水換えの頻度や注意点

aquarium_640

海水魚飼育の大きな世話の一つが水換え、生物ろ過システムの
場合、ph、硝酸塩を測定しながら水換えを行うのが安全
ろ過フィルターのバクテリアが安定すると一定の期間で水換えを行うだけでも
だいたい大丈夫。
生物ろ過以外のろ過の場合でも水換えは確実に水質を調整する為にも必要。
特にミネラルが不足しがちになるので成分を補給するためにも必要となる。

海水魚飼育でなぜ水換えが必要なのかというと、生物ろ過の過程で
残った、硝酸塩を減らすという理由が大きなの要因の一つ。
他には、海水魚が病気にかかった時に病原体を減らすなどの
目的の為にも水換えを行う。
生物ろ過の過程で発生する、硝酸塩は下記のようにして出来る。

水換え 硝酸塩

バクテリアによる『硝化』の流れ

アンモニア(糞、餌の残り)⇒ 亜硝酸 ⇒ 硝酸塩

 

海水魚の糞や餌の残りは、海水の中でアンモニアに変わる。
phの高い海水魚の水槽では、一部が毒性の高いアンモニアのままで残る
これが非常に危険で、海水魚に悪い影響をおよぼす可能性がある。

アンモニアをろ過フィルターなどについた有益なバクテリアが
亜硝酸⇒硝酸塩へと換えていく。
このバクテリアの働きを硝化と呼ぶ。

有益なバクテリアが発生していない、海水魚水槽などでは
硝化が行われず、毒性の高いアンモニアのまま残りそのまま海水魚を
死滅させることになる。

海水では淡水とことなり、有益なバクテリアがろ過フィルターに
定着するまで時間がかかる
ので、水槽を立ち上げてから3ヶ月以上は
バクテリアの定着させる期間としてのみ運用した方が良い。

硝酸塩も少ない場合は海水魚への影響はすくなく無害だが多くなると有害になる。
また、硝酸塩は無脊椎類にとっては毒性が強い
この為できるだけ硝酸塩を発生させないようにする必要があり
無脊椎類を飼育する際はプロテインスキマーなどを設置する。

プロテインスキマーは、アンモニアのまま分解するので
硝化があまり発生せず、硝酸塩にのこりづらく水換えの頻度がへる。

硝化の過程で発生するリン酸塩はコケの発生原因となる。

水換え 頻度

海水魚水槽の水換えは出来るだけ、月に2回程度のサイクルで行うのが
理想的。

一度の水換えで濾過槽を含めた総水量の1/8を水換えで
交換するのが水槽内への海水魚への影響がすくなくて良い。

これはあくまで標準的な、水槽と海水魚の飼育数の比率
の場合によるものであって。
水槽が小さく、海水魚の飼育数が多くなるほど
水換えの頻度を多くする必要がある。

また、プロテインスキマー、殺菌灯、オゾナイザーなどの
器具の設置などによっても水換えの頻度はことなる。

海水魚のことを配慮するのであれば、水槽が大きいものに
海水魚の飼育数を少なめで、大きい濾過槽などを
利用するのが理想的であるが……。
なかなか我慢ができず、色々と増やしてしまうという現実がまっている。

水換え 注意点

海水魚飼育、初心者の方は以下の2点を注意する。
ヒートショック
人口海水をしっかり溶かす

ヒートショック

水槽の水換えを行うときには、海水魚のヒートショックを
さけるために、古い海水と新しい海水の温度をあわせるのは重要で
行わずに水換えをすると、白点病の原因になることがある。

人口海水をしっかり溶かす

新しい水換えにつかう人口海水はしっかりと溶け切っている必要があり
まだしろっぽくなって解けてない海水は水質が不安定で
溶ける過程で比重も変化してしまうので、海水魚に悪い影響を与える。

 

 

 

水換えの頻度や注意点と同じカテゴリ

 

水換えの頻度や注意点を見ている人は他にこんなページもみています

サメの種類 危険な人食いサメなど
サメの種類 危険な人食いサメなど

人を襲う危険な人喰いザメの種類や、小さいサメの種類、人に危害を与えないサメなど。サメの種類、をわかりやすい写真画像とともに、解説しているページです。サメの種類一覧ネコザメ猫鮫イヌザメ(犬鮫ネムリブカシロワニ白鰐オグロメジロザメノコギリザメ鋸鮫ツマジロザメ爪白鮫ジンベエザメ甚平鮫ウバザメメガマウスザメガラパゴスザメドタブカアオザメ青鮫ヒラシュモクザメホホジロザメ頬白鮫イタチザメ鼬鮫オオメジロザメ大目……

白身魚のフライの正体
白身魚のフライの正体

白身魚のフライ、あの衣の中につつまれる魚の種類が気になったかたも多いのでしょう。いったいどのような魚が使われているのか白身魚のフライで原材料として使われる魚の種類を一覧であげてみました。白身魚のフライの正体魚一覧タラホキスケトウダラメルルーサブルーホワイティングオヒョウスズキ(シーバス)アメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)ナイルパーチバサ白身魚のフライの正体海水魚タラ漢字は魚偏に雪で鱈と書……