ルアーや釣り具を直す接着剤 エポキシ2液混合

ルアーや釣り具を直す接着剤について
コスパがよく強力に接着できるものは

エポキシ2液混合タイプ

ダイソー エポキシ2液混合接着剤 表面

 

の接着剤であると思います。
一度使用してみればいかに強力かということが
わかるかと思います。

写真のものはダイソーで売っているので
108円ということで手軽に使うことができますので
直したいものがあれば是日おすすめです。

容量は12g + 12g の24gで接着させるだけなら何度も
使えるかと思います。
パテも入っていてかなり使えます。

 

10分で硬化するのでその間に綺麗に形を整えたり
できます。
最初はゼリー状ですが、段々と固くなってきて
硬化していくといった感じです。

エポキシ2液混合タイプは2つの液体を同量を使うのが
正しい使用法
なようですが、割とアバウトでも確りと
接着されます。

 

ダイソー エポキシ2液混合接着剤 裏面

説明書の用途の所に記載されている接着できる素材は

金属、ガラス、陶磁器、タイル、プラスチック、木材

 

釣り具やルアーを直す場合、金属とプラスチックが
ほとんどになるかと思います。

 

逆に接着できない素材は

軟質塩化ビニル、ポリエチレン、ポリウレタン、シリコン樹脂
フッソ樹脂、ナイロン樹脂、ゴム

 

 

釣り具の補修

エポキシ2液混合タイプの接着剤は金属とプラスチックが
接着できるので直せる釣り具も幅広くかなり色々な物が直せますが

よくありがちなロッドでの例での使用方法
を載せておきます。

 

まずはよくあるロッドの先端などが折れた
場合を直す方法ですが、先端の折れた部分を綺麗に切り取り
その先端部分にに合ったトップガイドを購入します。

そのトップガイドとロッドの先端をエポキシ2液混合で接着するという
きわめて簡単な直し方です。
しかしこの直し方だと、ロッド全体のパワーバランスが微妙に変化
してしまうので、本来のロッドの力は出ないかもしれません。
細かいことにはこだわらない方向けでしょうか。

高いロッドであれば保障証がついているものがほとんど
でしょうから、それで直すほうがいいでしょう。

 

もうひとつはビギナーの方がよく買うような
安い振り出しロッドにあるガイドの部分はよく外れたりします
特に中国製などは接着部がわりと雑だったりすることも多いので
外れやすいです。

1000円代のロッドにはこの手ガイドのものが多く
何度か使っているうちにすぐにガイドが外れてくると
思います。

そんな時にはまさにエポキシ2液混合タイプの接着剤
で直すのがおすすめです。

確りガイドとロッド接着することができたら、元の接着よりも
強力になり、かなりガイドが外れずらく
なるかと
思います。

ついでにガイドリングなどが外れた場合でも接着して
直すこともできます。

 

ルアーの補修

 

エポキシ2液混合タイプの接着剤では
ルアーのクラックなどは比較的簡単に
直せてしまいます。
ただしルアーの素材がプラスチックのものに限定されます。

単純にひび割れしているようなクラックしている
ルアーはかなり直しやすく
お勧めです。
外観以外はほぼ完璧に直せることも多いです。
かなり少なめにエポキシ2液混合を使うのがコツで
いらない液は早めにふき取りましょう。

 

ルアーの若干割れて欠けているような部分
エポキシ2液混合タイプで埋めれば綺麗に
できることも多いです。
完全な形にするのは割と難しいかもしれません。

 

この接着剤単体でもプラスチックの素材を作れる
ますのでルアーの欠けたリップ等を直す事もできます。
ただし完全にリップがなくなっている場合は
ルアーの型がのこっているか、同じ形状の
ルアーを持っている必要があります。

リップなどは割れやすいルアーも多いので、高いもので
あれば補修してみてもいいかもしれません。

 

 

ルアーや釣り具を直す接着剤 エポキシ2液混合と同じカテゴリ

 

ルアーや釣り具を直す接着剤 エポキシ2液混合を見ている人は他にこんなページもみています

アナゴの夜釣り 堤防からの釣り方
アナゴの夜釣り 堤防からの釣り方

アナゴ夜釣りの仕掛けぶっこみ釣りといわれる、非常に簡単な釣り仕掛けです。仕掛け自体はサビキ釣りか、それ以上に簡単な仕掛けです初心者の方でも簡単に試すことができるので是非試してください。仕掛けは市販で売られている物を使うのも楽です。場所によってはかなり根がかりが多い釣りですのですぐに仕掛けが引きちぎれます。自作して安くあげてもいいです。この写真のようなシンプルな仕掛けでも問題なしです。重りは中通しで……

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……