太刀魚を釣るのにpeやリーダーは何号が必要?

マーズR32で釣った太刀魚

あまりルアーをやらない人はpeラインの号数などは気になる
項目かと思います。
太刀魚釣りのラインに関することをメモしておきます。

 

太刀魚 ラインブレイクと思えるのは

初心者の方は細いpeラインなどでやっていて、太刀魚に
切られたと思うのはすっぽ抜けの可能性があると思います。
あまりにもそういう事が頻繁に起きる場合はもう一度ラインの
結束方法を見直したほうがいいでしょう。

ルアーで太刀魚を釣った場合は、フッキングする場所は
ほとんど口の先端の部分になるので、鋭い歯で
切られることはほとんどない
です。
ワインドやかなり小さいルアーを使わないを限りまず
切られないと思ってもいいです。

 

キャストしているとラインブレイクは?

よく太刀魚のルアー釣りなどではありがちですが
ショートバイトや釣れた後にショックリーダーの先端
がささくれたように痛んでいる
事。

釣れる時になんらかの形で太刀魚の歯でこすられたの
かもしれません。
この場合痛んだ部分を切り取りもう一度スナップに
接続しなおす必要があります。
そうしないと何度かはキャストに耐えれることも
多いですがフルキャストした時や重いルアーを投げた時に
負荷がかかってラインブレイク
します。

疲れている時にショートバイトや釣れた後に確認するのは
面倒ですが、これを怠るとよくルアーロストにつながります。
特に太刀魚がよく釣れる時などに起こりがちですね。

 

太刀魚を釣るのにpeやリーダーは何号か

PEライン

ドラグの設定はしっかりとしているという前提で
peは4本編み 1号なら6本指も問題なく上がるので、1号で
あればまず安心
です。

1号であればシーバス80㎝ぐらいは普通に釣れるので
太刀魚であれば全然問題ない程度。

太刀魚6本指サイズの引きの度合をアバウト
(個体によって引きが全然違いますので)
に表すと、ブリなら40cm~45cmぐらいで
シーバスであれば50cmぐらいと言った所でしょうかね。

普通によく釣れる指4本半とかであれば、pe0.6号とかでも
全然問題なく釣れます。

沖の方にいる太刀魚をサーチしたい場合は飛距離が
かなりほしい時もあります、堤防の近辺を探っていても
釣れない時などは細いpeで飛距離をかなりだして
沖のほうまで探る
という手もあります。

 

ショックリーダー

普通によく釣れる指4本半程度の太刀魚であれば
フロロカーボン 4号 16lbで普通に釣れます。
銘柄によって耐久性がけっこう異なりますので
日本製のものを使うのをお勧めします。

フロロカーボン 4号 16lbであれば
ブリのハマチクラス(60cmぐらい)も、やり取りを雑にしなければ上げれるので
普通によく釣れる指4本半程度の太刀魚であれば、4号 16lb以下でも
問題ありません。

太刀魚の活性が悪い渋い時であれば、もう少し細いショックリーダー
を使ってもいいかも。

ワインドであれば太刀魚の歯にあたることも多いので
ショックリーダーはやや太めの設定がいいですね
7号 28lb程度であれば、切られることも少ないです。

 

6本指の太刀魚が釣れるpeやリーダーの号数

 

ここではショアから釣れる最大サイズの太刀魚といえる
6本指に耐えれるラインの号数を記載しておきます。
実際に釣って検証したので間違いないです。

まず太刀魚 6本指を実際に釣ったpeやリーダーの号数を
紹介しておきます。
ランディングの際はタモを使わずぶっこ抜きです。

6本指の太刀魚を釣ったラインの号数

  • PEライン 4本編み 1号

  • ショックリーダー フロロカーボン 4号

 

6本指というのは、近海から釣れる太刀魚の普通種の
ほぼ最大サイズ
のようなので、(長さは1m30cmぐらい)
このあたりのpeやリーダーの設定でも、
船から太刀魚を釣る際でも問題ないと思います。

船からのジギングや餌の場合は
太刀魚の歯にあたる可能性が高いので
ショックリーダーはかなり太い設定になります。

 

太刀魚を釣るのにpeやリーダーは何号が必要?と同じカテゴリ

 

太刀魚を釣るのにpeやリーダーは何号が必要?を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚 ワインドで使うライン(PE,リーダー)について
太刀魚 ワインドで使うライン(PE,リーダー)について

太刀魚ワインドで使うライン太刀魚ワインドで使うラインはリールからワインドの部分を結合するまでに基本的には数種類のラインをつける必要があります。これはワインドの動きよくしたり、太刀魚の鋭い歯でラインを噛み切られないようにするために必要です。これからワインドを始める方は判りづらいと思いますので種類のラインリーダーについての役割をメモしておきます。太刀魚ワインドで使うラインの種類ライン道糸ショックリーダ……

太刀魚 メタルジグの釣り方
太刀魚 メタルジグの釣り方

どんな時にメタルジグを使うべきスローで巻いたときはおそらくワームに分があると思われるので、まだ明るく視認性が高いような時間帯がおすすめです。朝まずめでもう地合いが終わったかなというような時に広範囲に探るような時もおすすめできます。それと夕マズメでまだ明るいような時間帯など。釣り場全体が常に明るいような場所ではどんな時間帯でも比較的つれたりします。太刀魚釣りでのメタルジグの使い方メタルジグの特性上、……