ブルーホワイティングとはどんな魚?

白身魚のフライなどよく使われているブルーホワイティング
とはどんな魚
なのかということをまとめてみました。

 

ブルーホワイティングの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/
(売られているブルーホワイティングの写真)

 

 

ブルーホワイティングの名前

まずブルーホワイティング(学名 Micromesistius poutassou)
と呼ばれ流通している魚の名前から。

和名について調べてみましたが、いかにも英名のような名前ですが
和名がブルーホワイティングのようです。
ブルーホワイティングという名前で日本に広がったからでしょうか。
日本で流通するときは青鱈とも呼ばれています。
英名はブルーホワイティング、プタスダラ、ポタソウとつけられています。

和名ミナミダラのことは英名でSouthern blue whitingとつけられています。

日本で流通しているブルーホワイティングという魚の名前は
まとめると以下のようになっています。

  • 学名 Micromesistius poutassou
  • 和名 ブルーホワイティング(流通名 青鱈)
  • 英名 Blue whiting、Poutassou

 

憶測ですが、日本で流通するブルーホワイティングは
全てが、学名 Micromesistius poutassou ではないような気もします。
ミナミダラも、Southern blue whitingという
英名が付けられるうえに、見た目がかなり似ているので判りづらいです。
それと白身魚で似通ったような味をしているようです。

 

 

ブルーホワイティングと白身魚のフライ

食品として使われるブルーホワイティング
については白身魚のフライに使われる原料では比較的有名な魚のようです。

白身魚のフライに使われている原料は以外に知らない人も
多いでしょう、私もほとんど知りませんでしたしあの中身の魚に
ついて考えたこともありませんでした。

考えてみるとあの白身魚のフライの中に何が使われているかなんて
自分の体の中にいれるものなのに考えていなかったということが今考えてみると不思議です。
産地名が目につく部分に表記されている魚などはしっかりと
確認するのに、白身魚のフライといっただけで気になっていないのと
いうのはなにかおかしいのですね。
あの衣に包まれているだけで産地も気にしなくなるのはなんらかの
マジックのようです。

そして、ブルーホワイティングでいえば白身魚のフライで
業者向けに販売
しているものをみるとわりと原産地が中国のものある
ようなので、中国の食品が嫌いなひとは控えたほうがよいかもしれません。
かなり安いような白身魚のフライに多いようです。
(ブルーホワイティング 冷凍 通販)
などで検索するといろいろな販売店が出てきます。
ただすべてが中国産という訳ではないようです。

 

ブルーホワイティングとはどんな魚?と同じカテゴリ

 

ブルーホワイティングとはどんな魚?を見ている人は他にこんなページもみています

アニサキス対策 スーパーも営業停止に
アニサキス対策 スーパーも営業停止に

アニサキスは最近かかる芸能人なども多く比較的ニュースなどの話題になることも多く知名度が上がってきた。行政処分でスーパーも営業停止になることあるようだ。最近営業停止になっているスーパーもかなりある。南アルプス市のスーパーオギノ南アルプス八田店で購入したアジにアニサキスが入っていて日間営業停止に。アニサキス食中毒で営業停止処分岩手県は日、久慈市のスーパーユニバース久慈川崎町店で購入したヒラメの刺し身か……

冬のサビキ 釣れない原因は
冬のサビキ 釣れない原因は

日本の冬は寒い、非常につらい寒さの中で釣りとなるので釣れない坊主ととなるとさらに精神的に厳しい釣りとなります。少ない休みを使い時間を割いて釣りに行く方などはできれば何かを釣りたいということでサビキを選択する方もいると思います。冬であれば、月月などは本来であれば釣りは休業としたほうがいいような気もしますが。釣り吉ならば、月に、度ぐらいは釣りに行きたくもなります。この時期は船で沖へ行く釣りも大物が狙え……