太刀魚ルアーで釣りやすい時期や時間

太刀魚が釣れやすい時期

ルアーで釣りやすい時期

 

冬の時期などでも年中狙うことができる
太刀魚ですが、比較的ルアーで釣れやすい
時期というものがあります。

 

夏太刀の時期 4月の終わり頃~6月

本シーズンの時期 7月~12月頃まで

 

夏太刀の時期の方はそれほど釣れることはないです。
本シーズンが釣れる時期になりますが年によって
やや誤差があります。

 

本シーズンに入るのが場所によって7月だったり、8月だっり
します。

シーズンインの時はサイズは2本とかなり小さいです。

 

でこの時期の中で一番ルアーで釣れやすい時期を上げると
すると、9月~10月の初旬です。

 

太刀魚の産卵シーズン

特に産卵のシーズンあたりはかなりの爆釣りになることも
あり。

 

何年だったか忘れましたがかなり昔9月の終わりの満月の時でしたか
小雨の降る深夜の3時ぐらいからがスタートでした。
餌釣りだったにもかかわらず投げると数秒もしない間に確実に
一発で食ってくるような爆釣りの時がありました。
その時は2時間ぐらいで50匹釣りました、餌釣りのみで。

しかも太刀魚を初めて3回目の釣り行だったので(笑)
太刀魚って、こんなに釣れすぎる魚なのかと思った事が
まだ鮮明に記憶に残っています。

 

おそらく産卵後あたりの時期だったのでしょうかね。
9月~10月によく行ってたらこういうのに当たる事もあるかも
しれません。

ワインンドで爆釣りする時は卵を持っている個体が
多いので、一番釣れる時期は太刀魚の産卵シーズンというのが
一番適切なのだと思います。

大阪湾だと、9月~10月の間だと思いますが他のエリアだと
やや異なるかもしれません。

 

 

ルアーで釣りやすい時間

太刀魚が釣れやすい時間

 

ルアー (夏、初秋)7時~8時 (秋、冬)5時~7時

 

餌釣り (夏、初秋)7時~翌朝5時 (秋、冬)5時~翌朝6時

 

マズメがコンスタンスに釣れる時間

上のように、餌にくらべると時間が短くなります。
チャンスを逃しても釣れることは釣れますが、渋い時は
かなり粘るかランガンしないと釣れない事も多い。

 

時間は決まっていて、ルアーで釣れるのマズメがほとんど
それ以外の時間でべた凪の時は食い渋って
同じ場所ではショートバイト一回だけというのがかなり多い。

餌釣りの場合そういう時間帯であっても
釣り方によっては釣ることが可能。

 

ルアーであっても波が強い日などであれば、同じ
場所で同じルアーを投げていてもマズメ以外でも
定期的に釣れることもある。

 

 

ベイトが動かない時間帯はルアーへの反応が悪い

 

上記したことから状況から考えると
太刀魚は『ベイトが動かない時はルアーへの反応が悪い』と
いうこと。

他のフィッシュイーターもそれに近いものがあると思いますが
太刀魚の場合、簡単にルアーに手出ししてくれる事もあり
反応が見やすいので、それが極端に判りやすい。

 

餌釣りをやったらよくあることですが
太刀魚が餌の先端に噛みついているような時に、下手にラインを
動かすとすぐにそれを離してしまいます

ラインにテンションがかかったから離すのか
死んだような魚からの違和感のある動きがあるから
離すのか判りませんがとにかく、すぐに餌を離してしまいます。

 

ルアーはドリフトさせる事を除いて
例えデッドスローでも、ほとんどが動かす釣りなので

あまり釣れないような時間帯は、上記した餌の時と
同じように、喰いついたとしてもすぐに離してしまうの
がルアーで釣りづらい原因なのかと思います。

釣れるような時間帯、マズメであったりすると
「ルアーをすぐに離してしまう」ことがなく

簡単に釣れてしまうことがほとんどです。

 

※Flap釣り法は比較的餌釣りが釣れるような時間帯でも
良いといわれているので、Flapの場合はいいのかも
しれません、未確認なのでここではFlapは省いておきます。


太刀魚ルアーで釣りやすい時期や時間と同じカテゴリ