太刀魚釣り餌の比較

太刀魚の釣り餌、以下のような物を比較した
感想です。

  • サバの切り身
  • サンマの切り身
  • イワシ
  • アジ
  • キビナゴ
  • イカの切り身

 

他にもいろいろと釣れる餌みたいなものは
ありますが、よく使われる代表的なものだけを比較して
おきました。

 

食い良さなどは判りませんがは身近に海にあるもの
としてフナ虫(生きている)も普通に釣れるようです。
実際に使って釣っている人を何度も見たことがあります。

小さいコオロギなんかも場所によっては
かなり居る(放置された釣り餌に群がっている)ので
釣れそうですね。
夜釣りをしていると噛んでくるのですごい痒い奴です。
たぶん人の肉とかにも反応する思うので
海であまり目にしたくないものを見た時にも群がってそうです……

 

太刀魚の餌 比較

 

サバの切り身

サバの画像

 

釣れやすさ ★★☆☆☆
餌持ちの良さ ★★☆☆☆
手が臭くなる ★★★★☆

 

小さいものなどを釣ったら一匹まるまる
使うことができますが、手にべたつく
ので使う人は少ないでしょう。
一匹そのまま使っても腹が弱く餌持ちは悪い。

思ったよりも他の切り身よりも皮が
弱く、海水に浸しているとどうしても
皮がボロボロになりやすい餌。

時期によってはサビキで簡単に手に入る
というのはなかなかいい点。
山ほど釣って塩漬け冷凍ストックしておけば
いつでも使うことができます。

切り身だとどうしても太刀魚が反応しない時もありますので
それほど釣れやすいというわけではありません。
べた凪の時はユラユラと動いてないからか
食わない時も多いです。

 

サンマの切り身

サンマ(秋刀魚)の画像

 

釣れやすさ ★★★☆☆
餌持ちの良さ ★★★☆☆
手が臭くなる ★★★★★

 

サバの切り身とそれほど釣れやすさは
変わりませんが、サンマの切り身は皮が引きち
ぎれづらい
からか、ややサバの切り身よりも釣れやすい
感じはします。

手が臭くなる度合については、脂肪の塊みたいなのが
ついてる個体はかなり臭くなります。
全体的に脂っぽくて触った後にもかなりべたべた
した感じがのこります。
脂っぽいおかげか集魚力は高い感じ。

 

イワシ

イワシの画像

釣れやすさ ★★☆☆☆
餌持ちの良さ ★☆☆☆☆
手が臭くなる ★★☆☆☆

 

普通に釣れますが、大きいマイワシだと
食いこむまでにかなり時間がかかります。
重いのでキビナゴなどに比べ飛距離はでますが。

カタクチイワシでもマイワシでもとにかく
腹が弱いので、餌持ちはかなり悪い

きれいな姿の時は太刀魚が反応しても
腹が引きちぎれていると反応しないと
いうことも多くあり。

スーパーでなにか餌を入手しようと思っている
時に他になにもなかったらという時に使うぐらい
でしょうか。
常に100円ぐらいで売られているのでそこは
いい点。

 

アジ

アジの画像

釣れやすさ ★★★☆☆
餌持ちの良さ ★★★★☆
手が臭くなる ★★☆☆☆

 

切り身でも一匹まるまる使うのも
どちらでも太刀魚釣りに使いやすい餌。

一匹まるまる使うとかなり餌もち
はかなりいい
、大きいサイズだと太刀魚が
食い込みづらいので親指ぐらいのものが
ちょうどいいかと思います。

切り身にしても餌もちはそこそこ。

サビキで釣れやかったり、スーパーでよく売られていて
入手しやすいといという点も良い。

 

キビナゴ

マックスの赤キビナゴの画像

釣れやすさ ★★★★☆
餌持ちの良さ ★★☆☆☆
手が臭くなる ★☆☆☆☆

 

キビナゴはよく使われるからか
釣り具屋にも色々と売られています。

キビナゴ(普通のタイプ)
フィッシングマックス 赤、青キビナゴ
フィッシングマックス 小型(急速冷凍)キビナゴ

など

 

難点はやや餌持ちが悪いという点でしょうか
とくに頭を通すような針のつけ方をしている
頭だけを残して外れやすいです。
毎回頭だけ残されて太刀魚に餌とりされるという方も
多いと思います。

スーパーなどで売られているものは
そのまま使うと餌もちはそれほどよくない
ですが、塩漬けするとそこそこになります。

フィッシングマックスに売られている
赤、青キビナゴはもとからそこそこ餌もちは
よいようです。
小型(急速冷凍)キビナゴはサイズが小さいと
いうこともありかなり餌もちは悪い。

キビナゴは他の餌と全体的に比較すると
餌持ちはそれほど良くはない
生の魚を一匹まるまる使うことがほとんど
なので、どの状況でも太刀魚が反応しやすい餌
切り身の餌には反応しないという時でも
キビナゴに反応することは多いです。

 

イカの切り身

イカの切り身の画像

 

釣れやすさ ★★★★☆
餌持ちの良さ ★★★★★
手が臭くなる ★★☆☆☆

 

釣れやすさは釣り場やいろいろな状況があり
ますのでキビナゴと甲乙つけづらいですが
イカの切り身に太刀魚が反応する時は、まずこちらが
強い
といえます。

よくイカが釣れているような釣り場では
キビナゴよりもこちらを使うがおすすめ。
太刀魚はイカをよく好んで食べるようで
イカが釣れる時は、太刀魚が釣れづらく
太刀魚が釣れる時は、イカが釣れづらいようです。

 

特筆したいのは餌持ちの良さ、これは他の餌と比べて
ずば抜けています。
生餌では餌持ちの良さはこれ以上のもの
ないのでは
、激シブな時や、風が強い時
遠投する必要がある時も毎回フルキャストしても問題無しです。
しっかりと針がついていると外れることはありません。

一度釣ってもまだそのまま使うことも
できますが、少しでもモロくなると交換したほうが
いいでしょう。
太刀魚は針を見切ると食うのをやめることが多いです。

見た感じ、ねちょっとしていてかなり手が
臭くなりそうですが、鮮度の高いものは
それほど臭くなりません。

他の餌と比べて基本的には値段が高いということと
いつでもスーパーなどに売られてはいない点はマイナス。

 

 

太刀魚釣り餌の比較と同じカテゴリ

 

太刀魚釣り餌の比較を見ている人は他にこんなページもみています

太刀魚のワインド 釣れない問題を解決!
太刀魚のワインド 釣れない問題を解決!

太刀魚のワインド釣り法はタチウオの活性がいいときやると他の釣り方よりも間違いなく釣れます。少し大げさかもしれませんがある程度状況がそろっていれば以上の確立で釣れると言っても過言ではありません。もちろん条件が揃っていなくてもシーズンインしていてタチウオの数が多く、ランガンすればかなり高確率で釣れます。ではこれほど釣れやすい太刀魚タチウオワインド釣り何故釣れないのかという問題を見ていこうかと思います。……

防波堤釣り毒魚 初心者必見
防波堤釣り毒魚 初心者必見

防波堤釣りで釣れることもある毒魚や生物を写真画像をつけてまとめて紹介しているページ。防波堤釣り毒魚アカエイこげ茶色の体色で、縁が橙色。尾の部分に毒を注入するトゲが突き出している。死んだ個体でも注意する必要がある。砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいようで踏みつけられそうになった所を毒針で刺されるというパターンが多い。沖にいそうだが、時期によ……