マナガツオ スーパーでも売る魚 どんな味?

マナガツオはスズキ目マナガツオ科の海水魚。
分布は本州中部以南、朝鮮半島、東シナ海、東インド諸島まで。
口が小さいのが特徴、腹びれはない
全長は60cm程度まで成長。

日本では、和歌山、大阪、瀬戸内海に多くみられる魚の一つ。
秋ごろまで日本でいて、その後は稚魚も成魚も外海に去る

 

学名:Pampus punctatissimus

和名はマナガツオで漢字で書くと真魚鰹、真名鰹

日本での呼び方(地方名)は

  • 富山 : ギンダイ
  • 岡山 : チョオキン
  • 長崎 : まながた、まな
  • 福岡 : まな
  • 下関 : まな、まは
  • 沖縄 : ふーいちゃー
  • 紀州 : チョウチョウ

食品として販売されるときは、ほとんどマナガツオとして
表記されることが多い

 

マナガツオはイボダイ科と近縁で、イボダイ科イボダイ属のイボダイ
吻端が丸いところなどよく似ている。

マナガツオと似るイボダイの画像
(マナガツオと似るイボダイの画像)
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

他にやや似る海水魚にスズキ目スダレダイ科の
ヒメツバメウオがいる


(マナガツオと似るヒメツバメウオの画像)

 

マナガツオとエチオピア

マナガツオはよくエチオピアで調べられるようだが
(もしかしたらこの名前で販売されているのかもしれない)

エチオピアと呼ばれるのはシマガツオ(縞鰹)であり、あまり
マナガツオとは似ていない。
シマガツオが通称エチオピアと呼ばれるのは一説に

  • シマガツオの漁獲後に体色が黒変すること
  • 1930年頃、シマガツオ多獲されたころに
    日本とエチオピアの関係が親密になった事

などが要因と言われている。

 

マナガツオ 食品として

 

マナガツオは西日本ではよく漁獲されるのでスーパーなどでも
時に販売される、やや小さいサイズ
でも値段は約600円前後と少し値がはる。

マナガツオ(真魚鰹、真名鰹)の切り身画像

マナガツオの旬はいろいろと調べても記載元によって異なっている。
とれる地域によっては違いがあるのかもしれない。

参考にまで引用しておいた。

マナガツオ – wiki

食用にされ、旬は夏と冬。西海に鮭なく、東海に真魚鰹(まながつお)なし」との
慣用句が有るほど西日本では多く漁獲されている。

出典 – https://ja.wikipedia.org/

世界大百科事典第2版 マナガツオ

しゅんは春。白身でくせがなく,たいへんに美味。

 

関西あたり初夏あたりによく販売されるようなので、旬は初夏
あたりになるのかもしれない、実際に初夏に販売されているものを
食してみたが、味はかなり美味だった。

特に煮物、焼き物などにしても独特の風味が感じられるは
なかなか珍しい魚のひとつであるので
見かけたら試してみるのもいいかもしれない。

鮮度の劣化が早いようで、普通に切り身として販売されている
マナガツオを刺身で食するのはやや難しいようだ。

 

 

 

マナガツオ スーパーでも売る魚 どんな味?と同じカテゴリ

 

マナガツオ スーパーでも売る魚 どんな味?を見ている人は他にこんなページもみています

戦争中の食べ物に魚は含まれていた?
戦争中の食べ物に魚は含まれていた?

日本が食料難となった場合にタンパク質元として簡単に考えれるのが魚、そんな魚は戦争中の食べ物に魚は含まれていたか。現在では魚が簡単に手に入りますが戦争中はどうだったのかということが気になりいろいろと調べてみました。戦争中の食べ物についていろいろな本をあたってみてみるとどのようなものが食べられていたのかが乗せれています。いろいろと調べてみたものの食べ物を載せてみました。南瓜の葉や茎、雄花を食べましょう……

エビ(海老)の種類 27種
エビ(海老)の種類 27種

食用から観賞用までのエビ(海老)の種類の一覧です。食用エビの種類食用エビの種類で、エビチリ、寿司、冷凍エビ、エビフライなどの料理でつかわれる海エビの種類を各種紹介。以外によく食べていたりしても知らないエビの種類も多かったりします。クルマエビの種類クルマエビ(車海老)よく料理で一般的につかわれるエビの種類。ブラックタイガーと混同しがちだが別物のエビとなる。殻は生のときは茶色をしている。エビフライでも……