モンガラカワハギの混泳

モンガラカワハギの画像

モンガラカワハギは比較的攻撃的な種類なので、環境条件が悪いと
機嫌がわるくなったりして、激しく他の魚を攻撃することがある。

縄張り争いがつよいため、同種を複数混泳していると
激しく争って死んでいくので、モンガラカワハギ類は水槽で1匹のみの飼育すると良い。
大型の海水魚と混泳させると割とうまくいきやすい。

モンガラカワハギと無脊椎動物を混泳させると、ほとんどの場合
モンガラカワハギの餌食になる。

混泳している魚を攻撃するという、以外でも水槽の小石を動かしたり
配線類やエアーポンプを噛み切ったりの悪さをするので注意。

餌を与えるときも直接手であたえると噛み付かれることもある。

 

 

モンガラカワハギの混泳表

モンガラカワハギの混泳と同じカテゴリ

 

モンガラカワハギの混泳を見ている人は他にこんなページもみています

タマゾン川の外来種
タマゾン川の外来種

都心に近い多摩川、現在は確認されているだけでも外来種が種ほど確認されていて、多摩川のことをタマゾン川などと呼ばれている。年にはタマゾン川が流行語大賞の候補にもなった。外来種が多摩川にいつくようになった原因は、飼えなくなった、もしくは飼育するのが飽きたような人が多摩川に魚を放流したのが原因でショップでよく販売されるような熱帯魚が多くみられる。その捨てられた熱帯魚の外来種が多摩川にいつくようになった要……

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……