな人は知らないほうがいいことかもしれないが実はこのアニサキスという寄生生物はかなりの確率でスーパーなどで売られる魚の内臓に寄生しているようだその寄生率といったらすごいものでアニサキスの感染陽性率はマサバ匹、ゴマサバ匹にそれぞれ、であったことも調査結果である。これは大阪の大阪府立……