リーフィーシードラゴン

リーフィーシードラゴンの画像


リーフィーシードラゴンの画像

 

リーフィーシードラゴンは画像のように個性的な姿をしている。
タツノオトシゴの種類ではなく、ヨウジウオ科の海水魚。
よくタツノオトシゴ展などでも水族館で展示されるようだ。
生息地はオーストラリア南西部沿岸。
体長は成魚で20cmほどで、大きな固体になると40cmまで
成長するものもいる、大部分は30cm前後で成長が止まる。


リーフィーシードラゴンは水族館ではその独特の姿から
初めて見る人に強い印象を与えるので
価値のある海水魚として扱われている。

リーフィーシードラゴンは販売価格は300万円ほどするようだ。
高額な値段の理由は、現地での採取が規制されていることと
自然状態のものは輸送中にほとんど
生き残ることができなくて死んでしまうこと。
特に光の遮断には敏感で長い間暗い状態が続くと
ストレスになり衰弱する。
この値段からほとんどが販売先が水族館になることだろう。

リーフィーシードラゴンの画像



リーフィーシードラゴンの画像 皮膚には枝分かれした突起があり

リーフィーシードラゴンの皮膚には枝分かれした突起があり、これが
褐藻類のように見えている。
海にただよう海藻に擬態し自然下ではリーフィーシードラゴンは
隠れて生息している。
リーフィーシードラゴンの生息域の環境を再現するのは難しい。
がしかしリーフィーシードラゴンは意外にも水槽環境には適応しやすく
最近では10年以上もの期間を飼育された固体もいる。
慣れてくると人間を見ても物怖じしなくなる。

リーフィーシードラゴンを飼育するには
水槽クーラーは必須で、水温は16℃に保つ必要がある。
殺菌灯やプロテインスキマーも必要。
餌はメインがイサザアミとなる。

下の動画は葛西臨海水族園のリーフィーシードラゴンの餌の捕食シーンで
判りやすい。ゆらゆらと泳ぎながら口のみをパッと動かして餌を吸い込む。

リーフィシードラゴンの捕食シーン(葛西臨海水族園) – YouTube

リーフィーシードラゴンを飼育し混泳させる場合、同種でもペアでないと
混泳が難しいようで、小さかったり弱い方がストレスなどで
衰弱し死んでしまう可能性がある。

繁殖するには水槽にある程度の高さが必要で、最小では1,5m以上で
その程度のスペースが確保できる環境であれば、1年以降には
繁殖できる可能性がある。

リーフィーシードラゴンは卵から孵化すると
数ヶ月で10cm前後にまで成長する。
成魚の体長は20cm前後なので、この大きさは成魚の半分ほどである。
6ヶ月ぐらいからかなり成長が早くなり
約1年ほどで、成魚へと成長して、繁殖準備に入る。
2年である程度の大きさまで成長すると、それ以上はほとんど成長しない。

 

 

 

リーフィーシードラゴンと同じカテゴリ

 

リーフィーシードラゴンを見ている人は他にこんなページもみています

ニュウドウカジカ
ニュウドウカジカ

姿のインパクトのある深海魚のニュウドウカジカ、英名ブロブフィッシュ。かわいいやら、おっさんなどとの評判が多い魚。新江ノ島水族館にはニュウドウカジカの標本が展示されている。ニュウドウカジカという名前は無精ひげを生やした入道(坊主頭)に見えたことが由来している。その姿から醜い動物保存協会に世界で最も醜い生物と認定されているようだ。ニュウドウカジカの生息域はオホーツク海北日本太平洋岸、東部北太平洋など。……

ウミガメの種類
ウミガメの種類

ウミガメの種類は、海水魚のアイゴの種類が好物のことが多くその為、アイゴはタートルグラスと呼ばれる。タイマイ熱帯や亜熱帯にあるサンゴ礁がある地域に生息する。食性は動物食で、主にカイメンを餌とする。甲羅の色は黄色で、黒褐色の斑が入る、サンゴに擬態していると考えられている。ヒラタウミガメ甲羅に特徴があり、おもに平坦だが、縁だけが上側に反り返っている構造をしている。主にイカ、ナマコ、クラゲなどを餌とする。……