冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは10℃を保つ

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要
という疑問が浮かんだので少し調べてみました。

 

魚の鮮度に重要なのは

 

魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で
0℃以上の5℃~10℃
を保ったほうが良いようです。

長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば24時間以内であれば
『10℃で保存された魚』(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり
活けしめの状態が長くなるとされています。

 

鮮度を保つ適温は10℃に近いほうがいいと
いうことですが、気温や海水温、次にクーラーボックスの温度などから
冬に釣り魚を持ち帰るのに氷が必要か不要かという事を
説明していきます。

 

気温と海水温

 

太平洋岸での海水温は低くても6度から7度ぐらいの事が
多いです。

海水温はかなり釣り場のある場所に影響されて
温度が気温と何度違うなどと比例していることはあまりないので
実際に発表されている温度などを見たり、実際に図るのが
確実ですが、そんな事をする人は少数でしょう。

基本的に河口付近の海水温は低くなり、沖合に出ると
水温が高くなることが多いようです。

気温が10℃以下でも、釣り場によっては海水温は高いということも
多くあります。
しかし海水温が高くても、気温が低い場合
保存していると魚の温度が気温に近づくと思いますので
特に氷がなくても問題はないと思いますが
海水温がかけ離れて高い場合は氷で一時的に魚を冷やす
必要があります。

 

 

氷の温度 クーラーボックスの温度

 

水が氷になる温度は0℃で氷はじめ、0℃以上になると
氷が溶け出す
とされています。

 

答え B. 氷の温度は、冷凍庫内の温度と同じ 水は基本的に0℃で凍りはじめ、すべて氷になるまでは0℃のままです。 水がすべて氷になった後は、氷の温度が下がっていき、最終的には冷凍庫内の温度と同じになります。 冷凍庫から出した氷は、表面から徐々に温度が上がっていって、0℃になると溶け出します。

出典 – 氷の実験室 第2回 氷の「温度」を測ってみよう|ニチレイ[こおらす]

氷のままの時はまず0℃を保っているので、魚の鮮度を保つという点では
直接魚を氷に触れさせるのはあまりよくないようです。
やや氷から離して置くとそれほどの温度にならないので
丁度いいぐらいになります。
温度計などを都合よくもっていたら、クーラーボックスの5℃~10℃近辺に
なっている所に魚を置くのがいいでしょう。

 

気になったのは氷水は何度ぐらいになるのかという事。
あまり釣った魚は氷水にはつけたりしませんが
どのような温度になるのかというのを調べてみると
氷水は氷が浮いている所が0℃で段々上がり、一番下の部分では
4℃
になるようです。

水は、同じ体積でも水温が4℃のときに、一番重くなります。そして、水温が4℃より低い水ほど軽いため、コップの下の方に4℃の水がたまり、水面に近づくほど水温は下がってしまいます。

出典 – https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kids/mysterious/mysterious_02_03.html

 

一般的にクーラーボックスに氷水をいれた下の部分は4℃になっていると
いうこと。
氷水に魚を入れる人は、氷水の一番下の方に魚を入れたほうが
鮮度を保つという点ではいいかもしれません。

 

夏場なら外の高い温度にさらされるで、魚の鮮度を保つために
クーラーボックスに氷は必須ですが外の温度が10℃以下の時は、鮮度を
保つ10℃の温度を維持するのであれば氷は必要ではない
です。

 

 

冬の釣りは氷なしの人も多いけど問題なし

 

以下の点があっていれば魚を保存するのにクーラーボックスに
氷をいれてなくても、問題ないということが言えます。

 

  • 気温が10℃以下
  • 釣り場の海水温が10℃からそれほどかけ離れていない
  • 車の中にいれて暖房をかけて長時間輸送しない

 

気温が10℃近くであればクーラーボックスの中に氷をいれた
時のように温度にムラがあることもなく、丁度いい感じに10℃を
保てるのでむしろ氷なしのほうがいいのかもしれません。

あまり魚を釣らない人は常識からして
氷を必ずいれないと魚は腐ってしまうと考えがちかも
しれませんが、冬であればあまり鮮度は落ちないと
実際に氷なしで魚を持ち帰っても思います。

 

実際の試験では

 

長崎水産試験場の「魚類の鮮度と保持方法について」
というpfdの資料があります。

 

http://www.marinelabo.nagasaki.nagasaki.jp/news/suisankaihatsu/no91/no91gyorui-sendohoji.pdf

 

長崎水産試験場の試験ではマアジとイサキを使って試験されたと
いうことと、神経抜きされているようなので
そこが一般の方が釣って持ち帰る魚と異なることも多いと
思います。

このページに書いたことは

『マアジとイサキの魚以外でも』
『神経抜きを除いても』

10℃を保つのが死後硬直を遅らせると仮定した場合の話です。
おそらく他の魚でも大きく違いは無いはずですが、異なる
魚もいるかもしれません、という事を補足しておきます。

 


冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?と同じカテゴリ

 

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?を見ている人は他にこんなページもみています

釣り魚の臭みを出さない5つの方法
釣り魚の臭みを出さない5つの方法

釣った魚を家にもって帰ってくると、臭くてあまり調理する気になれない。そんな方の為に臭みを出さない方法つの方法でまとめて掲載しておきます。いくらでも手の込んだ臭みを取る方法はありますがどちらかといえば面倒なのはお断りという方がおすすめな内容です。血抜きする初心者でもすぐ簡単にできるので血抜きはしておきたい所です。エラの下あたりの部分を締めるハサミで切ってやって、あとは海水に数分浸してやるだけで血抜き……

アジ釣り その場で捌くといい理由
アジ釣り その場で捌くといい理由

堤防からのサビキ釣りなどをして、アジなどの魚をもって帰っても味がいまいち美味しくないと感じている方も多いのではないでしょうか。そういう場合はアジ釣りの後でその場で捌くことをオススメします。なぜアジ釣りの後でその場で捌くべきかといいますともともと豆アジ、小アジなどは身がそれほどない上に身の多くの所に、内臓やエラのアラの部分が触れています。アラが時間がたつごとに鮮度が悪くなり、触れている身の部分までも……