Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ライブロック

アクアリウムのライブロックは海中にある石ではなく、ハードコーラルの死骸。
有益なバクテリアや、小さい海中の生物などがついている。
ナチュラルシステムの場合、濾過が主にプロテインスキマーなので
ライブロックはナチュラルシステムには欠かせない。

購入する際は有益なバクテリアが死んでいないか確認。
これは見た目では判りづらい事ので、においで判断する。


ほのかな磯のようなにおいでなく、ドブの様な匂いがした場合は
水槽にいれるのは控えてデッドロックとして使い飾り珊瑚として利用する方が良い。
レイアウトのみの目的でライブロックを利用とする場合、最初からデッドロックを
利用するほうがリスクは少ない。

白点病を治療する際、銅イオンや硫酸銅をつかった場合ライブロックについている
バクテリアが死滅する。
これが原因で水質が悪化するので銅イオンを使用する際は
考慮して別の容器などに移す必要がある。

 

ライブロック キュアリング

キュアリングとは水槽とは別の容器で海水にライブロックをいれ
エアレーションをライブロックに当てること。
ライブロックをキュアリングする際の水は淡水ではなく、海水で行う。
必ず行うべきではないが、ライブロックの状態が不安な場合にはしておいたほうが良い。

ライブロック キュアリングの仕方

キュアリングは温度差があまり出ないような場所にて行う。

まず初めに、ライブロックの汚れを海水で軽く洗い落とす。
次に、海水が入っているバケツなどに、ライブロックを入れエアレーションを行う。
1日程おいてから、ライブロックのにおいをかいてみる。
そのにおいがほのかな磯の香りがするようなら問題はなく、水槽に入れる。
強い磯の香りや、ドブのような臭いがしたら、海水を換えてキュアリングを最初から行う。
なんどキュアリングしてもだめなライブロックの場合デッドロックとして利用する。

 

ライブロック 生物(カニ、シャコ)

入手したライブロックには有益なバクテリア以外の小さい生物(カニ、シャコ)など
が住み着いていている可能性がある。
飼育している海水魚の種類によっては害を与える可能性があり
ライブロックをキュアリングする前などにも十分に確認して
必要に応じて取り除いたりする。

 

ライブロック 石灰藻

ライブロックは比較的、海藻や石灰藻がついているものの方が
有益なバクテリアが多く付着していることが多く
状態のよいライブロックを選別する際、参考としてみる。

ライブロックに石灰藻が繁殖しやすい条件は

  • 海水が綺麗に保たれている。
  • リン酸塩の少ない。
  • カルシウムが多い。
  • KH、PHが高い。
  • ライトの光の色が青い。

石灰藻がライブロック以外にばかりはえる場合以下を見直す

  • ライブロック自体がざらざらしすぎている。
  • ライブロックに埃のような汚れ(デトリタス)が溜まっている。
  • ライブロックにぬめり(バクテリアマット)が付いている。
  • ライブロックの表面をコケが覆っている。

 

ライブロック レイアウト

ライブロックをレイアウトのみで使う場合、デッドロックにして飾り珊瑚にする
いう方法がある。
デッドロックにした場合、なんらかのトラブルでライブロックに付着した
バクテリアが死滅して、水を汚すというリスクがすくなくなる。

デッドロックの作り方

はじめに、ライブロックを塩素系漂白剤で漂白。
次に、鍋にライブロックを入れて水で30分程煮てから、水道水で洗い流す。
最後に、天日乾燥し完成。

 

 

ライブロック コケ取り

水槽のコケの原因としては以下のようなことが考えられる。

  1. 照明時間がながすぎる
  2. 太陽光が水槽に当たっている。
  3. 硝酸塩の上昇
  4. 海水魚の数が多すぎる
  5. 海水魚への餌の与えすぎ

コケの原因への対策としては。

  1. 照明時間を短くする
  2. 太陽光が当たらないような場所に置く。
  3. 水換えを行う(濃度測定も)
  4. 海水魚の数を減らす。ろ過の強化、水換えを多くする。
  5. 餌を減らす。食べなくなるぐらいまで多く餌をやるのは多すぎ。
    知らないところで吐き出している場合もあり。

 


上記はコケの元となる栄養分や照明を人の手で押さえる方法で。
その他のコケ対策としてはざっと簡単にあげると
以下のようなものがある。

  • コケ取りの貝(魚)を水槽にいれる。
  • リン酸対策として海藻
  • 活性炭は吸着効果があり少しコケ抑制効果があり。
  • フィルターのバクテリアを安定させる。

 

今回は『コケ取りの貝(魚)を水槽にいれる。』に着目してピックアップ。
コケ対策の生物は代表的なもので以下のような種類の生物がいる。

コケ取りの魚

貝よりも動きがはやいので、コケを処理するのも早い。
高温にもやや耐えれるが、混泳させる場合にタンクメイトと問題
がある場合
がある。

ヤエヤマギンポ

テリトリー意識ががかなり強く混泳には気をつかう、同種でも水槽に1匹のみでいれる。
ライブロックなどもコケ取りしてくれる。

キイロハギ

コケ取り魚 キイロハギの写真画像

草食の気がつよい魚なので、人口飼料も草食のもので。
こちらもライブロックなどもコケ取りしてくれる。

 

コケ取りの貝

混泳を考えると海水魚より貝類が楽に水槽にいれることができる
高温には以外に弱いようで、どちらも24℃ぐらいが限度
高温がつづくと適応できずに長生きできない。

マガキ貝

不思議な感じの貝で、けっこうユニークな形を
している。
ただシッタカ貝よりも高く、1匹千円近くする。

シッタカ貝

わりと安くでうられて、コケ取りとして有名
水槽面にはりついてゆっくりとはむはむするので
見ていてても面白いですね。
食用でも売られいるようで、食用で手に入れると
さらに安くで手に入れるようです。