ボラ ルアーの釣り方入門

ボラ 画像

シーバスをルアーで狙っていると外道で出てくるボラ。
そのボラを釣る方法を紹介します。

ボラは群れで多量にいることも多くて
ゆっくりと泳いでいることもあり一見して
ルアーで簡単に釣れそうに見えますが、ポイントを抑えて
おかないと
毎度釣れるということはないです。

 

草食系の魚と思われがちですが、他の魚も食べる雑食の
魚です、共食いなども普通に行います。
夜などに至っていえば、フィッシュイーターの
性質にかなり近いように思えます。

何点かのポイントさえ抑えておけば、数も多いということも
ありシーバスに比べてかなり釣りやすいです。

 

ボラをルアーで釣るポイント

 

ボラをルアーで釣る場合何点かのポイントさえ
抑えておけば、数が多い釣り場では必ずといって良い
ほど釣れます。
夜はシーバスの外れで何匹釣ったかわからないほど釣ってますので
間違いはないかと。

結論から言えば、ルアー(ミノー)で簡単に釣りたい場合の
重要なポイントを簡単に上げてみると

 

  • 夜に釣る
  • 明るい場所には投げない
  • ルアーは小型を使う

 

ボラからしてみれば、うっすらと動いているものが
見えるか見えない程度のほうが見切られず

釣れやすいのかと。

 

ボラをルアーで釣るポイントを日中と夜に分けてざっと
一覧で書いていくと。

 

日中に釣るポイント

  • スレ掛けで釣る(ミノーなどはかなり見切られる)
  • 小さいワームで釣る

 

夜に釣るポイント

 

  • スローリトリーブで釣る
  • 水面直下~少し下の辺りを狙う
  • ルアーローテして釣れなくなったらランガンする
  • 満潮から下げ3割を狙う
  • 明るい場所には投げない
  • ルアーは小型を使う

 

これら各ポイントの詳細を書いていきます。

ボラをルアーで釣る 日中のポイント

ボラを日中に釣る場合は、だだ巻きではミノーは
よく見切られます
、小さいミノーを使ったとしても
手軽に釣るというのはのは難しいですね。

ルアーがほとんど投げられていない場所であれば
釣れるかもしれないですが、日本の沿岸はまず
少ないかと。

 

スレ掛かけで釣る

ボラの画像
(スレ掛けして釣ったボラ)

主にメタルバイブかメタルジグで遠投して
超高速巻き
するだけと簡単な釣りです。
メタルバイブのほうがフックの位置の関係か
スレ掛かりしやすい。

何度も投げていると、ボラも完全に見切ってきます
何かに引っ掛かるような感触がなくなったら
ルアーローテか、ランガンする必要あり。

メタルバイブでも種類によってスレ掛かりのしやすさに違いがあり
コアマンのアイアンプレートは他のメタルバイブに
比べてスレ掛かりしやすいように思えます。
それだけ、見切られずらいのかも。
たまにアクションをいれてやるとよく引っ掛かります。
(スレ掛けするだけに、アイアンプレートを
使うのもどうかと思いはしますが)

スレ掛けするだけなら、中華パクリルアーでも
問題無いかと。

小さいワームで釣る

ガルプ(Gulp!)の画像

シーバスか他の魚を狙っているときに
よく掛かるのですが

ワーム ガルプでやっているとボラが釣れます。
匂いで反応させるようなワームなので、かなり餌に
近いワームです。

水の透明度が高いときは、ルアーのデッドスローが見切られやすいので
ガルプで釣るのがおすすめです。

ガルプのサンドワームに小さいジグヘッドを仕込んで使う
釣り方だと見切られづらいですね。

ボラは大きくてもわりと小さいワームにも反応がいいので
そこそこ小さいサイズのガルプでもいいかと思います。

ちなみに夜も満月だとワームで釣れやすいです。

vj-16で釣ったボラ

 

 

ボラをルアーで釣る 夜のポイント

レイジー95sで釣ったボラ

 

スローリトリーブで釣る

早くリールを巻くとなかなかボラは乗ってきません。

基本はスローリトリーブで釣れますが
スローで巻いても反応が悪い時は
何度もルアーにショートバイトを繰り返してきます。
そういう場合、デッドスローで。

 

水面直下~少し下の辺りを狙う

どちらかというとボラの遊泳層は水面直下~少し下のことが
多いです、特に多く群れで固まっている場合などは
水面直下あたりにいることも多いはず。

魚やバチを待ち伏せしているような個体も
水面直下少し下のことが多くあります。

これは小型のルアーをスローでだだ巻きしてやれば
レンジはほぼ問題ないかと。

 

ルアーローテして釣れなくなったらランガンする

同じルアーを何度も投げていたら見切られます
そしてルアーローテしても同じ場所で投げ続けると
一切ルアーに見向きもしなくなります。
その際はランガンで。

詳細はここに乗せています。

 

満潮から下げ3割を狙う

この時間帯を狙わなくてもボラの場合はよく
釣れますが、活発になることも多いのか
ルアーへの食いつきがかなり良くなるのは
間違いないです。

ショートバイトばかりが出るという場合は
時間が悪いという原因もあり。

 

 

明るい場所には投げない

ボラの場合シーバスに比べるとそれほどシビアでは
ありませんが。
これを抑えていないと
ショートバイトさえないかもしれません。

 

夜であれば、釣り場はどこも暗いように
思えますが、実は日本の沿岸部というのはミノーで釣るには
明るすぎる場所が多い

対岸からの光などにも注意して釣り場などを
見ておいたほうがいいです、河口部などで周りに
建物などが多い場所などダメな所もあります。

ルアーではよく明暗を狙えと言われますが。
くっきりと明暗になっているという場所は結構限られています。
一番よくあるのが、陸橋の下です。
アングラーにルアーを投げこまれる事も多いですが、やはり
明暗がくっきりと出ている場所は釣れる
陸橋が低い場所のほうが明暗がぼやけないので
いいですが、ルアーを投げ込みづらいという点もあります。

他にありがちな明暗が出る場所は常夜灯の側も
ありますが、釣れないことはないですが
ぼんやりとした明暗なのでいまいちです。

 

ルアーは小型を使う

ワンダー60で釣ったボラ
(ワンダー60で釣ったボラ)

12cm程の大きいミノーでも釣れることは釣れますが、やはり
メバルなども釣れる小型のミノーのほうがかなり釣れやすいです。

「明るい場所には投げない」
「ルアーは小型を使う」
さえ抑えておけばかなり高確率でボラは引き出す
ことは可能。

 

釣れるおすすめルアー

  • ヨレヨレ
  • ワンダー60
  • レイジースリム

3つとも嫌というほどボラを釣っていますので
間違いなく釣れるルアー。
ヨレヨレ80の Gアユカラーで
10匹ぐらい連続で爆釣れしたこともあり。

 

 

ボラの釣れない原因をまとめておきました。

 

まだ釣っていない方は一度見ておいてもいいかもしれません。

ボラ ルアーの釣り方入門と同じカテゴリ

 

ボラ ルアーの釣り方入門を見ている人は他にこんなページもみています

アジ釣り その場で捌くといい理由
アジ釣り その場で捌くといい理由

堤防からのサビキ釣りなどをして、アジなどの魚をもって帰っても味がいまいち美味しくないと感じている方も多いのではないでしょうか。そういう場合はアジ釣りの後でその場で捌くことをオススメします。なぜアジ釣りの後でその場で捌くべきかといいますともともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています。アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも……

komomo(コモモ)の使い方 カウンターとの違い
komomo(コモモ)の使い方 カウンターとの違い

から販売されているルアーサスケと同じくそれなりの数がラインナップされていてる。の一覧()内はレンジ~~~~~~~~~~~~~ルアーサイズの違いを除けば、等主な違いはとカウンターぐらいだろうか。はそのまま細いタイプのもので、は飛距離を出したい時に使うタイプ。は変わった使い方などをしなければ河口などのシャローエリアで使うルアーというイメージ。特にコモモ、コモモなどレンジがまでとほぼ沈まないものも多い。……