太刀魚 堤防からの釣り方

太刀魚の頭部の画像

太刀魚はまったくの釣りの初心者でも堤防から釣り上げることの
できる魚
ですのでこれから磯釣りの入門としても
おすすめできる対象魚の一つです。

海釣りと言えば、太刀魚のエサ釣り以外はしない
という方も多いほど、他の大きい魚に比べて釣れやすく
さらに捌くのも非常に楽で旨いという魚にあたりますので
人気は強烈な物です。

そんな人気のある太刀魚 堤防からの釣り方をご紹介

 

太刀魚 堤防からの釣り方 一覧

  • 太刀魚 堤防からの釣り方 タナ
  • 太刀魚 堤防からの釣り方 道糸
  • 太刀魚 堤防からの釣り方 仕掛け
  • 太刀魚 堤防からの釣り方 餌

 

堤防から太刀魚を釣れるか釣れないかに関しての材料で比較すると

タナ < 道糸 < 仕掛け < 餌

堤防からウキ釣りでは
餌が一番釣果に影響を及ぼしているかと考えられます。

 

最初に太刀魚 堤防からの釣り方のコツを総まとめしておくと

 

  • タナ 釣り場や潮により変化する ウキ下は1m程度(水深5m未満の時)
  • 道糸 傷ついた道糸は使わない
  • 仕掛け チヌのカン付き針 ハリスは太めのフロロカーボン
  • 餌 イカの切り身(アタリがあればベスト)かフィッシングマックスの赤、青キビナゴ

 

のようにしておくと比較的どの状況でも
アタリにつながりやすくなります。釣り場や太刀魚の状況に
よってはかなり異なりますのでそのあたりも詳しく
詳細を追って説明していきます。

場所によっては、夜光虫がよくでて太刀魚の餌釣りの場合は
影響はあるかと思います。
夜光虫の場合ワイヤーで釣るとあたりが出ないことも多いです。
過去の釣果を思い出してみるとこの時に坊主のことが多かったです。

 

 

太刀魚 堤防からの釣り方 タナ

タナは釣り場や潮の満ち引きにもよりますが以下のような事に
まとめられるかと思います。

(主に水深5m未満の浅い所で、深い所では変わるかと思います)

 

  • アタリを出したい場合のタナはウキ下は1m程度がおすすめ
  • アタリが無いときはアタリが出続けるまでタナを変更し続ける
  • 既に他の釣り人にアタリがある場合は、タナを合わせる

 

 

タナと光の減衰

太刀魚 堤防からの釣り方 光の減衰のイメージ

わりと釣りのタナと光の減衰というのはかなり関わっている
かと思いますのでまず記載しておきます。
海は場所によっての光の減衰は著しくことなる、これは有光層 Wikipediaに
記載されていますが

実際の有光層の厚さは極めて濁度が高い(不透明な)富栄養化した湖沼では数cmのこと
もあるが、外洋では200mほどにもなる。

とのことでわりと濁りがあるような堤防近辺の海では
少しのタナを落とすだけでも太刀魚からしてみればかなり見えづらく
なっていると考えられることもできます。

 

アタリを出したい場合のタナはウキ下は1m程度がおすすめ

 

夕マズメや朝マズメの時間帯

色々な堤防からタチウオのウキ釣り行ってきましたが、夕マズメや朝マズメの時間帯
近くはどちらかと浅い方がアタリは出やすいです。

一般的に太刀魚はタナ1ヒロ(1,5m)~2ヒロ(3m)がいいとされていますが
極端な話、餌の位置が深いよりもウキ下50cmぐらいとかのほうがあたりが出やすいことの
方が多かったりします。
よくルアーで釣りますが、まだ夕日や朝日がほんの少し出ているような時は
かなり浅いタナがヒットレンジのことがほとんどです。

横の人が頻発してアタリをだしているのに、自分の所にはない
というのはタナが原因の事もあります。

浅いと、アタリは出やすいですが水面付近で警戒しているのか、仕掛けなどが
よく見えているのか、食い渋る場合はすばやく半分だけエサを取られるのがほとんどです。
光の減衰の項目で記載しましたが、水面下に近づくにつれてエサや仕掛けが良く
見えているのかもしれません。
食い渋らない場合は、すばやく釣れ続けます。

食い渋る場合は太刀魚の反応をみつつタナを少しづつ下していくと、スッ~とウキが沈み
こんで行く良いアタリになることも多いです。
このタナは1m前後の事が多いです。
特に水深が浅いエリア(満潮時5mに満たない)ではこの傾向が強いような気がします。

 

夕マズメや朝マズメの時間帯以外

こちらの時間帯もタナが浅くても、問題なくアタリがでることも多いですが
深めにタナを落とし込まないと、アタリがでないということも時にあったりします。

これはベストシーズンが終わった頃、夕マズメが終わってから
深夜2時頃までに、この傾向が出る場合が多いと思われます。
浅くしても全然アタリがない場合に、深くタナをとってみると
いきなりアタリがくる場合もあります。

 

アタリが無いときはアタリが出続けるまでタナを変更し続ける

アタリが延々とない場合も、タナ浅~深く変更し
続けているとアタリが出始めるときもあり
そのタナで釣れ始めることもよくあります。

しかし、釣れ始めるのは太刀魚が回遊してきたなどの別の要因の
場合も多そうです。

特に周りの釣り人にアタリがあるのに自分だけが
ない場合
はためしてみる価値はあるかと思います。

 

 

既に他の釣り人にアタリがある場合は、タナを合わせる。

これはかなりいい手ですし覚えると釣り場に来てからすぐに
釣り上げることができます。

 

見るだけで人のタナの把握する方法は

  • 仕掛けを投げた後にウキが立ち上がるまでの時間
  • ケミホタルの位置(タナが浅い場合)

 

この2点を見るだけで、ある程度は感覚だけでタナはわかるように
なってきます。
アタリがある釣り人に直接タナを聞くのがいいとは
思いますが、毎度聞きやすそうな人とはかぎりませんね。。。

 

 

タナ合わせがほとんど必要のない時

ベストシーズンで堤防に太刀魚の数が多くいる
場合は比較的、タナの位置は浅い~4m程度であれば、どの位置でもよく
アタリが出たりします

なので太刀魚の数が多いシーズンはタナに関してはそれほど
神経質になる必要はないかと思います。

これはいろいろな人などにタナの位置などを聞いたときに位置が全然
違っていてもほぼ全員アタリが頻発して場合があったので
太刀魚の数が多い場合は特定のタナでないと釣れない
という事はまず少ないはずです。

 

タナとケミホタルについて

75mmや100mmの大きいケミホタルを使ったほうが
いい釣果がでそうな気がしますが
実は37mm程度のケミホタルを使ったとしても
同じようにアタリがでます

数多くの状況でいろいろなケミホタルを試してきましたが
大きいケミホタルが効果を発揮するのは、深いタナ
(小さいケミホタルの光が届かない)でしか
釣れない状況の時ではないでしょうか。
大きいケミホタルは水深が深いような釣り場では
効果を発揮するシーンが多い
かもしれません。
どちらのサイズにせよ釣れるので、大きいケミホタルを
使っておいたほうが深い層をさぐる場合にはよいかも
しれません。

 

75mmなどのケミホタルについているプラスチックケース
みたいなのがありますが、あれを使うのはあまり
おすすめできません。

理由はプラスチックケースをつけている
場合の時には、ほとんど太刀魚からのアタリ
がなかったのですが、もう一つ付属しているチューブに
変えたとたんに当たりが出始めたというケースもありました。
いきなり群れが流れ込んできたというわけではなく
まわりの釣り人にもぽつぽつとアタリがある状況です。

もうひとつは、仕掛けに絡まりやすいというのもあります。

 

ケミホタルと餌の位置に関して書きましたので
気になる方はどうぞ。

 

前日に大雨

 

タナの事とは異なりますが光の減衰に関して、興味深いことがあったので
河口付近での釣り場のことですが、前日に大雨が降ったときのことで
その日は海一面が川から流れ込んでくる泥だらけでした。
この日の状態は光の減衰が激しく、ほとんど魚からして見れば
海の中があまり見えていない状態に
かなり近い状態だったのではないかと考えられます。
理由としては

  • 集魚灯を使っている人だけ入れ食い
  • その他大勢のエサでウキ釣りの人は一切あたりすら無い

 

ということがありました。
いつもは集魚灯などを使っている人と比べても少し釣果が
違うぐらいが多いですが、この日だけはあからさまなぐらい違い

このように釣り場の濁りがかなりひどい同じような状況では、
エサでウキ釣り場合はなんらかの対策をしていないと
太刀魚を釣り上げるのは難しいかもしれません。

 

 

太刀魚 堤防からの釣り方 道糸

太刀魚 堤防からの釣り方  道糸

 

道糸に関してはあまり気にしない人も多いかもしれませんが
アタリに関係している要素の一つです。結論から言えば

  • 傷ついた道糸は使わない

 

というのがポイントになります。

以下ようなケースがあったので、太刀魚のウキ釣りではかなりアタリが
出ることには関係しているしていると思われます。

はじめに、これは堤防の所での事です。
最初、アタリが出て何匹も太刀魚を釣ってよかったのですが。
風がそれなりにあり、何度も投げるのが面倒と思ってそのままウキを
流していて堤防のきわの所までほおっておいたら、壁際の貝にひっかかりまして
回収するにあたってかなり道糸にボロボロ
に傷がついてしまいました。

それからの事というものの、いままでは調子がよかったのに
アタリが止まってしまうことに、いろいろと仕掛けやタナを調整してみる
もまったくアタリが出ません。
なんとなくですが、壁際の貝のことがきがかりになって
リール(道糸)ごと変えたとたん、さっきまでアタリがなかったのが嘘
のように釣れるという事がありました。

上記のことから、道糸に傷つくとわりとウキ釣りのアタリには影響が出る
かと考えられますので、PEの場合リーダー交換で、ナイロンやフロロの場合は
毎回切断して、道糸のコンディションを保ったほうがいいでしょう。

 

特にテトラで釣る場合は注意しておいたほうがいいでしょう
夜にルアーなどをすると、帰って家のなかでリーダーをじっくりと見てみると
傷つけた覚えはないのにも関わらず、かなり傷だらけになっていること
がしばしば、おそらく気づかずに何処かに擦れていることがほとんどなのでしょうが。
ルアーでなく夜のウキ釣りであっても道糸のどこかしらに傷をもらう事も
多いかもしれません。

風がつよい日なども、堤防の隙間にはさまったりして道糸が
傷つきやすいです。
波がある日は道糸が傷ついてもさほどアタリに影響がでなかったり
して道糸が傷ついたと気がつかないことも多いですが。

そのまま次の釣り行にいって、アタリが全然ないとかいう場合は
道糸が傷ついている場合も多かったと思います。
特にべた凪で全く波がないような状態だと、太刀魚は
かなり道糸の傷を視認しているように思えます。

 

 

太刀魚 堤防からの釣り方 仕掛け

太刀魚 堤防からの釣り方 仕掛け フロロカーボンハリスで釣った 太刀魚
(フロロカーボンハリス 4号で釣った 太刀魚)

ここでは仕掛けの中でも特に重要である針の部分
多くの説明を充てることにします。
自作になりますが、アタリを出しやすくするには

 

 

  • 針 チヌのカン付き針1本
  • ハリス 太めのフロロカーボン

 

で作るものが効果的にアタリを出しやすいです。
チヌのカン付き針は比較的小さいもので。
ハリスのサイズはフロロカーボンの5号ぐらいで、長さは20cm程です。
ハリスの長さは短すぎるとアタリが出づらく良くなく、長すぎると
仕掛けに絡まりやすく遠投するときの飛距離も落ちます。

フロロカーボンで自作した仕掛けが、釣果を出しやすい
事を説明していきます。

 

針の部分の仕掛けの組み合わせをまとめて
みると、おそらくこの2点に絞られてくると思います。

  • 針の数 1本か2本かなど
  • ハリス ワイヤーかフロロカーボン

 

これらを利用するメリットデメリットについて

 メリットデメリット
針の数 1本2本に比べて、太刀魚にばれにくくアタリが出やすい。
針を刺している部分がすくないので餌がボロボロになりにくい
太刀魚にフックさせずらい。
針の数 2本太刀魚にフックさせやすい。1本針に比べてアタリが出にくい。
餌がボロボロになりやすい。
仕掛けによっては分岐しているので絡まりやすい。
ハリス フロロカーボンワイヤーに比べてアタリが出やすい。ヒットしたと同時に切られる事もあり。
上手く乗せても陸の近辺で暴れられると切られる可能性あり。
針を素早く外さないと仕掛けがほぼダメになる。
ハリスに傷がつくと交換する必要がある。
ハリス ワイヤー切られにくい。フロロカーボンに比べてアタリが出にくい。
ワイヤーがぐにゃとすると交換する必要がある。

 

ハリスにフロロカーボンを使用したことがない人であばれ
太刀魚の歯に確実に切られると考えがちですが、フロロカーボンの5号で
あっても2本半サイズぐらいまでの太刀魚であれば
新しい仕掛けであれば切断されることはまずほとんどないです。

5本サイズでも上手くやればフロロカーボンの5号でも十分に
引き上げることができます。

稀に堤防からでも指6本が出ますが、指6本に針ごと飲み込まれると
フロロカーボンでかなり太くてもまず糸を切られる事になると思います。
実際に釣ったら判るかと思います、あれは普通によく釣れるのとは別ものです(笑)
詳しいことはまたいずれ。。

 

針の数1本 フロロカーボン

の組み合わせは、アタリのみに特化した仕掛けの組み合わせになります。
デメリットも多いですが、テクニックでカバーできることが割と多いです。

アタリに関しては特に顕著で、周りの釣り人がワイヤーでエサはキビナゴ
という組み合わせでアタリが全くないときでも
上記した組み合わせであれば、入れ食いという状態の時もあります。

太刀魚 多量の画像

 

しかし、やはり切られるという欠点はそれなりにあるので
太刀魚が(満月の前後など?)活性化しているような時にありますが
そのような場合には、アタリが出た瞬間に一瞬で仕掛けが引きちぎられて
いくパターン
のときがあります。
この状況が続く時はフロロカーボンの仕掛けは圧倒的に弱いです。
対策として、必ず予備でワイヤーの仕掛けを持っていく必要があります。

特にフロロカーボンの仕掛けはアタリが一日一回のみという場合に
一発で切られるとかなり厳しいです。
深夜4時頃から朝マズメのときは、割と太刀魚が活性化していることもあり
一発で餌引きちぎっていくような食い方をすることも多いです。

 

ベストシーズンなどで、ワイヤーの仕掛けでいくらでも
アタリが出るような時
は、間違いなくワイヤーの仕掛けが有利に
なります、ただ太刀魚のサイズが小さいときフロロカーボンでも
切られることはほとんどないので、どちらの組み合わせを使ってもあまり変わりません。

 

太刀魚 堤防からの釣り方 仕掛け その他

ウキ下からハリスをつなぐサルカンまで
は割と同じような仕掛けになることでしょう。
シンプルにすると、太刀魚にばれにくく、絡まったときでも
再度素早く作りやすいのでそうしています。

参考までにウキからハリスをつなぐサルカンまでの仕掛けの
部分を載せておきます。

道糸

ウキ止めゴム

電気ウキ

絡み止め

ウキに合ったオモリ

ケミカル

ハリスをつなぐサルカン

 

 

太刀魚 堤防からの釣り方 餌

太刀魚の餌 フィッシングマックスの赤キビナゴの画像
(フィッシングマックスの赤キビナゴ)

 

堤防から太刀魚のウキ釣りでは、釣れるか釣れないかに関して
一番のウェイトを占めている材料にあるかと思います。
まったくアタリのない時でも、エサを変えるだけですぐに
反応してくることもあり。

一般的にどの餌を使えばベストな状況が多いかと言うと。

  • フィッシングマックスの赤、青キビナゴ

 

とだけは数多くの釣行からうかがうことができます。
イカの切り身に反応してくる時は間違いなく
キビナゴよりもイカの切り身がいい餌です。

キビナゴではアタリはあるが釣れないもしくは
アタリが出ないという状況もあります。
そのあたりも交えていろいろと説明していきます。

 

太刀魚 餌の種類

  • キビナゴ(普通のタイプ)
  • フィッシングマックスの赤、青キビナゴ
  • フィッシングマックスの小型(急速冷凍)キビナゴ
  • サンマの切り身
  • アジの切
  • イカの切り身
  •   

 

キビナゴ3種類

 

太刀魚の餌釣りではスタンダードなエサ
で使い勝手が良いです。
一般的には目から通して胸のあたりに針をかけるとされて
いますが、なんども半分だけ食いちぎられる場合は
針をやや尾ひれに近い方にかけてみるとヒットすることもあります。

キビナゴ(普通のタイプ)

これは釣り具屋に売っているものと、普通のスーパーの
食品売り場に売っているものがありますが

スーパーの食品売り場に売っているもの
に関しては下記するキビナゴの強化を行っておかないと
頭だけ残して外されやすいです。

 

フィッシングマックスの赤、青キビナゴ

他の餌に比べると、ヒット率は高いのはたしかです。
特にそのまま使っても、普通のキビナゴに比べると
ややしっかりとしているので、引きちぎられる率は
少ないと思います。
さらにこいつを強化してやるとなお良いです。

周りの釣り人は普通のキビナゴを使っていてアタリが
出ないときでも赤、青キビナゴを使っていると
自分だけが釣れるという状況になることもあります。

赤と青の違いはあることにはあるのでしょうが
流石に利用回数が多いということはないので
あまり詳しい違いは判りません。

 

フィッシングマックスの小型(急速冷凍)キビナゴ

小さい太刀魚(タチウオ)の画像
(このぐらいのベルトサイズのタチウオに効果的)

この小型のキビナゴは使いどころによっては
かなりの釣果
をもたらせてくれるエサの一つです

使うのに効果的な状況は

  • まだ群れが小さいサイズがほとんど、7月などで最初に
    釣れ始めた頃など。

  • アタリは多いが、半分食いちぎられるばかり

といった状況ではかなりの力を発揮してくれます。
デメリットは、小さくて頭が引きちぎれやすく弱いので
思い切り遠投するとすぐに交換しないと
いけなく餌持ちは悪いです。
餌が小さいので太刀魚からの視認性が
悪い
のか、アタリほとんどないような状況には
弱いと思えます。

 

 

キビナゴの塩漬けで強化

キビナゴに関して言えば、すべて強化することができます。
強化といってもなにも特殊なことをするわけではなく
いたって簡単、ある程度塩をまぶし冷蔵庫で保存するだけです。
(冷凍庫に入れると使えない脆いエサに変わりますので注意)
塩をまぶす前に、キッチンペーパーなどでキビナゴの水分を
抜きとってやるといい感じになります。
塩の量はしわしわにならない適度の加減が良いかと思います。

普通のものと比べてみればわかりますが、明らかに
太刀魚に頭だけが外され引きちぎられるという事がなくなり。
かなりエサ持ちがよくなります
思い切り遠投しても普通のものと比べても
かなり持ちはいいです。

 

下のページに詳しく書きました。

サンマの切り身

キビナゴに比べるとアタリは落ちますが
サンマの切り身でも、太刀魚は釣ることができます。

特に、キビナゴにはまったく無反応だったのに
サンマの切り身だけに反応するというケース
過去にあったので紹介しておきます。

とある釣り場での事です。時期は11月の中頃あたり、すでに
気温が低いような寒い時期です。

たまたまサンマの切り身をもっていたので、それを
使うとアタリがあり何とか釣り上げることができました。
そして、サンマの切り身がそろそろなくなりそうな所で
ありがたいことに帰る釣り人から残りのキビナゴをもえらる事になりました。

それを使い釣りを続投することに、サンマの切り身でもアタリがあるのだから
キビナゴでもアタリがあるだろうと思って続けてみるのですが
一切あたりが出ない。
試しに最後のサンマの切り身を使ってみると、見事にアタリはでるものの
エサだけを取られるということに。

なるほど、こういう事もあるのかと思い試しにキビナゴを
サンマの切り身のように切断してみて使ってみることに。
すると見事アタリがでました、その後深夜帯まで粘り3本連続で釣り上げて終了。

 

もし周りでサンマの切り身だけに反応するような事があれば
キビナゴを切断して使ってみるのも一つの手でしょう。
サンマの切り身にだけ反応するときでも、キビナゴで代用できるので
キビナゴに比べると、やや使い勝手は劣ると思います。

 

アジ

そのままの魚の餌であればイワシを使う方もいるかも
しれませんが、アジに比べるとかなり腹が弱く、餌もちが
悪いのでどちらかというとアジが好みです。
アジはキビナゴに比べてもエサ持ちはかなり良いです。

アジの使いどころはズバリ、アタリがほとんどないような状況です
キビナゴ、サンマの切り身に比べサイズが大きいので太刀魚からの
視認性はかなり高いと思われます。
1月の初旬とかでほとんど太刀魚から反応がないような時でも
アジ使う事によってアタリを引き出すことができる時もあります。

デメリットといえば、デカいサイズのアジを使うと太刀魚が飲み込むのに
時間が掛かりすぎ
るのと、太刀魚が横にひたすらひっぱりまくるので
釣り場が混雑しているとまず使うことは難しいでしょう。

一番使い勝手のいいサイズは太刀魚が一口で飲めそうな
親指大のサイズなのですがちょうどいいのが都合よくあまり
売ってはいません。
フィッシングマックスでアジの親指大のサイズの赤いのとかが売っていれば
太刀魚釣りにとって良い餌なような気がするのですが。

イカの切り身

イカの切り身の画像

本当にいいエサです、特に太刀魚が餌を
ひっぱり続けて引きちぎろうとするような時には使えすぎる餌です。
耐久力の数値で表すと

 

キビナゴ 1

 

イカの切り身 10

 

ぐらいの違いです

 

キビナゴでは一度で半身だけ食いちぎられる時でも
イカの切り身では何度もチャンスがあるので針乗せ
やすいです、おすすめ。

 

毎回イカの切り身に太刀魚が反応するのであれば、良いですが
キビナゴには反応するが、イカの切り身は無反応の時もあります。

 

よく太刀魚の歯でぼろぼろにされるので、やや太めに
切って使うのがコツです。
細く切りすぎると、太刀魚が何度もアタックしてくるような時は
すぐに針が見える状態になりやすいです。
針が見えたとたんに太刀魚が食うのをを止めます

 

イカの切り身で釣れる魚の記事の一部です。

 

切り身に反応がいいときは、タチウオの一番いい餌です。
指2本ぐらいののせずらいサイズでも何度もアタックしてくるので。
キビナゴに比べても、釣れやすいです。
正直キビナゴのほうが食いはいい、と思ってましたが
イカの切り身にもかなり食いついてきます。
耐久率がありますので、激シブな時や、風が強いとき遠投する
必要がある時などイカの切り身は最強です。

 

 

太刀魚 堤防からの釣り方 餌に関してまとめてみると

イカの切り身の代わりとして使えるタコ
(イカの切り身の代わりとしても使えるのがコレ)

イカの切り身に太刀魚が反応するときは
キビナゴよりも引きちぎられにくいので一番いい餌です。

太刀魚がキビナゴに問題なく食いついてくる場合は
アタリや飲み込むまでのパフォーマンスを考えると
キビナゴだけでいいですが、そうでない場合

サンマの切り身,アジ,イワシなどで対応しないと
アタリすら出ないこともあります。
これはベストシーズンでない寒い時期や春太刀魚を
狙う際のに多いので、普通のシーズンに太刀魚を釣る際はキビナゴ
だけでも事足りる
というのが結論です。

 

自分も周りも、太刀魚のあたりすらも無いという場合に
オススメな方法を載せています。


太刀魚 堤防からの釣り方と同じカテゴリ

 

太刀魚 堤防からの釣り方を見ている人は他にこんなページもみています

サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方
サゴシ(サワラ) 堤防からルアーでの釣り方

堤防から比較的お手軽に狙える青物サゴシのルアーでの釣り方をいろいろと載せておきます。サゴシサワラの釣り方ワインド朝マズメのいわゆる爆釣りするような時はワインドがかなり釣れやすいのですが、シーズンによっては太刀魚もかなり掛かります。太刀魚が不要な方は別の方法のほうがいいでしょう。捕食スイッチが入っていない時はいまいち効果的でないような気がします。飛距離は出ませんので、近い所を回遊している時に。ワーム……

白身魚のフライの正体
白身魚のフライの正体

白身魚のフライ、あの衣の中につつまれる魚の種類が気になったかたも多いのでしょう。いったいどのような魚が使われているのか白身魚のフライで原材料として使われる魚の種類を一覧であげてみました。白身魚のフライの正体魚一覧タラホキスケトウダラメルルーサブルーホワイティングオヒョウスズキ(シーバス)アメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)ナイルパーチバサ白身魚のフライの正体海水魚タラ漢字は魚偏に雪で鱈と書……