寒さを我慢 冬の釣りはダイエット効果あり

冬に寒さを我慢

冬の釣りに行き、寒さを我慢してダイエット。
運動するのが嫌いな人は、試してみてもいいダイエット方かも
しれません。

特に、結婚されている方や、恋人がいる方、家族などの中に釣り好きな
方がいる方は継続しやすいと思います。

 

寒さがダイエットにつながる研究結果がある

オーストラリア・シドニー大学のポール・リー氏らがおこなった研究によると、体がガタガタと震えるような寒さに身をさらすと、筋肉からアイリスイン、褐色脂肪からFGF21と呼ばれるホルモンが分泌されることがわかったそう。これらのホルモンは脂肪細胞を刺激し、体脂肪を燃やす作用のある褐色脂肪をつくりだすといい、実験では、アイリスインとFGF21が、6日間かけておデブの原因である白色脂肪を褐色脂肪に変えることがわかったという。なお、寒さで体が震えだすのは15度くらいからで、10~15分震え続けると、中程度のエクササイズ1時間分に相当する量のアイリスインが分泌されるとのことだ。

出典 – たった10分寒さを我慢するだけで、1時間の運動と同等のカロリーが消費できるとの研究結果- IRORIO(イロリオ)

 

この記事の元の英語記事のURLがわかれば信憑性がありますが、現在
出典元のページもなくなっているようです。
しかし広まっている記事ではありますから、それなりに信憑性があると
判断してもよさそうです。

要約すると、15度くらいの温度で、10~15分震え続けると、エクササイズ1時間分の
効果
が得られるのと同じような効果というような事で、これを6日間続けると
効果的であるという訳です。

引用した文中に気になったワード「FGF21」「アイリスイン」と
いうものがどういうものかを調べてみました。
どちらも人間のホルモンの一種のようです。

 

冬のアイスフィッシング

 

FGF21

褐色脂肪細胞から分泌されるホルモン。

肥満症や肥満症を発症基盤とする糖脂質代謝異常を改善する
薬理作用があるようです。

FGF21が分泌することによって、肥満症などの
糖脂質代謝異常を改善する効果
があると研究されています。

 

アイリスイン

こちらは体が寒さを感じたときに身体中の筋肉から
分泌される
ホルモンです。

 

 

寒さを我慢して二つのホルモンが分泌されると

 

この二つのホルモン「FGF21」「アイリスイン」が分泌されること
によって、脂肪細胞が「白色脂肪細胞」から「褐色脂肪細胞」に
変わります

白色脂肪細胞が太りの原因となる、燃えにくい脂肪細胞で
褐色脂肪細胞は燃えやすく痩せやすい脂肪細胞です。

 

基本的な事柄として脂肪細胞の変化などを除いたとしても
人間の体は健康体であれば37度を保ちます
これは熱い所にいこうが、寒い所にいこうが同じ体温です
そして寒い所の場合、体温との温度差が大きいためにカロリーを
かなり消費して体温を保とうとする
訳です。

 

根本的にはこれらのことが、震えるような寒さに我慢する
ダイエットにつながるようです。

 

 

釣りである必要はあるのか?

冬の釣り

冬の寒さに耐えるというだけでは特に釣りの必要はありません。
しかし次のメリットが挙げられます。

 

継続しやすい

 

継続するという点であれば釣りというのは合っている人にはかなり
効果的であると思われます。

日本の釣りを趣味にしている人の多さを考えれば合っている人が
継続しやすい
のは間違いないでしょう。
実際に休日に都市部の人口密度の高いエリアの釣具屋などにいけば
わかりますがこんなに釣りをやっている人が多いのかと思うぐらいです。

 

継続するという点では元からアウトドアなどや釣りが
好きな人
が向いていることは間違いないです。
結婚されている方や、恋人がいる方などは、相手が釣り好きだと
続きやすいかもしれません。

 

規則正しい生活が送りやすい

朝に釣りに行くと

これは朝に釣りにいった場合です。

ダイエットは睡眠時間をきっちりと、6時間半~7時間半程度は確保
すると睡眠副交感神経がよく働くことで、成長ホルモンを分泌し
基礎代謝があがり、これがダイエットにつながります。

朝日を浴びると体内時計がリセットされてきっちりと
眠りやすくなります。

冬の海の朝は強烈に寒いですし、短時間で効果的に脂肪燃焼
できるでしょう。

 

朝とは逆に夜から行くと、釣れづに粘ってついには
深夜まで……という事にもなることもあるかもしれません。

これも寒さに長時間耐えることで、痩せることは痩せるのでしょうが
ダイエットの基本、規則正しい生活からはずれてしまいます
のであまりよくはないでしょう。

あまり体を冷やしすぎて低体温になると、脂肪も作られやすく
なってしまうので、ほどほどに耐える程度にとどめたほうがいいでしょう。

 

小さい目標が入るのでただ寒さに耐えるだけでなくなる

 

大きい目標はダイエットという事になりますが
それだけでは、冬の震えるような寒さに耐えるだけと
いうのを何日も続けるという人は少ないと思います。
なぜか虚しくなってくるのですよね。

 

目先の魚を釣るという小さい目標があることで
寒さを耐える苦が少なからず気にならなくなる人も
多いはずです。

冬に釣りに行っていたら、いつのまにか痩せていた
みたいなのが一番理想的なダイエットの形なのではない
でしょうか。

 

本当に痩せるのか?

冬の海での釣り

 

継続して毎日続けているとかなりの確率で痩せるということが言える
と思います。

10~15分震え続けると、1時間ぐらいのエクササイズに相当すると
言われていますが、冬の釣りの場合一般的に2時間ぐらいは釣る人が多いです
その間すべて震え続けているというわけではないと
思いますが、相当な時間のエクササイズを続けているようなカロリー消費
同じになるのではないでしょうか。

 

実際に冬でも太刀魚を毎日同じ釣り場に釣りに来ているシニアの方は
太っている方がほとんどいなくて普通体形の人が多いです。
会話内容から毎日来ていることが分かるような人は
そういう人がほとんどです。

毎日来ていない方でも、さすがに朝まで耐えれるような方は
普通体型の人が多いのか、あまり太っている人は見かけません
冬の朝まずめに行けば確認できると思います。

 

少し証拠不十分な内容ですが、実際に冬の釣りに行きジッとしていても
家に帰ってきた時の空腹具合
などを考えると
相当カロリーが消費されているのを実感できると思います。

 

ただ、寒い所から帰ってきてから食べる料理はなんでも
かなり美味しく感じるので食べ過ぎには注意しておいたほうがいいでしょう。
おそらくほとんどの人がこの時に食べ過ぎて、あまり
ダイエット効果がないという事になりそうです。

最後に、もしダイエットする方がいれば痩せるのに夢中になって
風邪などをひかないようにお気をつけください。

 

 


寒さを我慢 冬の釣りはダイエット効果ありと同じカテゴリ

 

寒さを我慢 冬の釣りはダイエット効果ありを見ている人は他にこんなページもみています

ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚
ライトショアジギング(メタルジグ)で釣れる魚

メタルジグを使って、ライトショアジギングで釣れる魚、青物などを紹介しておきます。ライトショアジギングメタルジグで釣れる魚サワラサゴシヤナギ以下サゴシ~ヤナギ以上サワラライトショアジギングで釣れる青物といえばサワラが圧倒的に多い。マズメの時期などはベイトを追いかけまわして、ジャンプしているのがよく見られる。ショアから釣れるサイズはほとんどサゴシクラスが多い。サゴシクラスであれば、近くであっても引きは……

なぜボラという魚は嫌われているのか?
なぜボラという魚は嫌われているのか?

という疑問に関してを実際にいろいろな釣りとボラの関係などで嫌われている理由を載せておきます。一度も釣っていなくて知らない人もボラの嫌われる理由を知るとほしくないと思うはずです。江戸時代などの昔は縁起の良い魚として、善として出されることも多かったような魚のようですが。時代は流れ、いまは釣り人には嫌われることがほとんど。それでは実際になぜ釣り人にボラが嫌われているかと思われる理由を書いていきます。嫌わ……