堤防でジグサビキ ワームをつけて釣る

ジグサビキは普通のサビキと比べ割と釣れづらいので
ひと手間加えると、釣れやすくなります。
それがサビキの針にアジング用のワームをつけるという方法。

実はこれを間違っていて私がとった方法はジグサビキの
メタルジグをワームに付け替えて釣る
という方法をやってみました。

釣れづらいと良く言われるジグサビキですがどうでしょうか。
これも一つのジグサビキの釣り方?というよりもワームサビキ?として
面白いのかもしれません。

 

 

ジグサビキ ワームの仕掛け

本来ならば、ジグサビキの針の部分に小さいアジング用の
ワームをつける
という方法が一般的なようです。

別の方法として前述したようにこうしました。

 

ジグサビキ ワーム 仕掛け

 

サビキ

ワーム パワーシャッド(写真はグラスミノー)

OWNER sabiki サビキの説明
写真のカゴの部分をワームに付け替えるだけです。
以下パワーシャッドの記事です。

 

日の出てるいる時にじっくりと水中で動きを観察してみれば
分かりますが、パワーシャッドはテールの動きが
非常にリアルですので、アジ、サバ、イワシなどの
青物であれば同じ魚と思い反応してくれそうな様子です。

 

 

そのあたりで釣れている魚のサイズによってはグラスミノー
に変更してもいいかもしれません。
エコギア パワーワーム グラスミノー
(エコギア パワーワーム グラスミノーの写真)

 

ジグサビキ ワーム 釣り方

 

ワームの動きからして、フォール中にはあまり釣れる効果は
ありそうもありません。
(動かしながらゆっくりとフォールは別)

どちらかというと、ボトムから上に上がってくるような時
釣れるという感じです。

なので、一度キャストするとある程度沈めるか
ボトムまで落としてしまうほうがいいかと思います。

目視して釣る魚の位置がわかる時は
その少し下まで落として
巻いてくるという感じです。

テールの動きがいいワームであれば、落とし込んでから
ダダまきしているだけでもわりと行けそうと思います。

 

 

このジグサビキ ワームがおすすめの人

 

実際に釣って思いましたが、これをやるのに
おすすめできるのは

 

太刀魚を『ワーム』と『泳がせ釣り』両方で釣る人です。

 

サビキのハリスが細いと切られるので
ワームの部分にワイヤーリーダーなどの一工夫は必要です。

 

明るい時間帯から太刀魚を釣り始める人なんか
はおすすめできます。
タックルを2個もっていたらやってもいいかも
しれません。

 

実際に今日は太刀魚もたいして釣れないだろうと
思って、次いでにこれも試してみるかと思いやっててそう
感じました。

 

 

堤防でサビキにワームをつけて釣ってみる

 

実際に釣ってみたので、若干記載しておきます。

海の状態は、小潮でべた凪、サビキで釣れそうな魚の
動きも確認できずに、いかにも釣れなさそうな感じでした。

 

ある程度は予測していましたが何度か
投げてみるも反応無し。

パワーシャッドの効果で爆釣れとかイレギュラーな事も
ちょっと期待してましたが、やはり現実は厳しいですね。

そろそろ太刀魚も出始めそうだし、普通にワームだけにして
釣り始めるかと思った頃に。

やや大きめの船が遠くからやってきます、これは波が出るので
チャンスタイムと思いじっくりと待ってから。

ちょうど波が出始める頃に着水させてから普通に
巻いてくると、魚からの反応が。

ジグサビキ ワームでアジを釣る

 

引き上げてくると、アジでした。
このジグサビキ ワームでも問題なく釣れるようです。

その後少ししてからすごい勢いで子魚の群れが逃げていく様子が
見えました。

そんな時にデカそうな魚からショートバイトが。
引き上げてパワーシャッドを見てみると、あからさまに太刀魚ではなさそうな切込みが。
ほぼ半分ぐらい切断されている感じです。

すぐ後で太刀魚を釣っている人がサゴシを上げていたので
サゴシだったようです。

 

ちょっといい感じにサビキで釣れるような時間にあたらなかった
ので釣れるかどうかはいまいちわかりづらいですが。
ジグサビキ ワームでも思ったよりも釣れるのかもしれない
といった所です。

 

 

 


堤防でジグサビキ ワームをつけて釣ると同じカテゴリ

 

堤防でジグサビキ ワームをつけて釣るを見ている人は他にこんなページもみています

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは10℃
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは10℃

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……

カマス 最強ルアーでもりもり釣り上げる
カマス 最強ルアーでもりもり釣り上げる

白身魚でなかなか美味しい魚カマスをお手軽に釣る方法や使うルアーを載せておきます。群れがいればすぐに釣れるので、夜釣りする前に事前にオカズを釣っておくのもどうしょうか。カマス釣り時間帯カマス釣りの時間は明るい時間が良く釣れます、カマスは基本的に明るい時間帯に活発に行動する魚です。簡単に釣る為には明るい時間に絞って釣るほうが楽です。実際に、おなじ場所で同じ方法で釣れていても夕まずめが終わったようなかな……