ユカタハタ


(ユカタハタの写真)

 

ユカタハタはハタ科ユカタハタ属の海水魚。

ハタ科の海水魚によく見られる細かいスポットが体全体にはいる。
ユカタハタは赤い体色に青い細かいスポットが入る。
体の赤い部分はまだら模様になったり
感情によって体色の色をよく変える。

販売している飼育できる海水魚には体全体が真っ赤な体で
丈夫なものは以外にもすくない。
なのでユカタハタは販売される赤い海水魚がほしいと思った場合の
選択肢に良いかもしれない。
いざ実物の真っ赤な体、青い綺麗なスポットを目にすると
欲しくなる人もいるはず。

ユカタハタは自然下ではキンメモドキやスカシテンジクダイなど
がいる場所によく居着く。
住みかからあまり遠く離れることはない。
同じ場所にクリーニングするエビの種類やベラがよくいる。

ユカタハタはこのような場所のボスのような役割で
テリトリー意識がかなり強い、小魚などを捕食する
インドカイワリなどが進入してくると追い払う。

ユカタハタの幼魚は他のハタと同じように
自然下ではほとんど見つけることができない。
成魚はサンゴや石の上にのっていて静止している所を
よくみられるが、幼魚は岩場の隙間などに隠れて身を潜めている。
ユカタハタの幼魚の姿は成魚とことなり
体にまだら模様もなく、青いスポットも付かない。

 

ユカタハタの飼育はそれ程むずかしくはない。
それほど神経質な海水魚でないので
水槽にいれた際も慣れやすい。
自然下でもボス的な存在なのでやはり堂々としている。
慣れると餌も人間の手からでも食べてくれる
ようになる。

ユカタハタは飼育する場合テリトリー意識が強いので
他の海水魚と混泳させる場合はかなり気をつかう。
ユカタハタよりも大きい海水魚でないと
執拗に攻撃されて衰弱するか、そのまま丸呑みされる
ことも多い。
カクレクマノミ程度の海水魚であれば丸呑みされるようだ。
ユカタハタを販売しているものを後から購入する
場合はタンクメイトによっては購入を見合わせたほうが良い。

ユカタハタはあまり販売されない、一般的なショップや通販などでも
あまりみかけない。
ヤフオクでも昔の3年ほどでも取引が一回のみ。
(下がそのデータ)

商品名出品者ID入札数終了価格開始価格終了日
死着保証有 代引き可能 ユカタハタactive_aqua20101216800円6800円2015-01-12

ユカタハタを販売しているものが欲しい方は
見つけたら直に購入するかもしくは、自分で採取するしかない。

 

ユカタハタと同じカテゴリ

 

ユカタハタを見ている人は他にこんなページもみています

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……

サザナミヤッコ
サザナミヤッコ

サザナミヤッコはサザナミヤッコ属()は人気の高いヤッコ。サザナミヤッコの幼魚は他の種類も(写真下)のように似たような色彩をしている。さざ波という名前の由来も幼魚からきていて姿にあっている。自然下でサザナミヤッコの幼魚は主に、浅くて流れがない場所でみられることが多い。その為、死滅回遊魚としてよく採取できる海水魚。(サザナミヤッコ幼魚の写真、このような色彩パターンがサザナミヤッコ属の幼魚に多い)幼魚は……