モンガラカワハギ ムラサメモンガラ

モンガラカワハギ

モンガラカワハギの写真画像

フグ目モンガラカワハギ科
体長 50cm
分布 相模湾以南の西部太平洋、インド洋

モンガラカワハギはかわいらしくユニークな姿をしているので、他のカワハギと
一目でみわけやすい。
幼魚の時期は、腹部の水玉模様が、上までひろがる。
背ビレはリラックスすると立てることが多い。

この背ビレの形が銃の引金に似ているので、同科の魚には
triggerfish(トリガーフィッシュ)という英名がつけられている。 

モンガラカワハギは水族館や観賞魚としてはカワハギのなかでも人気が高い
かわいいタイプの海水魚が好みの方はモンガラカワハギの実物をみると
一度は飼育したいと思われるはずだ。

かわいい見た目とはことなり、モンガラカワハギは

歯がするどく
、他の海水魚のヒレをかじるなどの悪さをするため
混泳などは避けて単独で飼育するのが良い。

日本の本州沿岸でも、モンガラカワハギの幼魚がみられ
成魚は、サンゴ礁、ガレ場、岩礁などさまざま海域でみられる。
主に単独で行動する。

モンガラカワハギの餌は海底に生息する生物で、甲殻類、うに類、貝類などが主。

 


ムラサメモンガラ

フグ目モンガラカワハギ科
全長 25cm
分布 千葉県以南のの西部太平洋、インド洋

ムラサメモンガラは非常に特徴があり、ユニークな顔立ちをするカワハギ。
波静かな浅い海で主に生息する。
モンガラカワハギにも劣らないぐらい観賞魚として人気がある。
丈夫で飼育しやすく、人気があるので幼魚がよく輸入される。

日本では本種ムラサメモンガラが一番多く見られ
他のムラサメモンガラ属は、タスキモンガラとクラカケモンガラがいる。

自然下では警戒心がつよいので、ダイバーが近寄ると
ほとんど、逃げたりリーフのすきまなどに隠れてしまう。
産卵期の卵をまもっている時期は攻撃をしかけてくる。

 

モンガラカワハギ ムラサメモンガラと同じカテゴリ

 

モンガラカワハギ ムラサメモンガラを見ている人は他にこんなページもみています

ブダイの種類 沖縄の青い魚
ブダイの種類 沖縄の青い魚

イロブダイ成長の過程で体色がかなり変化するブダイ。幼魚、若魚、雌、雄でそれぞれ体色がまったく異なる。幼魚は白と赤のカラフルな体色で観賞用としてよく飼育される。日本では八重山諸島などで見られる。カンムリブダイ頭部がこぶのようで、かなりカオスな姿をするカンムリブダイ。雄と雌にちがいはあまりない。ブダイの種類では最大級の大きさ。雑食性でサンゴや藻類を食する。ナンヨウブダイ写真の固体は成魚のもの、雄と雌に……

ミノカサゴの混泳
ミノカサゴの混泳

ミノカサゴの種類は同種でも複数混泳が可能、ただある程度のスペースが必要なので、大型の水槽での飼育となる。ミノカサゴ以外の種類との魚の混泳では、攻撃性があまりなくミノカサゴの餌さとならないような大型の魚であれば混泳可能。実際には、大型ヤッコの種類、ウツボの種類、ハタの種類、モンガラカワハギの種類などと混泳させることが出来る。ミノカサゴに飲み込まれるような、小さい魚やエビの種類を混泳させると確実に丸呑……