太刀魚 ワインドで使うライン(PE,リーダー)について

 

 

太刀魚 ワインドで使うライン

 

太刀魚ワインドで使うラインはリールからワインドの部分を
結合するまでに基本的には数種類のラインをつける必要があります。
これはワインドの動きよくしたり、太刀魚の鋭い歯でラインを噛み切られ
ないようにするために必要です。

これからワインドを始める方は判りづらいと思いますので3種類のライン(リーダー)に
ついての役割をメモしておきます。

太刀魚ワインドで使うラインの種類

  • PEライン(道糸)
  • ショックリーダー(ラインリーダー)
  • ワイヤーリーダー

 

リールからのつけ方を順に並べると

リール

PEライン(道糸)

ショックリーダー(ラインリーダー)

ワイヤーリーダー

ワインドヘッド

 

 

太刀魚 ワインドで使うPEライン

 

よくワインドではPEラインを使うのが一般的とされています。
なぜPEラインを使うべきなのかという理由を最初にまとめておくと。

  • ワインドの動きがよくなる
  • 飛距離が伸びる
  • フッキング率が上がる

 

などのことからワインドではPEラインを使うべきと
されています。

 

 

ワインドの動きがよくなる

PEラインを使うと、ナイロンやフロロカーボンに比べて
ワインドの動きがよくなります

これはPEラインがより糸で作られている為伸びが他のラインに
比べると少ない
ということ関係しています。

 

ナイロンなどのラインを使っていると動きが悪くなるので
全然釣れないという可能性もあります。

私もはじめの時は、道糸にナイロンを利用していましたが
PEラインを使ってワインドさせると
数倍ぐらいは釣れやすい気がします。

 

 

飛距離が伸びる

PEラインは他のラインに比べると非常に軽いです。

このことから飛距離は非常に伸びます。

ワインドの場合、あまり飛距離が出ないと1キャストに3回程度
ダートさせて終わりということにもなります。

より広範囲に探れて、多い回数のアクションを太刀魚に見せつけたほうが
太刀魚との遭遇率もあがり釣れる可能性はまず上がると考えられます。

 

フッキング率が上がる

これもPEラインの糸の伸びが他のラインに比べると
少ないということ関係しています。

糸が伸びたような状態でロッドをしゃくらせても
せっかく太刀魚がワインドにバイトしてきても。

たんに糸ふけをとったのみでしっかりとフッキングしない
ということに
もなります。

特に風の強いときや、波の流れの早い時などに
起きやすいです。

 

道糸はPEラインにする

 

これらの事から太刀魚のワインドで使う道糸はPEラインにするのが
ベストです。

他のラインでも釣れないことはないですが、一度じっくりと使ってみて
ワインドを動かしてみれば、もう他のラインには戻れなく
なるはずです。

 

 

ワインドで推奨するPEラインの太さ

 

1号(15lb)以下

太刀魚の場合、0.6号(8lb)とかでも問題ありません。
ラインが引きちぎれたような場合、ほとんど結束部が弱く
取れているはずです。

堤防から釣れる太刀魚のサイズはせいぜい5本指ぐらいのものが
ほとんどなので、0.6号の新品のPEラインを使っている場合では
まずラインが切れるということは少ない
でしょう。

ラインの消耗に気を配っている限りほとんどラインブレイクする
ことは少ないかと思います。

PEの特性を生かすためにも太刀魚のワインドは細い
PEラインを使ったほうが良いです。

 

 

太刀魚 ワインドで使うショックリーダー(ラインリーダー)

ワイヤーリーダーを使う場合必要のないように
思えますが、しかしショックリーダーも必要性があります。

以下のような理由からPEラインにショックリーダーを
付ける必要があります。

  • PEラインは擦れに弱い
  • PEライン直結は結束強度が低い
  • PEラインのみだと伸びがない為ブレイクしやすい
  • ワイヤーリーダー以外の部分を噛まれる時もある

 

PEラインは擦れに弱い

 

基本的にPEラインは引っ張り強度は強いですが、擦れに対して
弱い
です。

堤防などからワインドで釣る場合は堤防の先端の
部分にこすらせてしまうことや
テトラなどでワインドさせるとはかなり擦れる事に
なるかと思います。

特に風が強い時などはどこにいったのかが判らなくなり
擦らせてしまう事が多くなります。

このような擦れに対して弱いですので、フロロカーボンなどの
ショックリーダーが必要です。

 

PEライン直結は結束強度が低い

PEラインはより糸で作られている為、非常に細く
直結でワイヤーリーダーなどと結束すると、結束強度は
弱くなります

そのために中間にショックリーダーを挟んで
おく必要性があります。

 

PEラインのみだと伸びがない為ブレイクしやすい

 

太刀魚の場合、引きもそれほどでもないのでこれは
そこまで重要な要素ではないですが、アングラーが気合を
いれて勢いでロッドを動かしている場合にフッキングした時は
衝撃に耐えられずラインブレイクしてしまうかもしれません。

ワイヤーリーダー以外の部分を噛まれる時もある

ワインドの釣りでは毎回、アクションを加えて動かせ続けることが
多いです、そのため太刀魚が変な場所から噛みついたりして
ショックリーダーをくわえたままワインドに食いついてくる
こともあり
ます。

そのために、細いPEラインを使う場合はある程度の太さの
ショックリーダーをつけておいた場合なんとか助かる場合も
あります。

ただし釣り上げるとショックリーダーを噛まれたかはわかりづらいので
ワインドで爆釣りの場合などは釣れるたびに少しだけ
ショックリーダーも確認するとワインド一式をロストする確率が
すくなくなります。

 

ショックリーダーもつけるべき

PEラインにショックリーダーをつけていない場合
強度は半分程にまで落ちると言われています。
太刀魚の歯にワイヤーリーダー以外も
噛まれる時もありますので必ずつけるようにしておいた
ほうがいいでしょう。

 

ワインドで推奨するショックリーダーの太さと長さ

太さは30lb以下のフロロカーボン
歯で噛み切られる可能性もありますし、やや太目にしておいたほうが
いいですが、あまり太いと太刀魚にばれやすくなり
釣れづらくなります。

 

ショックリーダーの長さはあまり長くする必要はなく
目安としてはロッドの1/3以下の長さにするのがおすすめです。
あまりにも長すぎても、ワインドの動きが悪くなるので程々の
長さが良いです。

 

 

太刀魚 ワインドで使うワイヤーリーダー

 

ワイヤーリーダーを付ける理由は、太刀魚の鋭い歯でラインを
噛み切られないよう
にするためです。

 

太刀魚の鋭い歯
(このように鋭く、手を触れるだけで切れます)

ワインドの釣りではワイヤーリーダーをつけたほうが
いいと思いますが、しかしワイヤーリーダーを付けていると、太刀魚にばれやすく
活性がいまいちの時などは、釣れづらくなります。
特に、まだ明るい時間帯などにはその傾向は強くなります。

なのでここではワイヤーリーダーを
外す場合についての事に関してを書いておきます。

 

ワイヤーリーダーを外す場合

  • 太刀魚の活性が低い時
  • シーズンイン直後で太刀魚のサイズが小さいF2~F3のサイズ

 

という事に絞って外したほうがいいでしょう。
活性が低い時でも、サイズアップしている時はラインを切られる
可能性はかなり高いのでワイヤーリーダーをつけておいたほうが無難です。

 

どうしても釣りたい場合はワイヤーリーダーを外すというのも
一つの手ですが、ある程度の太さのショックリーダーで
なければ噛み切られる確率はかなりあがりますので注意。

 

身を切って骨を断つというような戦法ですので
釣れるごとにショックリーダーの先端部分の傷みを確認して
傷んだところをすべてカットしてまた結束しなおす必要があり。
これを毎回行うのは面倒です。

太刀魚からの反応が一切なくてしょうがないという時に
だけにしたほうがいいです。

 

太刀魚 ワインドで使うライン(PE,リーダー)についてと同じカテゴリ

 

太刀魚 ワインドで使うライン(PE,リーダー)についてを見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚の餌釣り 釣れない場合のオススメ
太刀魚の餌釣り 釣れない場合のオススメ

タチウオの餌釣りでどうしても釣れないといった場合で試してみて欲しい事を掲載しておきました。渋いときは一晩粘ってもダメ。で、もう本当に嫌になる時なんかの暇つぶしに試しみることをお勧めします。飲ませ用の餌をジグサビキで釣るエサ不要のジグサビキで飲ませ用の餌を釣るという方法。竿を何本もある方はジグサビキの仕掛けを持っていくことで、タチウオ釣りの飲ませ用の餌を釣る事が出来たりもします。ジグサビキは昼だけで……

太刀魚 バイブレーションの釣り方
太刀魚 バイブレーションの釣り方

だだ巻きでも太刀魚が釣れるバイブレーションメタルバイブやちょっとした使い方のコツなどを紹介しておきます。堤防から広範囲に反応する太刀魚をサーチできるので素早く太刀魚を釣りたい人におすすめできます。かなり広い大場所で使用するのが理想的です。思いのほか簡単に釣れます。太刀魚釣りバイブレーション使い方飛距離を生かして、辺りをくまなくキャストしメタルバイブに反応する太刀魚を探るというという使い方がいいです……