ペレスメジロザメ

ペレスメジロザメの体長は平均 2~2,5m 大きい個体であれば3m付近にまで成長する。
サメの種類のなかではそれほど大きい種類ではない。

分布はフロリダからブラジルまでの西大西洋海域
カリブ海では暗礁の海底付近を泳いでいるのがよく見られる。
バハマではペレスメジロでエコツーリズムにおいて収益性があり
保護されている。
このあたりは、賛否両論あるが絶滅するサメが多い中で
このように地域に収益をもたらしつつもサメを保護するのはなかなか
いいモデルなのかもしれない。

水深 表層から水深30mまでの浅い、サンゴ礁海底を好む
餌はおなじような場所にいる、小型のサメ、エイ、硬骨魚など。

 

ペレスメジロザメもまたメジロザメと同様
姿が他のメジロザメの種類と似ていて見分けるのが難しい
体色は背の色が灰色、または灰褐色で腹面は白色。
特徴としては、胸ビレ、腹ビレ、尾ビレの裏側の先端部分が
黒色
となっている。

メスは出産で、体調60cm~70cmの幼魚を4~6匹同時に産む。

ペレスメジロザメはあまり生態は知られていないサメの種類。
それほど人間に対して危険性がほとんどなくダイバーに関しても
無関心で、基本的におとなしい性格をしているが、近辺に餌があると攻撃的に
なることもある。

ペレスメジロザメと同じカテゴリ

 

ペレスメジロザメを見ている人は他にこんなページもみています

深海サメの種類
深海サメの種類

深海サメの種類まだまだ謎に満ちている深海サメの種類を紹介。水圧に耐えれるような、独特の姿をしていて、あまりサメらしい姿でないものも。そこを這うようなサメも多いのが特徴です。深海サメの種類一覧メガマウスフトツノザメイズハナトラザメカスザメナヌカザメニホンヤモリザメアオザメホシザメミツクリザメヨロイザメヘラツノザメノコギリザメエドアブラザメカグラザメフジクジララブカ深海サメの種類水深最大~メガマウス出……

ミツクリザメ 顎が体長の10%ほど伸びる脅威の深海サメ
ミツクリザメ 顎が体長の10%ほど伸びる脅威の深海サメ

出典ミツクリザメの分布は日本から南アフリカ、ポルトガル沖、オーストラリアにわたる。分布はほぼ世界の深海に分布されていると考えられている。日本では相模湾や駿河湾などで見つけられている。水深~体長~ミツクリザメの発見例を過去をさかのぼると、年代にすでに発見されており非常に長くつきだした吻が特徴的で、テングザメなどと呼ばれていた時期があった。メガロドンというサメの記事でも記載したが、日本では昔サメ類の歯……