ヨウジウオ

タツノオトシゴに似る、ヨウジウオ科の種類、8種類を画像をまじえて簡単に解説しているページ。

よくタツノオトシゴ展などで展示されることも多い種類の海水魚。
英名はパイプフィッシュ、ヨウジウオ科の種類はおおよそ250種類が
確認されている。
大部分の種類は海水に生息するものだが、少数は淡水のみに生息
する種類のものもいる。

クリーナーフィッシュとしてはホンソメワケベラなどが
有名ですが、ヨウジウオの種類で遊泳性のある
ヒバシヨウジ属(Doryhamphus)は他の海水魚の表皮をクリーニングする
性質がある。


 

トゲヨウジ

全身が海藻のような緑のヨウジウオの種類。
写真のものはあまり緑がつよくないが、もう少し綺麗な黄緑色の固体もある。
ときにフィリピンやインドネシアから輸入される。


ヘコアユ

だいたい頭を真下にした逆立ちの泳ぎ方をする、一風変わった性質をもつ。
人気があるのか、ヘコアユはどこの水族館でもよくみらると思う。
好んで群泳するので、飼育する際は5匹以上で飼育するとストレスがたまらない。
餌はブラインシュリンプの孵化直後のものを好む。


 

リーフィーシードラゴン

リーフィーシードラゴンのの写真画像

リーフィーシードラゴン、細かい造詣で特徴的な姿をしている。
よくタツノオトシゴ展などでも展示されるようだ。

皮膚に枝分かれした突起があり、これが褐藻類のように見えている。
海にただよう海藻に擬態し隠れて生息している。

ときおり輸入されるが、値段はかなり高い。
飼育する際は18℃前後の温度を保ち、動物プランクトンや小魚の餌を与える。
飼育はかなり難しいようだ。

リーフィーシードラゴンのの写真画像

 

ヒバシヨウジ

カラフルなヨウジウオ、色彩変異がある。
クリーナーフィッシュでよく、ミツボシクロスズメ
ウツボの種類などの他の海水魚をクリーニングしている。

 


メニーリングドパイプフィッシュ

オイランヨウジと似るが、色が派手で縞模様が細かい。
活餌を好む、餌はブラインシュリンプなど。

 


オイランヨウジ

縞模様が等間隔に並んでいる、ヨウジウオの種類。
あまり遊泳力がないので、強い魚などとの混泳は不可。

 


ニシキフウライウオ

 

色彩変異が多い、ヨウジウオ。
体につくとげのような突起はウミシダなどに擬態するのに使われる。
上の写真の黒いタイプの固体がよく見られるタイプのニシキフウライウオ。

白い色彩をした固体、こちらは透明度がよく目立ちなかなか綺麗な
姿をしている。

やや黄色みががった色彩をした固体。

緑の色彩をした固体、非常に濃い緑で綺麗。

赤い色彩をした固体。黒い個体以外はやや透明度があるものが多い。


ウィーディシードラゴン

ウィーディシードラゴンの写真画像

リーフィーシードラゴンと似て繊細な造詣をしている。
姿はヨウジウオというよりタツノオトシゴに近い。
飼育する際、水温を18℃に維持する必要がある。
海藻の色などに擬態する。


タツノオトシゴの種類

タツノオトシゴ科の海水魚一覧はこちら↓のページ
タツノオトシゴの種類

ヨウジウオと同じカテゴリ

 

ヨウジウオを見ている人は他にこんなページもみています

サメの種類 共食いするシロワニ
サメの種類 共食いするシロワニ

シロワニの生息域は沖合いの浅瀬、難波船、洞窟、サンゴ礁、など。日本での生息地は、小笠原の父島、婿島。大きさは~程度にまで成長する。サメというのは単独行動が多いが、シロワニはときに匹ぐらいの群れで餌を探すこともある。他のサメと少し違う習性として、シロワニは口を半分あけて泳ぐという一風変わった所がありこの姿がいかにもサメという雰囲気をだしている。常に歯が見えた状態なので見た目は恐い姿だが、性質はわりと……

11月11日で有名になった、チンアナゴの種類!
11月11日で有名になった、チンアナゴの種類!

水族館などで人気の海水魚チンアナゴと似ている生態をもつアナゴやガーデンイールの種類を紹介。チンアナゴは英語(英名)では、海外に分布するチンアナゴの種類は(ガーデンイール)という名前のものです。すみだ水族館では月日はチンアナゴの日としていて、話題になったりもしていました。チンアナゴ水族館にいるように、チンアナゴは自然下でもおなじような生態をしている。砂底に群生し巣穴から体の一部を出して流れてくる餌と……