太刀魚のルアー釣りに使うリーダー ワイヤーは必要?

太刀魚の歯は鋭いので、ルアーを接続するリーダーは
『ショックリーダー』の他に『ワイヤーリーダー』を付ける
時があります。

 

まずは簡単に太刀魚のルアー釣りで使うラインを
PEラインから接続する順番を説明すると

 

PEライン

ショックリーダー(フロロカボーン、ナイロン)

ワイヤーリーダー

ルアー

 

という順番になります。
ワイヤーリーダーは釣り方によって付ける時と
付けない時があります。

 

それでは、太刀魚で使うワイヤーリーダー、
ショックリーダーなどについて説明していきます。

 

太刀魚のルアー釣り ワイヤーリーダーについて

 

最初にワイヤーリーダーを付ける
必要はあり?かというと

 

『基本付ける必要なし』

 

です、なぜ必要がないかというと
ワイヤーリーダーを付けるとかなり
アタリが出ずらくなります。

ある程度のサイズのショックリーダーを
使う場合はワイヤーリーダーは不要です。

細いショックリーダーしか使わないとという人は
ワイヤーリーダーは必要です
『ショックリーダーが5号(20lb)以下』だと付けておいた
ほうがいいでしょう。

ワイヤーリーダーはちょっとでもヨレると、
太刀魚にばれやすくなり
ますので
かなり交換する必要があります。

 

太刀魚は他の魚、メバルやクロダイなどよりは
視力が悪そうですがさすがにワイヤーリーダーだと
割とよく見えているようでとくに食い渋るような
時、べた凪で活性がないような時はワイヤーを
付けているとアタリはほとんど出なくなります。

ワインド釣法をやるときだけはワイヤーリーダーを
稀に切られることがあり
ますので
付けておいたほうがいいかもしれません。
と言っても100回に1回ぐらいしか切られませんが。

 

おそらく、太刀魚に噛み切られた訳ではなく
ワインドアクションで糸が歯の所にからまって
切れるということがほとんどだと思います。

 

太刀魚のルアー釣り ショックリーダーの太さ

 

次にショックリーダーの太さについて
ワイヤーリーダーを付けないという方向で
説明していきます。

 

ショックリーダーの太さはどれぐらいがいいのかと
いうと。

 

『フロロカボーン 5号(20lb)以上』がおすすめです。

 

あまり釣りをやらない人であれば、あの太刀魚の
鋭い歯でワイヤー以外は切られると思ってしまいますが
ショックリーダーもある程度の太さであれば
耐えれることができます

一度釣り上げるかショートバイトが出たごとに
ショックリーダーとルアーやスナップの接続部の
近くを確認してみて、そのあたりがささくれていたら
カット
して再接続する必要があります。

しないとアタリがでずらくなるのと、そのまま使い続けると
キャストしたときにラインブレイクします。

基本的にある程度太いショックリーダーをおすすめしますが
ワームなどでショートバイトしかでないような時

例えば、パワーシャッドであれば、テールの部分だけが
噛みちぎられていた、などの時間帯は太刀魚の活性が悪く
ほぼフックの先端にしか掛かることしかないので
細いショックリーダーでワイヤーリーダー無しでも
も切られることはほとんどありません。

太刀魚の食い渋る活性がないようなタフコンの時に、細い
ショックリーダーで何とか上げれることもあり
ます。
太さは3号(12lb)ぐらいだと問題ないです。

 

 


太刀魚のルアー釣りに使うリーダー ワイヤーは必要?と同じカテゴリ