ヤエヤマギンポ


(ヤエヤマギンポの写真)

 

ヤエヤマギンポはイソギンポ科ヤエヤマギンポ属。

ヤエヤマギンポはコケ取りの生体として
よく販売されているギンポの種類。
水槽面、ライブロックの表面のコケを食べてくれ、役に立つ。
貝などよりも素早いので、コケ取りとしてはひいでる。
ライブロックのコケというのはかなり掃除が面倒でレイアウトを
崩すといろいろとめんどくさいのでコケ取り対策として
ヤエヤマギンポがいれば割と手を抜ける
という面で役に立ってくれる。
コケ取り対策の海水魚として飼育されることが多いが
よく見るとなかなかおとぼけ顔のような感じをしていて
可愛らしい所もある。

ヤエヤマギンポの飼育

非常に丈夫で容易な海水魚、水槽を立ち上げてから
良く発生する茶コケを食べてくれる。
水槽のコケがなくなると、一時やせ細ってしまう可能性がある
そのときに餌付けできないと、死んでしまう可能性もあるので
コケがあるときから乾燥餌や焼き海苔で餌付けて
おいたほうが良い。

ヤエヤマギンポを混泳させるときは
テリトリー意識ががかなり強く混泳には気をつかう。
同種をいれるとほぼ確実に争うので、ギンポ、
カエルウオなどの種類は
いれないようにして、水槽にヤエヤマギンポのみでいれるほうが良い。

 

ヤエヤマギンポの餌は雑食で比較的なんでも
よく食べてくれる。
しかし、コケと利用として飼育する場合は、あまり植物食性用の餌
以外は与えないほうが良い。
他の餌をあたえたりするとコケにあまり興味を
示さなくなることがある。
乾燥餌はメガバイトグリーンがオススメ。
ヤエヤマギンポは植物食性なので焼き海苔もおいしく
いただいてくれる。

 

 


ヤエヤマギンポと同じカテゴリ

 

ヤエヤマギンポを見ている人は他にこんなページもみています

超絶ヤバイ!毒のある危険な生物
超絶ヤバイ!毒のある危険な生物

海にいる毒のある魚や生物を写真画像をつけてまとめて紹介しているページ。毒のある魚の種類一覧アカエイ(画像は同じアカエイ属でかなり似ている)こげ茶色の体色で、縁が橙色。尾の部分に毒を注入するトゲが突き出している。死んだ個体でも注意する必要がある。砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいようで踏みつけられそうになった所を毒針で刺されるというパターン……

フィレオフィッシュに使われる魚
フィレオフィッシュに使われる魚

マクドナルドで楽天ポイントが利用できるようになり。最近身近になったような感じがするこのごろです。マクドナルドに行くとなぜかバリ島のクタレギャンあたりにあるマクドナルドの事を思い出してしまいます。英語が伝わるのでやや安心感あり、滞在時に時に利用していました。あそこで最初頼んだときにメニューに書かれている金額と違っていてぼったくられてると思っていましたが税とかが含まれているのでそうでないようでした(笑……

ギンポ販売、価格


  • (海水魚)ヤエヤマギンポ(ブレニー) Sサイズ(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

    1060円

  • (海水魚)シマギンポ(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

    1220円

  • ヤエヤマギンポ 6-8cm! 海水魚 ブレニー 【PHセール対象】【ギンポ】

    398円

  • (海水魚)ヤエヤマギンポ(ブレニー) Mサイズ コケの掃除(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

    1170円