ブルーホワイティングとはどんな魚?

白身魚のフライなどよく使われているブルーホワイティング
とはどんな魚
なのかということをまとめてみました。

 

ブルーホワイティングの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/
(売られているブルーホワイティングの写真)

 

 

ブルーホワイティングの名前

まずブルーホワイティング(学名 Micromesistius poutassou)
と呼ばれ流通している魚の名前から。

和名について調べてみましたが、いかにも英名のような名前ですが
和名がブルーホワイティングのようです。
ブルーホワイティングという名前で日本に広がったからでしょうか。
日本で流通するときは青鱈とも呼ばれています。
英名はブルーホワイティング、プタスダラ、ポタソウとつけられています。

和名ミナミダラのことは英名でSouthern blue whitingとつけられています。

日本で流通しているブルーホワイティングという魚の名前は
まとめると以下のようになっています。

  • 学名 Micromesistius poutassou
  • 和名 ブルーホワイティング(流通名 青鱈)
  • 英名 Blue whiting、Poutassou

 

憶測ですが、日本で流通するブルーホワイティングは
全てが、学名 Micromesistius poutassou ではないような気もします。
ミナミダラも、Southern blue whitingという
英名が付けられるうえに、見た目がかなり似ているので判りづらいです。
それと白身魚で似通ったような味をしているようです。

 

 

ブルーホワイティングと白身魚のフライ

食品として使われるブルーホワイティング
については白身魚のフライに使われる原料では比較的有名な魚のようです。

白身魚のフライに使われている原料は以外に知らない人も
多いでしょう、私もほとんど知りませんでしたしあの中身の魚に
ついて考えたこともありませんでした。

考えてみるとあの白身魚のフライの中に何が使われているかなんて
自分の体の中にいれるものなのに考えていなかったということが今考えてみると不思議です。
産地名が目につく部分に表記されている魚などはしっかりと
確認するのに、白身魚のフライといっただけで気になっていないのと
いうのはなにかおかしいのですね。
あの衣に包まれているだけで産地も気にしなくなるのはなんらかの
マジックのようです。

そして、ブルーホワイティングでいえば白身魚のフライで
業者向けに販売
しているものをみるとわりと原産地が中国のものある
ようなので、中国の食品が嫌いなひとは控えたほうがよいかもしれません。
かなり安いような白身魚のフライに多いようです。
(ブルーホワイティング 冷凍 通販)
などで検索するといろいろな販売店が出てきます。
ただすべてが中国産という訳ではないようです。

 

ブルーホワイティングとはどんな魚?と同じカテゴリ

 

ブルーホワイティングとはどんな魚?を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚の食べ方 簡単なレシピ
太刀魚の食べ方 簡単なレシピ

シーズンに入ればいつでも狙える太刀魚。釣るのはいいかもしれませんが、キャッチアンドイートの方は多く釣れた時などは、同じレシピを食べ続けるというのも飽きが太刀魚は釣れやすいだけあってレシピがワンパターンになりがち。そんな方の為に、太刀魚の数多くのレシピをまとめて共有しておきます。太刀魚の下処理おろし方あまり捌いた事のない方のためにおろし方などを、よく魚料理している方は飛ばしても結構です。枚におろす以……

釣り ラインの結び方 簡単な5つ
釣り ラインの結び方 簡単な5つ

ルアーやスナップサルカンなどへの結び方を写真を使って解説してみました。初心者の方でも簡単に結べる方法をつ載せています。これらルアーへの結び方はラインからの直結ではなくフロロカーボンなどのショックリーダーに接続してから使うと良いとされています。参考の為に太い糸で写真を載せています。完全結び漁師結び簡単でなおかつ、強い結び方です。欠点は最初二つ折りにして、接続部にいれないといけないのでルアーのアイやス……