ミナミハコフグ

ミナミハコフグ若魚の画像、もっとサイズが小さいものは水玉模様が大きい)

ミナミハコフグは黄色く可愛いハコフグの種類で人気があり
飼育されている。
ヤフオクの通販では2000円前後でよく販売されている。

幼魚の時は黄色く黒い水玉模様があり可愛らしいが
成魚になると別の海水魚のように薄暗い色になるハコフグ。

ハコフグは温帯域に分布するが、ミナミハコフグはさらにミナミの
海域に分布
している。

日本の関東ではヒリゾ浜で見れる魚の種類。

ミナミハコフグの写真画像

ミナミハコフグの若魚 ぷっくりと膨れ上がる。)

成魚はハコフグと似ているので混同されて扱われていた。
ハコフグともっとも違う部分は尾ビレのつけねが
黄色い
ので区別できる。

ただミナミハコフグもハコフグと同じように色彩変異があり
色々な色の固体があるので判りづらい。

ミナミハコフグは遊泳力はあまりないので見つけやすいが
警戒心が強いので岩穴や物陰にいることが多く、人に
見つかるとこそこそと逃げ出す。

関東に住んでいるのであれば、わりと近い
ヒリゾ浜でシュノーケリングでミナミハコフグを見れる

 

ミナミハコフグ youtube

 

 

 

ミナミハコフグと同じカテゴリ

 

ミナミハコフグを見ている人は他にこんなページもみています

サザナミヤッコ
サザナミヤッコ

サザナミヤッコはサザナミヤッコ属()は人気の高いヤッコ。サザナミヤッコの幼魚は他の種類も(写真下)のように似たような色彩をしている。さざ波という名前の由来も幼魚からきていて姿にあっている。自然下でサザナミヤッコの幼魚は主に、浅くて流れがない場所でみられることが多い。その為、死滅回遊魚としてよく採取できる海水魚。(サザナミヤッコ幼魚の写真、このような色彩パターンがサザナミヤッコ属の幼魚に多い)幼魚は……

ヤエヤマギンポ
ヤエヤマギンポ

ヤエヤマギンポの写真ヤエヤマギンポはイソギンポ科ヤエヤマギンポ属。ヤエヤマギンポはコケ取りの生体としてよく販売されているギンポの種類。水槽面、ライブロックの表面のコケを食べてくれ、役に立つ。貝などよりも素早いので、コケ取りとしてはひいでる。ライブロックのコケというのはかなり掃除が面倒でレイアウトを崩すといろいろとめんどくさいのでコケ取り対策としてヤエヤマギンポがいれば割と手を抜けるという面で役に立……