飼育できる小さいサメの種類

紹介するのは飼育できるような小さいサメの種類だが、他のサメと
比較した場合のことで小さくても1mほどまで成長するサメがほとんど
わりと遊泳力もあるので、水槽もかなり固体サイズに見合った
大型水槽でないと飼育は難しい。

サメの種類にあたるが、姿があまりサメに似ず、淡水魚のプレコの
ような姿のものも多い。
いつもはぼーっとして泳いでいても、餌を与えると瞬間的に眼つきが変わり
素早く餌を捕食する所などなかなかサメらしく魅力的な部分も多い。

 

ネムリブカ

 

全長160cm
表情は恐ろしく、サメのような姿をしているのでなかなか人気がある。
ほとんどは写真のように海底で休息していて、水槽内でも泳ぎまわらない
ので飼育しやすい。

 

ホーンシャーク

ホーンシャークの写真画像

By: Cliff

全長120cm

よく入荷され販売されるサメ、ネコザメの種類にあたる。
自然下では餌は小魚とかではなく、貝、イソギンチャク、軟体類
などを捕食する。
近縁種でゼブラホーンシャークもいる。以下は楽天の商品リンク
非常に珍しい個体ですが売り切れているようです。

 

イヌザメ

全長100cm

販売されているサメの種類ではもっともポュラーなサメ。
人口飼料にも慣れるので、飼育しやすい

イヌザメはよく通販でも販売されている。

 

 

レオパードシャーク

全長180cm

わりと大きくなるので飼育には大型の水槽が必要。
小さいサメの種類は底にたたずんでいるものが多いが、
レオパードシャークはゆったりと水槽内を泳ぐ姿はいかにもサメらしい。
あまり販売されてはいない。

 

シマザメ

全長75cm

それほど大きくならない種類でサメの飼育初心者には
お勧めできるサメ。
人口飼料にも慣れるので、飼育しやすい。
20cmぐらいの固体がインドネシアからよく輸入される。

 

ナースシャーク

ナースシャークの写真画像

By: Cliff

全長430cm

餌は貪欲にたべるので成長は早く、かなり大型になる
眼つきなんかがサメっぽい感じある。
飼育には大型の水槽を用意する必要がある。

 

クモハダオオセ

全長330cm

イラストはオオセのものでクモハダオオセは全身が白味が強く綺麗、姿はほぼ似る。
サメというより、ナマズに近いような姿だ。
欠点は性格があらく、高温には弱いが、餌付きやすく、丈夫なサメ。

 

エポウレットシャーク

全長100cm

なかなかユニークな姿をする、テンジクザメの仲間
写真では判りづらいが、割とスマートな体型をしている。
それほど大きくならず姿や色合いからか、わりと人気が高いサメ。

 

チョウザメ

高級食材キャビアを産むことで有名なチョウザメも飼育できるサメのひとつ。
コチョウザメが一般的によく飼育される。
おもに観賞用として販売されているチョウザメは

  • コチョウザメ
  • ヘラチョウザメ
  • アルビノコチョウザメ
  • オオチョウザメ
  • ロシアチョウザメ
  • シベリアチョウザメ
  • ベステル

などのチョウザメ。

 

ブラックチップシャーク


浅場を泳ぐブラックチップシャークの写真

 

海水魚 ブラックチップシャークはメジロザメの種類。
体長が1,6m程と成長してもそれほど大きくならないので
飼育できる小さいサメとして、入荷され販売される。

ブラックチップシャークを飼育する際は遊泳性のサメなので
大型の水槽が必要、特に反転し泳ぐことも考えて奥行きもかなり必要となる。
スタンダードな姿の飼育できるサメならばブラックチップシャーク
が一番サメらしいがなかなか高額。

 

 

飼育できる小さいサメの種類と同じカテゴリ

 

飼育できる小さいサメの種類を見ている人は他にこんなページもみています

メガロドン 巨大サメは実在するのか?
メガロドン 巨大サメは実在するのか?

メガロドンと呼ばれるサメは大昔に生息していた古代生物で日本にも化石などが残っている。そのメガロドンが生存していた時代は第三期中新世と呼ばれる時代で海が地球全体を覆っていた時代である。メガロドンとは大きな歯を意味する。学名はカルカロドンメガロドンまたはカルカロクレスメガロドンとされている。和名は、ムカシオオホホジロザメでこれは一般的な方には解り易い名前であるかもしれない。その理由としては、メガロドン……

ペレスメジロザメ
ペレスメジロザメ

ペレスメジロザメの体長は平均~大きい個体であれば付近にまで成長する。サメの種類のなかではそれほど大きい種類ではない。分布はフロリダからブラジルまでの西大西洋海域カリブ海では暗礁の海底付近を泳いでいるのがよく見られる。バハマではペレスメジロでエコツーリズムにおいて収益性があり保護されている。このあたりは、賛否両論あるが絶滅するサメが多い中でこのように地域に収益をもたらしつつもサメを保護するのはなかな……