メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。
そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が
地球全体を覆っていた時代である。

『メガロドン』とは大きな歯を意味する。

学名はカルカロドン・メガロドン Carcharodon megalodon
またはカルカロクレス・メガロドン Carcharocles megalodon
とされている。

和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には
解り易い名前であるかもしれない。

その理由としては、メガロドンの歯化石はほとんど、ホホジロザメと同じような
大きな正三角形の形をしており、現在もなお生存している
ホホジロザメを巨大な姿にしたものと考えられているからだ。

メガロドンの姿は詳しくはどのようなものかは解明されていないが
ほとんどの場合、ホホジロザメを巨大にしたような姿であらわされている。

 

ホホジロザメの画像

メガロドンのイメージ図
出典 – https://commons.wikimedia.org/
(上 ホホジロザメの写真、下 メガロドンのイメージ図)

メガロドンのイメージ図は体色などは、絶滅した古代生物の為、詳しくされていないと思うが。
姿だけをみれば、ほとんど上のイメージ図のようにホホジロザメと同じような
姿で表現されていることが多い。

 

メガロドンの大きさ

ホホジロザメを巨大にしたような姿のメガロドンの大きさ
はどのようなサイズであったのだろうか?

 

前述したようにメガロドンの歯化石はほとんど、ホホジロザメと同じような
大きな正三角形の形をしており、歯の大きさとと体の大きさが
相似の関係を表していると考えられている。

メガロドンとホホジロザメの歯の比較
(上写真 メガロドンの歯とホホジロザメの歯の比較)
出典 – https://commons.wikimedia.org/

メガロドンは化石として残された歯は大きい物で16.8cmと報告されている。
ホホジロザメの歯は正三角形で、大きい物で長さは7.5cm
歯のサイズを比べても倍以上ある。
一般的に見つかる、メガロドンの歯化石は10cm~15cm程のものが多く
メガロドンの歯の大きさも平均的のこの程度のサイズであったと
考えられている。

体長も平均的にホホジロザメが平均的に4mの大きさに対してメガロドン
は実に13m~15mの大きさ
で、重さは45トンあったと推定されている。

 


(ジンベエザメの模型、人との比較)

メガロドンは大きい個体であれば、18mぐらいまでの大きさと推定されている。
現生の世界最大のサメのジンベエザメは、最大の記録が体長約13.7 mぐらいである。
一度でも水族館でジンベエザメを見た方であれば大きさを想像できるのではないだろうか
メガロドンはあのジンベエザメよりも巨大であったかもしれないというのである。

またジンベエザメなどを実際に見たことがない方や、一度みたがその
大きさを忘れてしまったような方は、日常でどこでも目にする、成人した人間
を十倍程度にした大きさ
を考えてみれば想像できるかもしれない。

いまなおメガロドンが実在していれば、世界最大のサメである。

 

メガロドンとはなんとも巨大なサメがいたもので、当時は餌となるクジラ類が
急激な生息数の増大によりメガロドンの餌になる巨大な生物が
豊富にあった
ようでメガロドンはその巨大な体を維持できていたようだ。
メガロドンがクジラ類を食していたというのは、メガロドンの化石の近辺からクジラ
の化石が見つかっていることと、クジラの骨にメガロドンに噛まれた跡が存在する
ことによって判明されている。

 

メガロドンの化石

メガロドンの歯化石の画像
(上写真 メガロドンの大きい歯化石、人の手と比較してもその大きさが解る)

メガロドンはすでに200年前に絶滅しているとされているサメ。
絶滅された生物を検証するには主に化石である。
メガロドンの化石は世界中で発見されているので、分布は世界全域だったと
いうことが考えられる。
漸新世から鮮新世にかけての地層から出るメガロドンの歯化石が有名である

一番多くメガロドンの化石が発見されるのは、アメリカのサウスカロライナ州
この場所は、現在のホホジロザメカフェと呼ばれるような海域と似るのような
昔にメガロドンが交尾などの為に集まる場所だった可能性がある。

メガロドンの歯化石は日本国内でも発見されている
その歯化石は「天狗の爪」として昔の人に信じられていた。

メガロドン以外のサメ類でも、歯などは天狗の爪として取り扱われていたようだ。
以下は世界大百科事典第二版の天狗の爪の項目の一部を抜粋

〈天狗のつめ〉として
神社仏閣などに奉納されているサメの歯にはホオジロザメ属の
もののほかにアオザメ属,イタチザメ属,シロワニ属,ネズミザメ属などの歯もある。

 これらのサメの歯の化石が〈天狗のつめ〉とよばれるのは,歯冠が三角形で光沢があり,その感じが先のとがったつめに似ているからであろう。すでに江戸時代の《雲根志》にも出ており,各地で宝物とされている。西洋においても〈舌石glossopetra〉といったり,海の怪獣の歯とみなされていたようである。日本では〈天狗のつめ〉なるサメの歯の化石は北海道から沖縄に至る各地から発見されている。

昔には天狗のつめとしては、サメ類の歯が扱われていたようだ。
その中でもひときわ大きい、メガロドンの歯化石はどのように扱われていたのだろうか。

これにはあまり詳しい文献などがないようなので憶測の域でしか考えることが
できないが、はやり他のサメに比べると扱いが、特殊であったのではないかと思われる。
現在のように大昔の時代のことがまだほとんど明らかにされていない時代で
あるとメガロドンのような巨大な生物と思われるものに、昔の人は畏敬の念を
抱いていたのではないのだろうか。

 

メガロドンの化石などは以下のような場所に展示されている。

アクアワールド大洗水族館
美ら海水族館
埼玉県立自然の博物館

日本でのメガロドンの化石の発見例

1986年

埼玉県深谷市の荒川の河床から、1000万年前の地層の73本のメガロドン
の歯化石
が発見される

 

2006年

北茨木市の玉浦海岸でメガロドンの化石がまとまって発見される。
メガロドンの歯化石55本などが密集してみつかった。
歯の大きさは10cmを超えていた。
この化石を最初に発見したのは水戸市のアマチュア化石採集家の方。

メガロドンの化石、採集地点の近くからクジラの骨も多く発見される。
このことからメガロドンの餌がクジラだったではないだろうかと推測されている。

 

メガロドンの絶滅説

メガロドンは一般的には200万年前には絶滅しているとされている。
その原因となるものは以下のようなことが考えられている。

  1. 氷河期にはいる地球の寒冷化に対応できずにそのまま絶滅
  2. シャチとの生存争いで絶滅

 

1)まず一説には、メガロドンは氷河期にはいる地球の寒冷化
に対応できずにそのまま絶滅していったという説がある。
メガロドンは体温が環境の温度とともに変化する、変温動物なので環境の変化
に対応できずに絶滅していったとされる。
よく日本でいる、爬虫類,両生類,節足動物などが冬眠をするが、これは
変温動物は外温が低くなると体温も下がるために、正常な生活活動ができなくなり
休眠状態になる。

しかしこの説は『アニマルプラネット』などで放送された異説で
信憑性があまりないとされている。

その異説は

  • メガロドンは奇網と呼ばれる体温維持の特徴を備え持ってた可能性があること。
  • 寒冷化が進んだ後の高緯度地方からもメガロドンの歯牙化石が見つかっているなど。

このことにより、メガロドンが寒冷化に対応できずにそのまま絶滅
したという説はやや信憑性に欠けるとされている。

メガロドンとよく比較対象とされるホホジロザメも、奇網が発達しているので低い水温の海域でも生息できる。
奇網は周囲の水温よりも10℃高い体温を維持することができるサメでみられる特徴の一つ。

 

2)違う絶滅説には、メガロドンがシャチとの生存争いで絶滅したとされている。

シャチが実際にメガロドンを捕食していた訳ではなく、メガロドンとシャチ
餌が同じようなもの
であり、動きが速いシャチがメガロドンの餌を奪い絶滅に追いやった
という説。
世界中の海を、巨大な大きさで支配していたようなメガロドンだが、その巨体を
維持するための、栄養源がシャチに奪われてしまい絶滅に追いやられてしまったと考えられている。

 

メガロドンの生存説

メガロドンの絶滅説に変わって、生存するのを裏付ける事実は何点か存在する。
これはその一例である。

  1. 1918年、ニュージーランドの漁師が体長30mのサメを目撃した。
  2. 1954年、オーストラリアの船の底に、口の大きさはが直径2mの生物の歯形がつけられていた。
  3. 約1万2千年前のものとされる歯が発見。

 

1) 1918年、ニュージーランドの漁師が体長30mのサメを目撃したと報告されている。
しかしこれは漁師が見ただけの報告であり、裏付ける証拠がないのであまり信憑性はないように思える。

2) 1954年、オーストラリアの船の底にサメの歯が10本食い込んでいるのが発見された。
歯形から推測した口の大きさが直径2mでありメガロドンと同じ口の大きさにあたる。


(メガロドンの口の模型 写真、映っている成人男性と比較すると、直径2mぐらいと推定できる)

 

3) 約1万2千年前のものとされるメガロドンの歯が発見されたという事も報告されている。
もしこれが事実であれば、メガロドンは氷河期を乗り越えてもなお生存していたことになる。
もしメガロドンがホホジロザメと同じように奇網を備えていたりすると
地球の寒冷化にも対応できていた可能性もある。

 

メガドロンの大きさで述べたように、昔の化石から推定されるメガロドンは巨大である。
現在も生存しているのであれば、種を維持するために個体数が昔にくらべ大幅に減っている
いるなどの事が考えられる、そのため目撃されることがないのかもしれない。

 

約200万年前に絶滅されたとされる、巨大生物メガロドン。
いずれ、現代の人の目に現れることがあるのか。
その存在が謎に包まれているほど、人の興味を引く存在である。

 

 


メガロドン 巨大サメは実在するのか?と同じカテゴリ

 

メガロドン 巨大サメは実在するのか?を見ている人は他にこんなページもみています

深海サメの種類
深海サメの種類

深海サメの種類まだまだ謎に満ちている深海サメの種類を紹介。水圧に耐えれるような、独特の姿をしていて、あまりサメらしい姿でないものも。そこを這うようなサメも多いのが特徴です。深海サメの種類一覧メガマウスフトツノザメイズハナトラザメカスザメナヌカザメニホンヤモリザメアオザメホシザメミツクリザメヨロイザメヘラツノザメノコギリザメエドアブラザメカグラザメフジクジララブカ深海サメの種類水深最大~メガマウス出……

チョウザメ キャビアを産み飼育出来る
チョウザメ キャビアを産み飼育出来る

チョウザメは卵巣卵がキャビアとして利用されるの有名な魚。チョウという名前はあまりサメから似つかわしく思いますが由来は、ウロコが蝶ににていることのよう。ウロコの中央に突起があり、その形が蝶に似ています。吻は長く伸びて、口の前に本の髭があるのが特徴。基本的にサメの種類は軟骨魚で骨が柔らかくなっていますがチョウザメの特徴の一つとしてサメという名前がつくが軟骨魚ではなく、硬骨魚で体は硬いです。チョウザメは……