ルアーでボラが釣れない原因

よく外道で釣れるボラ、あまりルアーをやらない人で
あれば場所によっては釣るのは難しいかもしれません。
ルアー初心者向けの方にボラの釣れないような原因を
まとめて
メモしておきました。

基本的に引っ掛け釣り(スレ掛かり)する時以外で
普通にボラをルアーを食わせる事を書いています。
引っ掛け釣りの場合はそれほど細かい事など
なく釣れますが、少しは釣れない原因もあります。

ルアーでスレ掛かり以外で普通に釣れるボラは
だいたい50cm~60cmぐらいの大きい個体が多いです

 

日中にルアーを投げている<

ルアーでボラを普通に釣る場合、日中では厳しいと
思います。

小さいルアーであっても近づいてきて、ルアーを見切られると
それには見向きはしません。
これは澄潮の所の場合ですが。
濁りの所でも、少しボラの反応がでた後で何も無い
という事がほとんどなので似たようなのかもしれません。
(濁りでは水中を確認できないので)

釣れたとしてもスレ掛かりの事が多いです。

日中に狙うとすれば、ストラクチャーなど影になっているような
部分に待ち伏せしているようなボラを狙わないと難しいです。

そういう場所が数多くあるような釣り場であれば釣れると
思いますが、ない場合は難しくなります。

試していませんが、メバリング、アジング用の
ワームでかなり細い糸であれば日中でも狙えそうな気も。

 

澄潮の場所でルアーを投げている

 

おそらくボラを釣りたいという人は澄潮で
底まで見えるようなきれいな水の田舎に住んでいるような方が
多いのではないかと思います。

澄潮の場所でボラをルアー釣るのは、またこれも難しくなる
原因の一つです。
濁りがある場所に比べるとルアーを見切られる確率があがるので。

濁りであれば、日中であってもスレ掛かりして釣れることも
ありますが、澄潮になるとスレ掛かりでもなかなか
釣りづらいです。

ボラを釣るのは日中に澄潮の所で釣る人が多いと思いますが
ルアーで釣るには厳しいような条件です。

澄潮の場所でも、夜になればそれほど釣れづらい
という訳でもありません。

 

大きいサイズのルアーを投げている

 

ボラは口をあけてもそれほど大きくはありませんので
10cm以上のルアーだとショートバイトばかりでなかなか
フッキングまでさせづらいです。

8cmぐらいでもまだショートバイトが多いですが、まれに
ボラが釣れることもあり。
シーバスだけを選別して狙うのであれば8cmという
サイズのルアーがなかなかいいサイズです。

ワンダー60で釣ったボラ
(ワンダー60は小さくてかなりボラは釣りやすいです)

ボラだけを狙うのであれば、6cm以下がおススメです。
ボラは堤防の際に接岸していることも多く
たいした飛距離も要らない場合が多いので
小さいルアーを使ったほうが極端に釣りやすいです。

 

ルアーを通すレンジが深い

 

深く潜るミノーを投げて釣ろうとしている場合はボラが
よく居るようなレンジを逃している
ので、ルアーを見つけて
もらえずなかなかバイトにまで繋がりづらいです。

ボラはたいていの場合、表層付近を泳いでいることが
多いですので表層付近をルアーで狙います

使用するのであれば、あまり潜らないようなルアーで
できるだけ表層を通してやると、反応がよくでます。

バチ用のシンペンや、6cmぐらいの小さいルアーであれば
表層を通しやすい上、ボラも釣れやすいのでおすすめです。
いままで過去にボラを釣ったルアーもトップを
通しやすいものが多いです。

 

リールを巻くのが早い、繊細なアタリを逃す

 

夜にボラを釣る場合はリールを巻くのが早いと
ルアーをみつけてもらえず、反応すらでないことが多い。

リールはスローに巻くことが重要で、水面などを確認して
子魚やバチなどのベイトがいるのと同じような速度
ルアーを引くようにリールを巻くといい。

思ったよりも早く巻いていることが多く、かなり
遅く巻かないとベイトと同じような速度にはならない。

アタリが繊細な時だけでいいですが
リールを巻いて釣る時はほとんど、ハンドルを持つか
持たないかという感じそっとつまむように
回し、一瞬でも重さが乗ると指を離す
としたほうがボラに違和感を感じられずにフッキングに
繋がると思います。

 

ランガンしない(引っ掛け釣りする時も)

vj-16で釣ったボラ

 

これはボラで検証しているちょうどいい記事を過去に書いたので
載せておきます。

 

ボラの群れに澄潮、日中でルアーを投げてみた感じです。

魚のルアーに対するリアクション

一投目
サイズにもよりますが、シーバスがよく釣れるとされる
ルアーを投げると、一投目であれば一斉にボラの群れが
ルアーに興味を示す。

澄み潮、真昼ということであれば、ある程度ルアーに近づいた
だけで反応が途切れる。
おそらくルアーと見切られているのだろう。

 

二投目
明らかに、一投目よりも魚の反応が悪くなる。
ただ、2、3匹のボラはルアーに反応を示す。

 

三投目
さらに反応が悪くなる。
1、2匹程度がルアーに少しだけ
近づくような反応を示す。

 

四投目、以降

群れのすべてが、ルアーを完全無視。
何度もキャストしても全く無反応。

ルアーが擦れがかりしそうになっても
完全に回避する。

 

ルアーの種類、サイズ、時間帯、潮の澄み具合などに
よってボラの反応はことなるかもしれませんが
何度も投げていると、次第にルアーを無視するようになる。

 

 

ルアーでボラが釣れない原因と同じカテゴリ

 

ルアーでボラが釣れない原因を見ている人は他にこんなページもみています

モアザン レイジースリム インプレ
モアザン レイジースリム インプレ

レイジースリムは繊細な仕事をするのに向いているのでベイトがマイクロベイトやバチ、あまり波が立たないような湾港部での使い勝手はかなり良い。使いどころさえ合っていれば釣れるルアーであるのは間違いないはず。各仕様など、ラインナップも無駄に多すぎず丁度いいチョイスかと思えます。モアザンレイジースリム各ラインナップの仕様レンジ水面直下~約フックトレブルフックリングレンジ約~約フックトレブルフックリングレンジ……

シーバスの釣り方 濁り 釣れるおすすめルアー
シーバスの釣り方 濁り 釣れるおすすめルアー

シーバスの釣り方濁り釣れるおすすめルアーシーバスが好む濁りで釣りやすいとされている水の状況ですが濁りの時にどのようにしてシーバスを狙うのかについてメモしておきます。濁りやすい場所どんな時に濁りやすい濁り釣れやすいルアー濁りはストラクチャーを狙う濁りやすい場所だいたいの河口がかなり濁りやすいです。ルアーでボトムを引いてやればある程度はわかりますが。ボトムが泥質やヘドロっぽい所は濁りやすく河口はそのよ……