釣り ラインの結び方 簡単な5つ

ルアーやスナップ(サルカン)などへの
結び方を写真を使って解説してみました。
初心者の方でも簡単に結べる方法を5つ載せています。

これらルアーへの結び方はPEラインからの直結
ではなくフロロカーボンなどのショックリーダーに
接続してから使うと良いとされています。

※参考の為に太い糸で写真を載せています。

 

 

 

 

完全結び(漁師結び)

 

簡単でなおかつ、強い結び方です。

 

欠点は最初二つ折りにして、接続部にいれないといけないので
ルアーのアイやスナップ(サルカン)が小さい時は
少し手まどう
といった所ぐらいです。

 

①ラインを二つ折りにします。
完全結び(漁師結び)の結び方 (1)

 

②二つ折りにしたものを、ルアーのアイに通します。

完全結び(漁師結び)の結び方 (2)

 

 

③二つ折りにした部分にラインの先端を巻き付けていきます。

完全結び(漁師結び)の結び方 (3)

 

 

④3回巻き付けた所

完全結び(漁師結び)の結び方 (4)

 

 

⑤4回巻き付けた所で二つ折りの部分の中にラインの先端を入れます。

完全結び(漁師結び)の結び方 (5)

 

 

⑥本線(リールに繋がっている方)とラインの先端を引っ張り、しっかりと
結びこみます、強めに結びこむと後から抜けづらいです。

完全結び(漁師結び)の結び方 (6)

 

 

⑦先端の余ったラインをカットします。

完全結び(漁師結び)の結び方 (7)

 

 

 

ループノット

これはスナップ(サルカン)が無い時や、ルアーへ付けたくない
場合などに使うとルアーの動きがよくなります
ルアーとラインを直結する場合に使うとよい結び方です。

 

ルアーと結び目を離す間隔を取るのが
最初はやや難しいかと思います。
結び目をしめる時にゆっくりと調整するのがコツです。

 

①ラインに結び目の輪を一つ作る
ループノットの結び方 (1)

 

②ラインの先端をルアーのアイに通します。
ループノットの結び方 (2)

 

③ ①で作った輪にラインの先端を通します
ループノットの結び方 (3)

 

④輪に3回程度ラインの先端を巻き付けます
ループノットの結び方 (4)

 

⑤ラインの先端と本線をゆっくりと引っ張り、
結び目とルアーの間隔を1cmに調整します。

ループノットの結び方 (5)

 

⑥先端の余ったラインをカットします。
ループノットの結び方 (6)

 

 

クリンチノット(ダブルクリンチノット)

 

写真や図でみるとわかりづらいかもしれませんが
実際にやってみると、割と簡単な結び方です。

ルアーの形状によっては
ほんの少し結びにくい
所があります。

ルアーやスナップ(サルカン)などへ通す時に
2回通すとダブルクリンチノットになります。

 

 

①ラインの先端をルアーのアイに通します。

クリンチノットの結び方 (1)

②もう一度通し輪を作ります
クリンチノットの結び方 (2)

 

③本線にラインの先端を巻いていきます。
クリンチノットの結び方 (3)

 

④3~5回巻いていきます。
クリンチノットの結び方 (4)

 

⑤ ②で作った輪にラインを先端を通します。
クリンチノットの結び方 (5)

 

⑥ ⑤で出来た輪の中にラインの先端を通します。
クリンチノットの結び方 (6)

 

⑦結び目を締めこみます。
クリンチノットの結び方 (7)

 

⑧先端の余ったラインをカットします。

クリンチノットの結び方 (8)

 

 

ユニノット(ダブルユニノット)

 

簡単で強い結び方。

輪の中を何度か通すのでラインの号数によっては少しだけ結び
づらい
です。

こちらも、ルアーやスナップ(サルカン)などへ通す時に
2回通すとダブルユニノットになります。

 

①ラインの先端をルアーのアイに通します。

ユニノットの結び方 (1)

 

②写真のように輪を作ります。
ユニノットの結び方 (2)

 

③本線と輪をくぐらせて、ラインの先端を巻き込んでいきます。
ユニノットの結び方 (3)

 

④4~5回巻き込みます、ラインの先端をひっぱり締めこむ。

ユニノットの結び方 (4)

 

⑤本線を引っ張りきっちりと締めむ。
ユニノットの結び方 (5)

 

⑥先端の余ったラインをカットします。

ユニノットの結び方 (6)

 

 

ハングマンズノット

 

 

強くて非常に結びやすいノット。

小さいルアーのアイやスナップ(サルカン)でも
結びやすい

暗かったり、風が強かったり、寒く手がかじかんでいたり
するようなバッドコンディションの場合でも
直ぐにしっかりとルアーへと結べます。

欠点らしき点は特にありませんが

英語を和訳が
ハングマンズノット = 絞首刑用の縄の結び目
という事ぐらいでしょうか。
あまりゲンがいい名前でないという事ぐらいです。

それを除けば、かなりおすすめできる結び方です。

 

 

①ラインの先端をルアーのアイに通します。

ハングマンズノットの結び方 (1)

②写真のように輪を一つ作ります。
ハングマンズノットの結び方 (2)

 

③2本の線にラインの先端を5回巻き付けていきます。
ハングマンズノットの結び方 (3)

 

④ラインの先端を②で作った輪に通し
ひっぱり締めこみます。

ハングマンズノットの結び方 (4)

 

⑤本線を引いて、結び目をしっかりとルアーのアイの
部分まで引っ張りこみます。

ハングマンズノットの結び方 (5)

 

⑥先端の余ったラインをカットします。
ハングマンズノットの結び方 (6)

 

ラインどうしの結びにはfgノットが強度が高くていいです。

 

 

釣り ラインの結び方 簡単な5つと同じカテゴリ

 

釣り ラインの結び方 簡単な5つを見ている人は他にこんなページもみています

シーバス用に使うワームの色
シーバス用に使うワームの色

シーバス用ワーム、いろいろとワームもラインナップがありますが、色が多くてどのような色を選択したらいいのは判りづらいという人の為に記事を載せておきました。どのような釣り場の状況でどのカラーを使えば釣れやすいかということを大まかに分類して載せておきます。水の透明度が高い、明るい時間ナチュラルクリアナチュラル色はシーバスが捕食しているベイトにかなり似せているような自然の色をしているもので水の透明度が高い……

マニック ルアー バチ抜け用
マニック ルアー バチ抜け用

シーバスのバチ抜け用のハードルアーであればにょろにょろと並ぶぐらい有名なルアーマニックバチ抜けルアーとしての代名詞的なルアーの一つです。バチ抜け用のルアーはいろいろと実際に使ってみましたが、やはりこのマニックはバチ抜けのシーズンにはわりと釣れるルアーの一つであることは間違いないです。バチのシーズンだけと思われるかもしれないが、他のシーズンでも使い方によっては釣果をもたらせてくれるルアー。かなり釣り……