太刀魚 ワインド用おすすめワーム スパーク(Spark)

太刀魚 ワインド用おすすめワーム スパーク(Spark)

AquaWave スパーク(Spark) をおすすめする理由

スパーク(Spark) レッドヘッドの画像

主にAquaWaveのスパーク(Spark)をおすすめする一番の理由は
『他のワインド用のワームよりも耐久力がある』
という所にあります。
パッケージの横に少し「切れにくいタフネス素材!」とシールで書かれて
いますが、もっとデカく主張してもいいぐらいの強い素材であります。

 

 

おすすめ 理由① 耐久力がよくコスパがいい

 

スパーク(Spark)以外の他のワインド用のワームは太刀魚の
鋭い歯でショートバイトされると、すぐにボロボロ
されることもあり。
一匹も釣れていないのにすぐにワームを
交換しないといけない
などということもあります。

ワームは多めに入っていますのでそれほど気には
ならないかもしれませんが、計算してみると
無駄にコストを使っているということがわかります。
700円程度で 5~7本程度入っているワームが多いと思いますが。
1本あたり約100円程度の値段です。

ショボいショートバイトだけで100円使ったと考えると(笑)
釣り具よく買っている人でもあまりいい気は
しないでしょう。

スパーク(Spark)を使うまでは、他のワームと同じゴムみたいな
製品なんだし大したことないのでは?
と思っていましたが、かなり強くておすすめです。

他のワームと比べどれぐらい使えるのかと
いいますと、あまり詳しい実験みたいなのはしていませんので
アバウトでしかありませんが、数十倍以上は長く
使えるような気がします

 

おすすめ 理由② 太刀魚の活性がよくてもボロくならない

スパーク(Spark) イワシの画像

特にマズメなどで活性がよく爆釣れの時
手返しの早さが必要な時などは、ほとんどの人は
ワームを交換して時間を取られたくないかと思います。
そういう時こそスパーク(Spark)は本当に役に立つワインド用のワームです。

マズメに太刀魚を多く釣るのを目指している方や
いちいちワームの交換なんてやってられないと思っている
方などは『スパーク(Spark)』が一番合っています

30~40匹釣れば普通のワインド用のワームであれば
使えないぐらいぼろぼろですが、スパーク(Spark)の場合少し傷がついた
程度ですむ事もあり
ます。
それほど切れに対しての耐久力は強いです。

 

 

おすすめ 理由③ トレブルフックが抜けずらい

スパーク(Spark)以外のワームを使っているとトレブルフック
が抜けやすいです。

トレブルフックが抜けやすいということは、位置が動き
やすいということで、真っ直ぐに泳がない
原因
となります。

そうなれば、やや太刀魚に違和感を与えてしまい
釣れづらくなってしまいます。

他のワームは爆釣れの時のトレブルフックのズレは顕著で
何度も修正するのはかなりストレスが溜まると感じます。

太刀魚が爆釣れの時こそスパーク(Spark)の価値が
発揮されます

スパークの耐久力

 

で実際どれぐらい釣って傷がどのぐらい付くかという画像を
のせておきます。

太刀魚 多量

この画像にあるものはほとんどすべて同じスパークで釣り上げました。
で釣った後の傷の画像がこちら

スパーク(Spark)の傷
(アシストフックは利用しています。)

まだ一度もスパーク(Spark)を使ったことがない人だと、嘘のように
思えるかもしれませんが、本当にこれぐらい程度しか傷がつきません。
それほど強い切れにくいタフネス素材です。
(やや運の要素もあるかもしれませんがw)

 

 

 


太刀魚 ワインド用おすすめワーム スパーク(Spark)と同じカテゴリ

 

太刀魚 ワインド用おすすめワーム スパーク(Spark)を見ている人は他にこんなページもみています

タコ釣り 堤防からの5つのポイント
タコ釣り 堤防からの5つのポイント

やり方さえ分かってしまえば、魚を釣るよりも簡単なタコのルアー釣りを紹介しておきます。タコといえば、船などで沖のほうにでないと釣れないのではないのとよく思われがちです。少数であれば足場の良い堤防からでも釣れますので初心者にもおすすめできるルアーフィッシングの一つかと思います。タコが居る場所根がかりしない場所で釣るタコが居る場所というのは、今は釣果が見れるネット上のいたる所にあるので、近く釣り場で検索……

太刀魚に似た魚の種類 ナガユメタチモドキなど
太刀魚に似た魚の種類 ナガユメタチモドキなど

ここで紹介する太刀魚に似ている魚はすべてスズキ目タチウオ科に属する魚、深海魚もいたりして近海ではそれほど釣れないように思えたりするが、船で太刀魚やキンメダイを狙った時などは時釣れることもある。かなり似ている魚が多いので、いままで船で釣った人もそのまま太刀魚と自分の中で確定して、釣れた釣れたなどとの扱いをしてしまっている人もいるかもしれない。知っていれば、かなりレアものなのだから写真の一つぐらいはと……