Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ライトショアジギングで釣れる魚

メタルジグを使って、ライトショアジギングで
釣れる魚、青物などを紹介しておきます。

 

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚

 

サワラ(サゴシ・ヤナギ)

ジグサビキで釣ったサゴシ

50cm以下 サゴシ
50~70cm ヤナギ
70cm以上 サワラ

 

ライトショアジギングで釣れる青物といえば
サワラが圧倒的に多い

マズメの時期などはベイトを追いかけまわして、ジャンプ
しているのがよく見られる。

ショアから釣れるサイズはほとんどサゴシ
クラスが多い。

サゴシクラスであれば、50cm近くであっても
引きはそれほどでもなく、重量もないので簡単に釣り上げる
ことができます。

最初にライトショアジギングで狙うターゲットとしては
いいのではないでしょうか。

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 サワラの画像

 

 

ブリ(ツバス・ハマチ・メジロ)

成長によって名前が変わる魚
2系統の呼び方があるようだ。

ワカシ(ワカナ)→イナダ→ワラサ→ブリ

フクラギ(ツバス,ツバイソ)→ヤズ→ハマチ→メジロ→ブリ

70cm以上のものがブリと呼ばれる。

 

ヒラマサやカンパチとかなり似ている魚、たぶん知らない人が
釣ってもブリだと思うことかと。

 

シーバスでは70cmぐらいのサイズはそれなりに釣れますが
ショアからではブリはそれほどのサイズは多く
釣れません。

ブリもシーバスのようにスレてくるので
湾に入りはじめのシーズンに狙うと良いとされています。

 

ツバス~ハマチ クラスがほとんどでしょうか。
ツバスクラスはかなり釣れます。
30cmぐらいのものであればサビキでも釣れることもあり。

 

サバ

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 サバの画像

 

メタルジグに掛かるサバは50cm近くのかなり大きい
ものが多い。

サバは釣れる時はほとんどの場合、朝マズメの捕食スイッチが
入ったような時に釣れる
が多い。

 

 

アジ

 

こちらもメタルジグに掛かるサイズは大きいものが多い。
30cm以上のものがほとんど。

冬が本番といった感じで冬に狙うとかなり
大きいサイズのアジが釣れる。

 

 

カマス

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 カマスの画像

 

 

居ればそれなりに釣れやすいが、なかなか湾内にいつかない
ような魚。

一匹釣れるとかなりの数が狙えると思うので狙ってみても
面白いかもしれない。

それほど大きくはならないので他の青物の外道といった
感じの魚でしょうか。

 

 

シイラ

 

 

真夏日にショアからでも小さいサイズのものが狙える魚。
入ってくると数日間釣れ続けることも多い。

なかなか狙えない魚なので、本格的に狙わないとお目にかかることは
少ないかも。

 

 

ヒラメ

 

 

 

あまりヒラメをメタルジグで狙うことは少ないですが
サーフ近辺でライトショアジギングをしているとたまに
かかることもあります。

 

 

ソウダガツオ

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 ソウダガツオの画像

 

 

サバにやや似ている魚、ライトショアジギングで釣れるサイズも似たような
感じのものが多いです。

釣れる時は日が出ているときに一日中よく釣れることもあり。

 

 

 

メッキ

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 メッキの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

 

 

かなり大きくなる魚ですが、ライトショアジギング(メタルジグ)
で釣れる魚はそれほど大きくないものが多いです。

たまに釣れるというぐらいの魚です。

 

 

シーバス(スズキ)

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 シーバスの画像

 

メタルジグで釣れるといわれていることは言われていますが
だだっ広い所で普通に投げて釣るのは難しいことが
多いのではないかと。

バチが抜けたてのまだ寒いような時期はフィッシングプレッシャーが
少なく、ベイトも少ないのでそこそこ狙えそうです。

暖かくなってくるとストラクチャー狙いでないと
メタルジグでは厳しいような気がします。

 

 

エソ

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 エソの画像

こちらもライトショアジギングではよく
釣れる、場所によってはサゴシの次あたりに
釣れやすい魚

見た目があれなので、それほど
は好かれてはいないようだ。

メタルジグにかかるサイズはかなり大きく
50cmに近いものが多く、引きは強い。

食べ方さえわかればかまぼこの原材料に
されるような魚なので悪くはない魚とは思えるが。

 

 

タチウオ

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚 タチウオの画像

釣れる時期ではライトショアジギングで一番釣れる魚
明るい時間にタチウオを釣りたいのであれば
ひたすらメタルジグを遠投して深い所を攻めて
おけば釣れることも多い。

1月~2月ぐらいの寒い時期に午前中の10時ぐらいに深い所を探って
いたら釣れたこともあり。

タチウオの魚影が多い所ではスレがかりする事もかなり多い

ライトショアジギングを始めると
タチウオはいらないので、釣り場の人口を減らして欲しい
と思える魚、それぐらいこいつが出始めると釣り場が急変する。

ライトショアジギングで釣れる魚と同じカテゴリ

 

ライトショアジギングで釣れる魚を見ている人は他にこんなページもみています

簡単な魚のハサミでの血抜きと締め方
簡単な魚のハサミでの血抜きと締め方

釣った魚を持ち帰り食べる、美味しく魚を食べるには鮮度を保つことが重要です。特に刺身などで魚を食べる方はきっちりとした締め方をしておくことをおすすめします。魚の締め方種類魚の大きさによっては絞め方は変えたほうが手間がかからず楽です。魚の大きさによって以下のように絞め方を変えます大きい魚締めたあと血抜き(血抜きされたハマチの画像)小さい魚氷締め(サビキで釣れた小アジ)血抜きするのはブリ、サワラ、真鯛、……

ジグサビキ釣り方入門 仕掛けと釣れない理由
ジグサビキ釣り方入門 仕掛けと釣れない理由

(青物も釣れるジグサビキ)ジグサビキの釣る場合、ナブラがかなりの数いないと渋い釣果で終わることも多いです。魚の数なども関係しますが群れが多ければジグサビキはかなり釣れます。下手をすれば、アミエビのコマセを使っている人ぐらいに釣れる時もあり。イワシであればいればお手軽に釣ることはできます。ジグサビキの仕掛けは使い分けるジグサビキ小物用の仕掛けで大漁市販ジグサビキの仕掛けはかなり販売されているのが多く……