ブルーホワイティングとはどんな魚?

白身魚のフライなどよく使われているブルーホワイティング
とはどんな魚
なのかということをまとめてみました。

 

ブルーホワイティングの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/
(売られているブルーホワイティングの写真)

 

 

ブルーホワイティングの名前

まずブルーホワイティング(学名 Micromesistius poutassou)
と呼ばれ流通している魚の名前から。

和名について調べてみましたが、いかにも英名のような名前ですが
和名がブルーホワイティングのようです。
ブルーホワイティングという名前で日本に広がったからでしょうか。
日本で流通するときは青鱈とも呼ばれています。
英名はブルーホワイティング、プタスダラ、ポタソウとつけられています。

和名ミナミダラのことは英名でSouthern blue whitingとつけられています。

日本で流通しているブルーホワイティングという魚の名前は
まとめると以下のようになっています。

  • 学名 Micromesistius poutassou
  • 和名 ブルーホワイティング(流通名 青鱈)
  • 英名 Blue whiting、Poutassou

 

憶測ですが、日本で流通するブルーホワイティングは
全てが、学名 Micromesistius poutassou ではないような気もします。
ミナミダラも、Southern blue whitingという
英名が付けられるうえに、見た目がかなり似ているので判りづらいです。
それと白身魚で似通ったような味をしているようです。

 

 

ブルーホワイティングと白身魚のフライ

食品として使われるブルーホワイティング
については白身魚のフライに使われる原料では比較的有名な魚のようです。

白身魚のフライに使われている原料は以外に知らない人も
多いでしょう、私もほとんど知りませんでしたしあの中身の魚に
ついて考えたこともありませんでした。

考えてみるとあの白身魚のフライの中に何が使われているかなんて
自分の体の中にいれるものなのに考えていなかったということが今考えてみると不思議です。
産地名が目につく部分に表記されている魚などはしっかりと
確認するのに、白身魚のフライといっただけで気になっていないのと
いうのはなにかおかしいのですね。
あの衣に包まれているだけで産地も気にしなくなるのはなんらかの
マジックのようです。

そして、ブルーホワイティングでいえば白身魚のフライで
業者向けに販売
しているものをみるとわりと原産地が中国のものある
ようなので、中国の食品が嫌いなひとは控えたほうがよいかもしれません。
(ブルーホワイティング 冷凍 通販)
などで検索するといろいろな販売店が出てきます。
ただすべてが中国産という訳ではないようです。

 

 


ブルーホワイティングとはどんな魚?と同じカテゴリ

 

ブルーホワイティングとはどんな魚?を見ている人は他にこんなページもみています

白身魚の種類
白身魚の種類

食品で利用され、食品売り場などで販売されたりする白身魚の種類を写真をまじえて説明してみました。販売されない魚、若干地域特産の珍しい魚も入っています。各魚、味や簡単な調理法なども分かる魚は書いておきました。白身魚の種類一覧アユ鮎アイナメアオブダイアナゴ穴子アマダイ甘鯛アンコウ鮟鱇アイゴイサキイシダイイシガキダイイシモチウツボウナギ鰻ウミタナゴオヒョウカマスカワハギキス鱚キュウセンギンダラ銀鱈キントキ……

なめろうに合う魚 アジ(鯵)など超絶簡単なレシピ
なめろうに合う魚 アジ(鯵)など超絶簡単なレシピ

もとは漁師飯のなめろう、お手軽簡単に作れて非常においしいので、魚料理の一品におすすめです。魚が多量につれてあまってしまったなどの時などに消化する時なども簡単に作れるものですので一度試してみてはいかがでしょうか。夏場などに食べるときなどは、一度冷蔵庫で冷やして方食べると美味しいですよ。簡単ななめろうの作り方普通は生で食べるものですので、鮮度が高い魚の身を利用しますなめろうは味噌、ネギ、大葉、おろし生……