幹之メダカの種類

幹之メダカとは

幹之メダカの特筆する点は素晴らしい光沢
幹之メダカの光沢は他のカラーメダカにはないような輝きをもっている。
小さいアクアリウムに美しい輝きが欲しいときなどに
飼いたい魚の一つ。

 

幹之メダカの光沢について

幹之メダカの光は虹色細胞とは違い何が
光沢になっているかまだ明らかにはされていない。

1)光沢の名称
光沢の範囲はおおかた次のような基準で呼ばれている。
1が光沢の範囲が狭く、7に近づくにつれて光沢の範囲が広くなる。
おもに光沢が広いほど、ヤフオクでの買取価格は高くなる。

  1. ヒレ光 :背中に光が出ていないもの、ヒレのみの光
  2. 点光  :背びれあたりに少し出ているもの
  3. 弱光  :背びれあたりに数ミリ程度の光が出てる。
  4. 中光  :魚体の半分以下がかがやいている。
  5. 強光  :中光よりも光る範囲が多く、光輝いているもの。
  6. スーパー:頭部以外の背中が光輝いているもの、光の太さは関係ない。
  7. 鉄火面 :頭部全てから背面までが全て輝いているもの。上からみると全て輝いている。


2)光沢の出し方

幹之メダカの光沢の出し方については、水温、餌、遺伝、を考慮する必要がある。

水温
幹之の背中の部分の光沢の伸ばし方として卵の時期に水温を33℃前後にたもつと光が伸びやすい。確立として、スーパーや鉄火面がでやすくなるただし、温度の関係からダルマも出やすくなる


光の出し方には餌も関係していて、鱗が厚くなるような魚の餌を与えると
よい、ブラインシュリンプやおとひめなどがオススメ。

遺伝
幹之メダカの色は(白、青、黄、茶、錦)があるようだが

白、青、バージョンが幹之メダカの性質が濃い。
固定率も、白、青バージョンが高い。
幹之メダカ特有の光沢は、白、青、バージョンでしかほとんど出ない

基本的に多く出回っているのは、白、青バージョンの幹之メダカであり
青幹之のほうが光の太さが太くなる、確立が高くなる。
青幹之どうしを交配するとF1では25%の確立でただのクロメダカが産まれる。
白幹之が方親にに混ざるとF1ですべてが幹之メダカになる。

幹之メダカに広範囲に光沢を出したい場合、まとめると次のようになる。

  • 卵の時期に水温を33℃前後にたもつ。
  • 餌はブラインシュリンプやおとひめを与える。
  • 青幹之のほうが光の太さが太くなるので、青幹之の遺伝を残す。

 

幹之メダカの種類

種類名説明
黒ラメ幹之

黒ラメがはいった幹之。

ラメ幹之

幹之メダカ特有の光沢がまばらに魚体全体に入る。
ラメ強

ラメ幹之のラメ状が強くなっているタイプ。
鉄仮面

頭部全てから背面までが全て輝いている幹之。
フルボディ

全身が輝いている幹之
パンダ幹之

上から見ると背中に光沢のある鱗がある。パンダタイプ
アルビノ幹之

幹之の特徴がでているアルビノタイプ。
幹之スーパー光

青白い光沢が魚体全身にでるタイプ、美しい。
幹之出目

幹之の出目タイプ。上から見ると両方の特徴が
良く出てるのがわかる。
幹之マリンブルーメダカ

上からみるとメダカとも思えないような仕上がり。
背中の中心あたりから美しい青い光沢が広がり。
縁がやや白っぽくなっている。

 

幹之メダカ 価格

ヤフオクでは幹之の遺伝がはいっているメダカが
『 一番買取取引が多く 』現在主流となっている。
いまの所はカラーメダカの主役といった所。

需要が多いためか他の種とくらべるとヤフオクでの買取は相対的に高くなるほうで
スーパー系や鉄仮面などの光沢の範囲が広いものであると高額になる。

以下2016年のヤフオクでの幹之メダカの落札価格です。
(かなりの数ですので拡大しないと見ずらくなっていますので
クリックするとみやすいです。)

 

幹之メダカ 価格 2016年 1月

幹之メダカ 価格 2016年 2月

幹之メダカ 価格 2016年 3月

幹之メダカ 価格 2016年 4月

幹之メダカ 価格 2016年 5月

幹之メダカ 価格 2016年 6月

幹之メダカ 価格 2016年 7月

幹之メダカの種類と同じカテゴリ

 

幹之メダカの種類を見ている人は他にこんなページもみています

透明鱗メダカの種類
透明鱗メダカの種類

透明鱗メダカ透明鱗メダカタイプは虹色細胞が失われている部分がある。主な特徴としてはえらが透けている。しかし、えらが透けていなくても透明鱗メダカの遺伝子を受け継いでいる場合があり、他の部分などを受け継いでいる場合がある。かなりの組み合わせが生み出されていて様な種の透明鱗タイプが出揃っている。透明鱗メダカタイプ全般透明鱗メダカには次のような特徴がある。普通種に比べて弱い。普通種に比べて成長が少し遅い保……

美味しいサンマ(秋刀魚)を見分ける方法
美味しいサンマ(秋刀魚)を見分ける方法

秋刀魚はふつうは外海の表層を群れて泳いでいますがときどき内湾の奥に迷い込んで来ることがあります。これが来るとサビキでも多量に釣れる時があるようです、昭和の時代などは東京湾からでもかなり釣れていたという映像などもテレビで放送されていたこともありました。ここ最近は温暖化それとも秋刀魚の数が減ったからですかね、普通には防波堤などではあまり釣れない魚の一つです。秋刀魚の数が減ったと言えば、漁獲量は年減って……