ペレスメジロザメ

ペレスメジロザメの体長は平均 2~2,5m 大きい個体であれば3m付近にまで成長する。
サメの種類のなかではそれほど大きい種類ではない。

分布はフロリダからブラジルまでの西大西洋海域
カリブ海では暗礁の海底付近を泳いでいるのがよく見られる。
バハマではペレスメジロでエコツーリズムにおいて収益性があり
保護されている。
このあたりは、賛否両論あるが絶滅するサメが多い中で
このように地域に収益をもたらしつつもサメを保護するのはなかなか
いいモデルなのかもしれない。

水深 表層から水深30mまでの浅い、サンゴ礁海底を好む
餌はおなじような場所にいる、小型のサメ、エイ、硬骨魚など。

 

ペレスメジロザメもまたメジロザメと同様
姿が他のメジロザメの種類と似ていて見分けるのが難しい
体色は背の色が灰色、または灰褐色で腹面は白色。
特徴としては、胸ビレ、腹ビレ、尾ビレの裏側の先端部分が
黒色
となっている。

メスは出産で、体調60cm~70cmの幼魚を4~6匹同時に産む。

ペレスメジロザメはあまり生態は知られていないサメの種類。
それほど人間に対して危険性がほとんどなくダイバーに関しても
無関心で、基本的におとなしい性格をしているが、近辺に餌があると攻撃的に
なることもある。


ペレスメジロザメと同じカテゴリ

 

ペレスメジロザメを見ている人は他にこんなページもみています

シュモクザメは人食いザメなのか?
シュモクザメは人食いザメなのか?

(シュモクザメ頭部の画像、非常に特徴的な形をしている。)ハンマーのような独特の姿をしたシュモクザメが、人食いザメなのかということをいろいろな面から調べてみた。シュモクザメの和名の由来は頭の部分の突き出たようすが寺の鐘をつく撞木(しゅもく)に似ていること。英名ハンマーヘッドシャーク。サメの中では珍しく匹ほどでも群れでいることもあり、その姿とあいまって圧巻である。出典ハンマー型の頭部でアカエイなどの獲……

チョウザメ キャビアを産み飼育出来る
チョウザメ キャビアを産み飼育出来る

チョウザメは卵巣卵がキャビアとして利用されるの有名な魚。チョウという名前はあまりサメから似つかわしく思いますが由来は、ウロコが蝶ににていることのよう。ウロコの中央に突起があり、その形が蝶に似ています。吻は長く伸びて、口の前に本の髭があるのが特徴。基本的にサメの種類は軟骨魚で骨が柔らかくなっていますがチョウザメの特徴の一つとしてサメという名前がつくが軟骨魚ではなく、硬骨魚で体は硬いです。チョウザメは……