オオメジロザメ

メジロサメと広く言われているのは、メジロザメ科の海水魚をあらわす。

人喰いザメと言われているメジロサメは人を襲った記録が多い
熱帯、亜熱帯でよく知られているオオメジロサメを指す事が多い。

過去には日本でもオオメジロサメによる事故も確認されている。

 

メジロザメ科の種類

メジロサメ科は12属約60種確認されている。
その中でもメジロザメ属は30種含まれる。
メジロザメ属でもよく知られている種を紹介する。
日本では小笠原諸島にメジロサメ科のサメが多く見られる。

メジロザメ

メジロザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

最大で全長250cm、体重117.9kgとそれほどの大きさには
ならない。

主に海底で生息する。

餌は底生にいる小魚やエビなどが対象。

サイズが大きくならないことと、あまり表面に近づかないので
人間への危険性はあまりない

 

オオメジロサメ

オオメジロザメの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org/

最大で全長4m、体重316.5 kgと大型になるメジロサメ
淡水域にも生息するサメで、日本では沖縄周辺や
西表島の川でも確認されている。
浅い場所にも入り込むので人への被害は多い
人喰いザメとして有名なメジロサメ。

 

ヨゴレ

メジロザメ属では人喰いザメとして有名で、外洋性の種類
のサメでは一番危険な部類にあたる。
海岸にはあまりよってこないので、人への被害は少ない

 

危険なオオメジロサメ

 

オオメジロサメの性格は非常に荒く、狭い場所や浅い場所にも入り込む。
人喰いザメとして有名な、ホホジロザメやイタチザメと同じように
人を襲った記録が多い。

過去にオオメジロサメによっておきた事件は、
1996年7月24日 沖縄県宮古島平良市サンゴ調査の男性(52)が襲われて亡くなった。

オオメジロサメは捕食する生物も大きく、海産哺乳類、大型魚類さらには
硬い甲羅をもつウミガメの種類までも食べる
このような生物を食べるので、歯は大きく、かなり鋭いので
襲われた場合はかなり危険。

オオメジロサメの生息域は広く、海水域だけではなく、淡水域まで入り込んでくる
淡水の範囲も河口の汽水域だけではなく、川の上流部にまで上って
入り込んで生息するサメである。

河口から離れた場所では、アフリカのガンビア川やサンジベ川では
5500キロメートルも河口から離れた上流にまで入っていた報告がされている。

このように淡水域にまで入り込んでくるので非常に人間と接触する
可能性が高いので、オオメジロサメに多く人が襲われる。

よくインド人が大勢、川で沐浴するガンジス川にもオオメジロサメの幼魚が
捕獲されていることが確認されている。

 

オオメジロサメの人間に対する危険性をまとめると

  • 性格は非常に荒い
  • 狭い場所や浅い場所にも入り込む
  • 淡水域まで入り込んで生息する
  • 歯は大きく、かなり鋭い(ウミガメも捕食)

 

オオメジロサメの生息域が人間がよく行動するような場所と
重なっており、襲われると歯が鋭く人間に対して危険なサメだと
いうことが考えられる。

 

 


オオメジロザメと同じカテゴリ

 

オオメジロザメを見ている人は他にこんなページもみています

相模湾にいるサメの種類
相模湾にいるサメの種類

神奈川県などに住んでいる方などは相模湾のビーチにいくことなども多いのではないでしょうか。あまりサメなどの事などを知らない人にとってはサメがビーチに来るかもと嫌な想像をしてしまうかもしれません。相模湾どんなサメがいるのかそのサメは浅い所にまでやってくるのかなどがわかれば、相模湾の海岸などで不安なく遊んだりすることもできるのではないでしょうか。そこで、相模湾にいるサメの種類をいろいろと調べてみました。……

イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメ
イコクエイラクブカ 寿命が50年と長いサメ

分布大西洋、太平洋、地中海表層から水深ほどまで、主に沿岸域に生息。体長~大きい個体でとサイズは小さいサメイコクエイラクブカは長寿なサメで非常に寿命が長い、年ほど生きるサメ。吻は長く、目は楕円形。胸ビレ、背レビの端が少しだけ白く縁どられている。歯は三角形に近く、側面にだけ鋸歯縁をそなえもつ、餌は雑食でかなりいろいろなものを捕食する。魚類、甲殻類、頭足類を主に食べている。イコクエイラクブカは群れで行動……