太刀魚 パワーシャッドでの釣り方

太刀魚 パワーシャッドパッケージ

ワインドのやり方がわからないという初心者の方にも
リールをだだ巻きするだけでも釣れるのでおすすめできるワーム
パワーシャッド。

太刀魚釣りで使う場合のパワーシャッドについての
紹介です。

 

 

どんな時に使うか

 

パワーシャッドをどんな時に使うかというと
マズメ以外の時間の

『太刀魚の低活性時

 

に使うといいのではと実際の釣りをしていて感じます。

だだ巻きでもテールでアピールするので太刀魚の活性時に
使ってもワインドに匹敵するように釣ることもできます。

しかし本当に活性が高いような時は、ワインドのほうが数
を伸ばせることのほうがまず多いです。

 

ワインドしても軽いロッドやリールであれば、それほど疲れることは
ないですが釣れるかどうかわかりづらい低活性時にまで
ワインドアクションを延々と繰り返すのはめんどくさい

いうのが本音の話。

 

パワーシャッドはだだ巻きしても、テールの動きで
太刀魚を誘い釣ることができるので、長期戦にいどむ時などに
おすすめできるワームです。

 

太刀魚釣りでのパワーシャッドのサイズ

パワーシャッドは3インチ4インチ5インチといったサイズが
売られています。

なかでも『3インチがおすすめ』です

 

理由はいろいろとあるが一番は釣れやすいということ。

大きいサイズの物よりも釣りのなかでの適応範囲が広い
ということが言えると思います。

 

低活性時のダダまきしてアクションをつけずワームで
釣る場合は、どうしても大きいサイズでは太刀魚が警戒してか
食いにまで繋がらないようなことが多いです。

5インチを使っているとフックの付いていない中央の部分だけに
ショートバイトされてパワーシャッドだけが
ボロボロにされるということになりやすいです。

特に太刀魚のサイズが指2本ぐらいの小さいサイズの時には
大きいサイズの餌を丸のみすることは少ないです。

歯が鋭いフィッシュイーターはあまり労力を使わないために
大きいベイトを捕食するときは、一度噛んでから弱らせて
時間をかけて捕食することも多いです。

 

太刀魚でもすぐに丸のみ出来そうな3インチのサイズと
いうのはすぐにフッキングにまで繋がりやすく釣れやすい
いう事が多いので3インチがおすすめできる理由です。

 

逆に大きいサイズが必要な時というのはどのような場合かと
いいますと、海の中の光量などが少ない時で
太刀魚から餌がかなり見えにくい場合に使うといいです。
具体的にポイントを上げると。

 

  1. 海の濁りが強く、透明度が無い
  2. 月明り、人口の光がほとんど無い
  3. 波が強い

 

1)海の濁りが強いという場合には、大きいサイズを使うのは
なかなかおすすめできるような状況です。
このような時は3インチでアタリが出ずらい時に大きいサイズに
変えてみるとアタリがよく出だすということもあります。

2)月明り、人口の光がほとんど無いという時は
それだけで、十分に餌が見えずらくなります。
しかし波がないような場合、太刀魚が餌かどうかをじっくりと
観察できますのでやや弱い要素です。

3)波が強いというのは太刀魚からしてみれば常に動きのある
中でじっと餌かどうかを見つけづらい状況です。
これもアピール度の高い大きいサイズのものが良いとなります。

 

実際に何度か波の強い日にパワーシャッドの5インチを使って釣ってみましたが
すごい強力です、かなりの入れ食い状態でした。
がその後はパタッとアタリが消えてしまいましたが。

 

基本的に使うサイズは3インチでも問題ないのですが

海の濁りが強く、透明度が無い
月明り、人口の光がほとんど無い
波が強い

の3つのポイントの強さや、太刀魚のサイズによって
使うパワーシャッドのサイズを決める
のがいいです。

 

パワーシャッド つけ方

 

 

昔のパワーシャッドのパッケージにはつけ方が載っていましたが
現在販売されているパッケージには載っていません。
写真ような形が完成図となります。

パワーシャッドのつけ方

 

太刀魚で使う場合真ん中の『ジグヘッドリグ』
ほとんどかと思います。
写真のように頭をカットして使う必要があります。

 

アバウトにつけても比較的太刀魚は釣れますが、まっすぐに
刺すとより反応がよくなります

過去記事に刺し方を書いていたので載せておきます。

ワームをフックにまっすぐ刺すやり方です。

 

  1. ワームとジグヘッドを重ねて、針を出す部分を決める。
  2. 針を出す部分にジグヘッドの針先でキズをつける
  3. ワームの中央に針を刺し、針を通していくときは片目をつぶる。
    (針を通すときは目の真正面で作業する。)

 

暗い場所で真っすぐに刺すのはやりづらいと思いますので
一つぐらいは家で作ってから持って行ったほうがいいでしょう。

 

 

 

太刀魚釣りでの使い方

パワーシャッドで釣った太刀魚の画像

 

テールの動きで太刀魚にアピールするので
基本は投げてだだ巻きだけの使い方で釣れます。

 

太刀魚の餌となるようなベイトがいるようなレンジを探るのがコツです。
基本的にそれほど深くないことが多く具体的に言えば2m前後のことが多いです。

釣り場が5m未満の時は非常に浅いところでも良く反応するので、浅い部分
も探ってみるとよく釣れます。
朝マズメなどはかなり浅いことが多いです。

 

パワーシャッドはだだ巻きだけでも釣れるワームですが
太刀魚を釣る時はリールの巻く速度に少しコツがあります、上に書いたように太刀魚の反応が
ある深さは2m前後のことが多く、さらに堤防から5mぐらい離れた所でよく反応がでます。

このことから、遠投してからの巻き方によってはよく釣れる部分を
逃している可能性があります。

投げてある程度の距離飛ばして、たんにだだ巻きすると。
巻く速さによってはだんだんと浮上してきてほとんど表層を泳ぐ
ことにもなります。
特に大きいサイズのケミカルをつけている場合は浮かびやがりやすいです。

パワーシャッド ケミカル
(このようにラインにケミカルをつけると浮かび上がりやすい)

これを回避するために、リールを巻くスピードを調整したり
堤防に近づく前にいったんある程度沈めてやる必要があります。

太刀魚がじっくりと餌を追ってきていることもあり、この沈めたときに
食いに来ることも多いです。

基本的にはリールを巻くスピードはそれほど速い必要性はないと
思います。

リールを巻く速度で一番わかりやすいのは実際にリールを巻いて
パワーシャッドが海の中を見て泳いでいるスピードを確認することです。
さらに近くにベイトが泳いで見えているとそれに合わせるとなお良いです。

実際夜釣りでは、確認することは難しいのでケミカルの明かりでその
スピードなどを確認することになります。

 

太刀魚は食い渋るようなときは、おそらくあまり回遊していない事が多いから
でしょうか、一度アタリが出るとそれ以降その場では出ないようなときが多いです。
そんな時でもランガンしつつもちまちまと数を伸ばすことができます。
食い渋るときはアタリが出るのは、移動した後一度ということが多いので
ショートバイトを出さないように一撃で仕留める必要があります。

 

他の使い方に関しては太刀魚からショートバイトばかりがあるときに
サイズの変更やジグヘッドを変更するというぐらいでしょうか。

サイズはパワーシャッドのサイズの所に記載させていただいので
省くとして。

ジグヘッドに関しては針が上向き、下向き、またはトレブルフックがついている
ようなものなどがあります。

ジグヘッドの違い
(写真上 針が上向き、写真下 針が下向きでトレブルフックが付属)

太刀魚にばれづらいものの順から挙げると

  1. 針が上向き
  2. 針が下向き
  3. トレブルフックが付属

となります。
下になるほど太刀魚をフックさせる性能がよくなります。

太刀魚の活性が悪い時ほど、針が上向きなどの
ものを使い、活性が良い時は、針が下向きでトレブルフックが付属
を使うのが適しています。

 


太刀魚 パワーシャッドでの釣り方と同じカテゴリ

 

太刀魚 パワーシャッドでの釣り方を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚 堤防からの釣り方
太刀魚 堤防からの釣り方

太刀魚はまったくの釣りの初心者でも堤防から釣り上げることのできる魚ですのでこれから磯釣りの入門としてもおすすめできる対象魚の一つです。海釣りと言えば、太刀魚のエサ釣り以外はしないという方も多いほど、他の大きい魚に比べて釣れやすくさらに捌くのも非常に楽で旨いという魚にあたりますので人気は強烈な物です。そんな人気のある太刀魚堤防からの釣り方をご紹介太刀魚堤防からの釣り方一覧太刀魚堤防からの釣り方タナ太……

シーバス ワーム マーズ r32
シーバス ワーム マーズ r32

とはシーバスソフトルアー定番なのはといったら上げられるような有名ワームマーズ。シーバスがよく釣れるソフトルアーの種類。シーバスワームのなかではかなりおすすめできる。どちらかといえばビッグシーバスを狙うよりもセイゴクラスを釣るのにおすすめ。ハードルアーに比べてコスパもいいのでロストは気にせずボトム近辺のレンジやストラクチャーも積極的に狙っていけるのでより釣果に繋がりやすい。さらにシングルフックなので……