ヤエヤマギンポ


(ヤエヤマギンポの写真)

 

ヤエヤマギンポはイソギンポ科ヤエヤマギンポ属。

ヤエヤマギンポはコケ取りの生体として
よく販売されているギンポの種類。
水槽面、ライブロックの表面のコケを食べてくれ、役に立つ。
貝などよりも素早いので、コケ取りとしてはひいでる。
ライブロックのコケというのはかなり掃除が面倒でレイアウトを
崩すといろいろとめんどくさいのでコケ取り対策として
ヤエヤマギンポがいれば割と手を抜ける
という面で役に立ってくれる。
コケ取り対策の海水魚として飼育されることが多いが
よく見るとなかなかおとぼけ顔のような感じをしていて
可愛らしい所もある。

ヤエヤマギンポの飼育

非常に丈夫で容易な海水魚、水槽を立ち上げてから
良く発生する茶コケを食べてくれる。
水槽のコケがなくなると、一時やせ細ってしまう可能性がある
そのときに餌付けできないと、死んでしまう可能性もあるので
コケがあるときから乾燥餌や焼き海苔で餌付けて
おいたほうが良い。

ヤエヤマギンポを混泳させるときは
テリトリー意識ががかなり強く混泳には気をつかう。
同種をいれるとほぼ確実に争うので、ギンポ、
カエルウオなどの種類は
いれないようにして、水槽にヤエヤマギンポのみでいれるほうが良い。

 

ヤエヤマギンポの餌は雑食で比較的なんでも
よく食べてくれる。
しかし、コケと利用として飼育する場合は、あまり植物食性用の餌
以外は与えないほうが良い。
他の餌をあたえたりするとコケにあまり興味を
示さなくなることがある。
乾燥餌はメガバイトグリーンがオススメ。
ヤエヤマギンポは植物食性なので焼き海苔もおいしく
いただいてくれる。

 

ヤエヤマギンポと同じカテゴリ

 

ヤエヤマギンポを見ている人は他にこんなページもみています

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……

ハナヒゲウツボ
ハナヒゲウツボ

(岩場から身を出すハナヒゲウツボ、それほど成長してない固体はウツボの種類ではないようだ)ハナヒゲウツボはハナヒゲウツボ属のウツボの種類。ウツボの中では一番美しいので観賞用としても人気がある。分布は奄美大島以南の西部太平洋。体長はほどまで成長するので飼育するには大型の水槽が必要になる。ハナヒゲウツボは他のウツボと比べると細長い体をしている青と黄色の姿がカラフルで光のあたり方では青はかなり蛍光色。(ハ……