太刀魚のワインド 釣れない問題を解決!

太刀魚のワインド釣り法はタチウオの活性が
いいときやると他の釣り方よりも間違いなく釣れます。

 

少し大げさかもしれませんが

ある程度状況がそろっていれば90%以上の確立で釣れると
言っても過言ではありません。
もちろん条件が揃っていなくても
シーズンインしていてタチウオの数が多ければそれなりに
釣れます。

 

ではこれほど釣れやすい太刀魚(タチウオ) ワインド釣り

何故釣れないのか?

という問題を見ていこうかと思います。

 

 

太刀魚(タチウオ) ワインド 釣れない理由

太刀魚(タチウオ) ワインドの画像

 

釣れない理由① PEラインを使っていない

 

太刀魚(タチウオ) ワインドでは正確にロッドを操作すれば
ナイロンやフロロカーボンを道糸に使っても釣れます。

これは釣れる釣れないに関しては他の理由と比べると
大きい事ではないですが、PEのほうが間違いなく
ワインドの切れがいいし、スムーズにロッドの動きが伝達
する
のでロッドを動かしていて心地いいです。

軽く短いロッドを使う場合には
PEラインでないと飛距離が出せないという問題はあります。

タチウオの場合使うPEラインもそれほど太い必要性はなく飛距離を
出したい場合1号以下で問題はないです、5本指サイズでも問題なく
上げることができます。

 

解決策

どうしてもナイロンやフロロカーボンを使いたい
場合以外はPEラインに交換。
以下の記事でワインドで使うPEラインなどについて載せています。

 

釣れない理由② ロッドやリールが重い

これは下の「釣れない理由④ 重要 ロッドをしゃくらせていない」
の問題を出す原因となっているかと思います。

重いロッドやリールを使ってワインドさせていると
数回投げるだけで嫌になります

長いロッドであればロッドをしゃくらせるときに、違和感の
ような動きが出てしまうかと思います。

重いロッドやリールを使うのであれば
だだ巻きのみになってしまうでしょう。

 

解決策

エギング用などの軽いロッドやリールを使う

ロッドは150g以下の重さのものが良いです。
ある程度短く、例えば3m以下のロッドであってもPEラインを利用
していればまず、タチウオがいるようなポイントにまでは
だいたいキャストできます。

ワインドでタックルまで買いなおすのはちょっとという方は
パワーシャッドがおすすめです。

 

釣れない理由③ ワームをまっすぐに刺せていない

釣れない理由③ ワームをまっすぐに刺せていない

まっすぐに刺せていない場合、まっすぐにワームが
泳がないことになります。

これはワインドさせた時の動きに問題がでるので
ややタチウオが釣れずらくなります。

しかし、周りがかなり暗くなって来ると多少の誤差であれば
それほど重要ではないような気がします。

解決策

ワームをまっすぐにセットして、キャスト
だだ巻きして、まっすぐ泳いでいるかを確認する。

 

 

釣れない理由④ 重要 ロッドをしゃくらせていない

太刀魚のワインドでは、だだ巻きで釣るのと
きっちりとしたワインドのしゃくり方とでやるのと
を比べると、数倍ぐらいの釣果の違いがでてきます。

これは何度もタチウオの釣り行で、横でだだ巻きで
やっている方と比べたことなので
実際にタチウオの活性がいいときはかなり違いが出て。
違いが出るときは10倍ぐらい出るときもあります。

太刀魚のワインド しゃくり方は
ある程度操作を覚えてしまえば簡単です、
プロの方が言っていましたが自転車を漕ぐような
感じに本当に似ています。

 

解決策

軽いロッドやリールを使い、適切なしゃくり方で
ワインドを行う

 

簡単な太刀魚のワインド しゃくり方

まずは

タチウオのいそうな所キャスト

タチウオのいそうなレンジまで落とし込む

リールを巻いてラインの糸ふけを取る

あとは以下繰り返す

竿を上げる

リールを1回転ほどまく

竿を下げる

 

自転車のペダルを漕ぐのにたとえてみれば
竿を上げるのが左足を使うことで
リールを巻くのが右足を使うような感じです。

 

釣れない理由⑤ かなり重要 釣れない時にやっている

ワインドはやはりルアーフィッシングであり、タチウオの活性が
良いときを狙わないと、多くの釣果はのぞめません

さらにワインドの場合、ロッドをしゃくらせる必要が
あり疲れがあります。

実際には疲れるよりも、周りの釣り人が餌釣りしている中で
一人だけ淡々とロッドを動かすのが辛くなってくると
いうのがリアルな話ですが。

これらのことがあり、できるだけ短時間でタチウオの活性が
いい時を狙ってワインドする
必要があります。

湖のような波がないような時は基本的に、タチウオの活性は
悪いことが多いです、特に湾内であれば多いと思います。

 

解決法

釣れるような時合を狙います。

  • シーズンインしていてタチウオの数が多い
  • 大潮(実際の海もかなり波があり、時に塩見表はズレあり)
  • マズメの時間帯

 

のようなタチウオの活性がいい時に適切にワインド釣り法を
行えば、ほぼ釣れると思います。

釣り場によっては朝マズメがすごい所も多いので、一度朝の5時まで付くように
行ってみてください、爆釣りになる確率が高いです。

 

ワインドで多量に釣れた太刀魚の画像
(いい時にあたれば数十分でこれぐらいは普通に釣れます。)

 

釣れない理由⑥ かなり重要 アシストフックを付けていない

アシストフックの画像

 

これは特にサイズが小さい時やタチウオの活性がやや落ちるとき
には重要
となります。
ほとんど釣れた時にかかる場所はアシストフックです。

アシストフックを付けていないと
アタリが出たとしても、ショートバイトぐらいで
ワームの部分をボロボロにされただけの貰い損になって
しまうこともよくあります。

時々ワイヤーなどに絡むことがあり、ちょっと面倒ですが
ワインドさせる時はアシストフックを必ずつけて
おくべきです。

大きいサイズのタチウオとなると、餌を丸のみすることも
多く重要度は落てきます。

 

解決策

アシストフックを買ってくる。

アシストフックの付け方
アシストフックの付け方

画像のようにアシストフックをトレブルフックに突き刺すだけです。

 

 

釣れない理由⑦ 重要 ワームの使うカラーに問題あり

ワームの使うカラーは軽視されていると思いますが
かなり重要です。

入れ食いのような状況を除いて、適切にカラーを使い分ける
ことで釣れる数を伸ばすことができます

時間帯や、潮のすみぐあい、タチウオの活性など
いろいろと考えることは多く難しいと思います。

 

ここではピンポイントな状況での解決策を載せておきます。

解決策

オンスタックルのものばかりですが、使わない方は似たような色を

すみ潮の場合はワームの透明度の高いタイプを選択

 

夕マズメややまだ明るい時

ピンクやオレンジ系

オンスタックル マナティー ピンクやオレンジ系

これらもそれなりに釣れるカラーです実績はそれなりにあり。
ワインド(オンスタックルMT-19)で釣っ太刀魚

 

かなり暗くなってきた時

ブルピンイワシ

オンスタックル マナティー ブルピンイワシ

ブルピンイワシは本当に釣れるカラーで一番おススメのカラーです。
和歌山~神戸の大阪湾で広範囲にかなり試してきましたが
適切な時間帯にブルピンイワシを使ってワインドすれば渋いときでも
なんとか一本とかは狙えます、爆釣りも何度もあり。

 

 

周りが真っ暗

パールホワイトやグロー

マナティー パールホワイト

夜間に実績がかなりあります。
普通にセットもので付属されているのはこれらの
カラーがほとんどなので、周りが真っ暗な時にタチウオの活性が
いいような時でないと釣れづらいと思われます。

パールホワイトやグローは特に満月に効くカラーです
満月の時は夜間でもケミカルを付けづにも真夜中まで爆りつづけたこともあり。

 

 


太刀魚のワインド 釣れない問題を解決!と同じカテゴリ

 

太刀魚のワインド 釣れない問題を解決!を見ている人は他にこんなページもみています

アジサビキまとめ 大阪湾の釣り場
アジサビキまとめ 大阪湾の釣り場

アジサビキ釣り、アジの下処理、調理法、大阪湾の釣り場に関してサイトでいろいろと書いたアジに関しての記事などをまとめて紹介しているページです。アジの釣り方初心者の方のために一様仕掛けを載せておきます。市販サビキのパッケージの裏にこのようにサビキの釣り方がよく載っていますサビキの説明仕掛けの一番下にカゴをセットし、その中にマキエを入れます。そのまま海へ落とせばマキエが散り、つられて魚がかかります。時、……

太刀魚におすすめワーム ガルプ(Gulp!)
太刀魚におすすめワーム  ガルプ(Gulp!)

は動きでの誘いはないようなワームなので匂い以外のアピール力はなさそうである。動きでのアピールが欲しい場合は他のを。ガルプを太刀魚釣りにおすすめする理由ガルプがおすすめできる理由は匂いで魚を誘うという特徴をもっていること。特にガルプの場合それがかなり強いので動きでの誘いに対して、太刀魚が反応しなくなった時に強いです。実際に匂いで魚を誘うという効果がどのように実釣りで強みがあるのかという理由を載せてい……