太刀魚 ワインドで使うジグヘッド 重さの使い分け

太刀魚 ワインドで使うジグヘッド 重さの使い分け サルネイム

 

ジグヘッドの重さなど

 

太刀魚のワインド釣りに使う、ジグヘッド
重さもいろいろな種類があります。
そのジグヘッドの重さ別にどのような状況で使うか
書いておこうかと思います。

良く使うのはオンスタックルデザイン社のZZヘッド
ですが、重さが同じであれば他社の製品のジグヘッドでも
使い分けるような状況は同じかと思います。

 

各ジグヘッドの重さ

  • 1/4oz(約7g)
  • 3/8oz(約10.6g)
  • 1/2oz(約14g)
  • 5/8oz(約17.7g)

 

ワインドはきっちりとロッドを動かせば、どの重さでも
釣れることができますが、状況によっては使い
づらかったり、釣果を伸ばしづらいので適切な重さのものを使う
と釣れやすいです。

 

太刀魚 ジグヘッドの重さ 1/4oz(約7g)

釣り場が浅いような所やシーズンインしてまだタチウオの小さい
時などに利用するとよいジグヘッドの重さです。
重いジグヘッドであればヒットが出ずらいという時に重宝します。

他の重さに比べると繊細に攻めるような時に使うと
いいでしょう。

太刀魚の場合マズメに入ったまだ明るい時は、だいたい
ヒットレンジが浅いことが多いです。

そいう時に1/4ozのジグヘッドで攻めるとあまり沈まないので
表層付近が攻めやすく釣れやすいです。

シーズンインして、太刀魚の数が増えてきた場合
フォール中にもフッキングすることも多いので、深いような釣り場では
1/4ozの重さで時間をかけてフォールさせヒットさせ釣るという楽な
方法もあります。

向かい風などの時などはあまり飛距離はでないです。

1/4ozの重さを使うような状況

  • タチウオのサイズ 小さい(F2)
  • ヒットレンジ 浅い
  • 風 ほとんどない~弱い

 

 

太刀魚 ジグヘッドの重さ 3/8oz(約10.6g)

3/8ozもやや1/4ozに似ているような状況で使うのがいいです。

これもヒットレンジが浅いときや、シーズンインしてまだタチウオの小さい
時などに利用するとよいジグヘッドです。

1/4ozでもいいけど、もう少し飛距離がほしいな~、と
いったような時などには使えるような重さです。

3/8ozのサイズもまずまず使えますね。

 

3/8ozの重さを使うような状況

  • タチウオのサイズ 小さい(F2)~普通(F3)
  • ヒットレンジ やや浅い
  • 風 ほとんどない~普通

 

太刀魚 ジグヘッドの重さ 1/2oz(約14g)

ジグヘッド 1/2ozで釣っ太刀魚

ほとんどのシーンでオールマイティーに使うことができる
重さのジグヘッド
です。

メインで使うジグヘッドの重さ、まだジグヘッドを
購入していない方はこの重さをまず最初に買うことを
オススメします。

PE1号ぐらいでもそれなりに飛距離はでます
ロッドが短かったりラインが太いと、これ以上軽い重さのジグヘッドを
使うと飛距離が出ずに、1キャストごとにダートさせる回数がすくなく
なります
ので該当するような方は1/2ozか 5/8ozにしましょう。

 

1/2ozの重さを使うような状況

  • タチウオのサイズ 普通(F3)~大きい(F5)
  • ヒットレンジ 普通
  • 風 ほとんどない~強風

 

 

太刀魚 ジグヘッドの重さ 5/8oz(約17.7g)

5/8ozの重さを使う場合はずはり、強風で
波が強すぎるような時です、波が強い時でもPEラインから
しっかりとダートしている感じが伝わってきます。

波が荒い時は、糸ふけがすぐに出るためか軽いジグヘッドを使い
ダートさせるとワンテンポ遅れてくる
というか、リールを巻くときに
何度かまかないと、ロッドしゃくった時にジグヘッドに伝わらないので
そういう時のために5/8ozの重さを使います。

他にはヒットレンジが深い時です、手返しよく深いレンジの
太刀魚にアプローチするためにも5/8ozを使います。

比較的大きいサイズのものは、深いレンジにいることが
多いので大きいサイズの太刀魚のみ狙いたいという時もおすすめです。

 

5/8ozの重さを使うような状況

  • タチウオのサイズ 普通(F4)~大きい(F5)
  • ヒットレンジ 深い
  • 風 普通~強風

 

 

太刀魚 ジグヘッドの使い分け まとめ

1/2ozの重さのジグヘッドの画像

基本は 1/2oz(約14g)である程度対応できることが
できます
、小さいF2クラスの太刀魚でも、アシストフックさえ
付けておけば、問題なく 1/2oz(約14g)の重さでも釣れます。

どうしてももう一つ持っておきたいという重さのジグヘッドは
5/8oz(約17.7g)です
、実際に強風で波が荒れているような
時にワインドしてみるとわかりますが、軽いものだと違和感を
感じ、飛距離もでないのでこの重さも持っておきたいです。

1/4oz(約7g)、3/8oz(約10.6g)のサイズを使うときは
太刀魚の活性が悪いような時やサイズが小さい時などにおすすめ。

 


太刀魚 ワインドで使うジグヘッド 重さの使い分けと同じカテゴリ

 

太刀魚 ワインドで使うジグヘッド 重さの使い分けを見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚(餌釣り,ルアー) ケミホタルの付ける位置
太刀魚(餌釣り,ルアー) ケミホタルの付ける位置

太刀魚釣りのケミホタルは、餌釣り、ルアーとともにつける位置によってはかなり太刀魚の反応が変わる重要な要素です。実釣りの中の経験から感じたことを載せておきます。ケミホタルを餌やルアーから離す適度な位置は釣り場の状況、太刀魚の活性によって変わるということが言えます。まず結論から言うとケミホタルをルアーや餌からの距離が長くする場合は太刀魚の活性が低い時釣り場(海中)が見えやすいケミホタルをルアーや餌から……

サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方
サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方

堤防から比較的お手軽に狙える青物サゴシのルアーでの釣り方をいろいろと載せておきます。サゴシサワラの釣り方ワインド朝マズメのいわゆる爆釣りするような時はワインドがかなり釣れやすいのですが、シーズンによっては太刀魚もかなり掛かります。太刀魚が不要な方は別の方法のほうがいいでしょう。捕食スイッチが入っていない時はいまいち効果的でないような気がします。飛距離は出ませんので、近い所を回遊している時に。ワーム……