沖縄 サメの種類

沖縄に生息しているサメの種類とその事故に
関しての情報を記載したページです。

沖縄海域にはオオメジロザメ、イタチザメ、ホホジロザメなどの
狂暴なサメが生息している。
過去のサメの被害例を見てみても
沖縄県宮古島沖合いの特定の時期にサメに襲われていることが多いようだ。

ビーチ目的の方はかなりサメのことが気になるかもしれないが
過去にさかのぼってそれほど多発しているという訳ではない。

 

 

 

ネムリブカ

 

 

 

自然化にいるものは、和名のように昼間ほとんど
サンゴ礁の岩の下などの海底で寝ていることにある。
昼間はじっと休息していて、夜間になると活発に行動する。
おとなしいサメで人間に危害を加えることはない。

 

 

ネムリブカの事故

2005年10月22日 沖縄県宮古島沖合い

モリ突きをしていた男性が左肩を3針縫うケガをした。体長1,5mのネムリブカに咬まれた。

出典 – http://chikyu-to-umi.com/kaito/same.htm

 

 

イタチザメ

イタチザメの画像
出典 –
https://ja.wikipedia.org

大きい個体になると8m近くになるものもいる。
日本では本州中部から沖縄にかけて分布する。
歯はウミガメの硬い甲羅をもかみ砕くほどすぐれている。
中型の個体までは背びれから後ろにかけて、横縞のある模様が
しっかりと出ている。

 

イタチザメの事故

 

2000年7月16日 沖縄県宮古島砂山ビーチ

仲間3人とサーフィンをしていた男性が水深3mの所でボードに座っていたところサメに襲われて死亡した。ボードにも鋭い歯跡が残っていた。体長2mのイタチザメによる被害と断定されている。

出典 – http://chikyu-to-umi.com/kaito/same.htm

 

2000年7月16日午後5時ごろ、平良市荷川取の砂山ビーチの沖合約30メートルでサーフィンをしていた平良市東仲宗根添1166ノ689、無職三浦貴之さん(21)が海中に引き込まれるのを一緒にサーフィンをしていた知人の男性(30)が目撃した。男性は周りでサーフィンをしていた知人らに助けを求め、三浦さんを引き揚げ、119番通報した。三浦さんは病院に搬送されたが、右上腕部と両ひざ下を切断されるけがで、同日午後5時半ごろ、死亡した。三浦さんの両足に残った歯形と、一緒にサーフィンをしていた知人が三浦さんの側でサメのせびれを目撃しており、宮古署ではサメに襲われたと見ている。
平良市では1996年7月に潜水調査に同行していた男性がサメに襲われ、死亡する事故が起きたほか、97年7月にも素潜りで漁をしていた漁師が襲われ死亡している。今回はレジャー中の事故で、現地の関係者は強い衝撃を受けている。

出典 – http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-112885.html

 

宮古島市平良の砂山ビーチでは近年でもサメの目撃情報がある。

 

2016年10月28日 宮古のビーチ、サメ目撃情報

【宮古島】宮古島市平良の砂山ビーチで25日午後3時ごろ、サメの目撃情報があった。宮古島海上保安部によると、シュノーケリング中の遊泳者が岸から5メートルほど離れた地点で体長2~3メートルのサメを目撃した。遊泳者にけがはない。宮古島市は26日、砂山ビーチに注意を呼び掛ける看板を設置した。25日以降はサメの目撃情報はない。
 
砂山ビーチでは2000年9月、サーフィンをしていた男性がイタチザメに襲われ死亡する海難事故が起きている。

出典 – http://ryukyushimpo.jp/news/entry-384402.html

 

 

オオメジロザメ

オオメジロザメの画像
出典 – https://ja.wikipedia.org

 

 

 

全長は4mにまでもなる大型のサメ。

淡水域の浅い場所にも入り込むので
人間と接触する可能性がかなり高く、被害が多い。

日本では沖縄周辺や西表島の川でも確認されている。
人喰いザメとして有名なメジロサメ。

 

 

オオメジロザメの事故

 

1996年7月23日 沖縄県宮古島

サンゴの生育調査をしていた男性(52才)がサメに襲われ、ダイバー船に助けを求め、救助したものの右胸から下腹部にかけて縦35センチ、横30センチが楕円形に食いちぎられ死亡した。調査にあたった担当者はオオメジロザメではないかと言っている。

出典 – http://chikyu-to-umi.com/kaito/same.htm

 

 

調査された詳しいサメの種類は以下に

 

一九九六年七月二四日午前九時三五分ごろに宮古島市の
パイナガマビーチ沖合一キロメートルでサメによる咬傷事故が
発生した。

(中略)

残された歯の破片からいくつかの点が考えられた。
縁辺部に鋸歯をもつこと、大型種でこの海域で人を襲う可能性が高い
ことから、オオメジロザメ、イタチザメ、ホホジロザメのいずれかの
個体と思われた。
残っていた歯の破片は、イタチザメの鋸歯とは明らかに形態が
異なっているように思えた。
私は鋸歯のちいさなひとつずつを顕微鏡下で計測した。
計測値は私が以前測定したホホジロザメのものとはちがいがあった。
被害者の体につけられた歯一本一本の間隔も、どうもホホジロザメの
ものと違いがあるように思えた。
しかし、これからはサメの大きさによってちがいが現れるものなので、詳細に
検討する必要があった。
その後、沖縄記念公園の内田詮三館長、戸田実氏が、被害者の手首からでたこの歯
の破片を同館に保存してあるオオメジロザメの歯と直接比較したところ、両者の
鋸歯は非常によく類似した。また、歯一本一本の間隔もオオメジロザメのおのに
よく一致した。したがって、被害を与えたサメはオオメジロザメの可能性が
高いことになった。

 

出典 – サメ 軟骨魚類の不思議な生態 P163-P164

 

 

1997年7月12日 沖縄県宮古島沖

 

一九九七年七月一二日にパイナガマビーチ沖合一キロメートルの地点でサメによる
被害が発生した。

発生した日は一九九六年の被害とわずかに十二日しかちがいがなく、さらに旧暦では
一日のちがいであった。被害が発生した場所は、一九九六年の発生現場から約四〇〇メートル
離れた場所であった。
被害者は一人で小型船FRPサバニ(〇.六八トン、全長六・一メートル、幅一・九メートル)に
乗って素潜りによるタコ漁にでていたときに被害にあった。

(中略)

 

死亡原因は咬傷による出血死またはショック死と考えられている。
傷の形状を確認したがほぼサメによる噛み傷であることはまちがいなかった。
サメの歯の破片もでてきたが、種の徳的ができる状況のものではなかったようである。
現在、この調査を行っている沖縄国営記念公園水族館の内田館長と戸田氏が調査を続行している。
現時点では、同海域に生息しているサメ類のなかでもっとも可能性が高い種類としては、前年
に被害を与えたと考えられるオオメジロザメか、あるいはイタチザメである。

出典 – サメ 軟骨魚類の不思議な生態 P165-P166

 

 


沖縄 サメの種類と同じカテゴリ

 

沖縄 サメの種類を見ている人は他にこんなページもみています

魚をハサミで血抜きする方法
魚をハサミで血抜きする方法

魚の締め方種類釣った魚を持ち帰り食べる、美味しく魚を食べるには鮮度を保つことが重要です。特に刺身などで魚を食べる方はきっちりとした締め方をしておくことをおすすめします。魚の大きさによっては絞め方は変えたほうが手間がかからず楽です。魚の大きさによって以下のように絞め方を変えます大きい魚魚の血抜き小さい魚氷締め血抜きするのはブリ、真鯛、スズキ、クロダイ、ヒラメなどの大きい魚のみで、サビキなどで釣れるア……

アブラツノザメ 世界でもっとも個体数が多いサメ
アブラツノザメ 世界でもっとも個体数が多いサメ

出典アブラツノザメの分布は広く世界各地に分布する。グリーンランドからアルゼンチン、アイスランドからモロッコまでの東西大西洋。地中海、黒海、ベーリング海、チリ朝鮮半島から南オーストラリアまでの東西太平洋。寒冷な海域を好み、ときに湾内や入り江などでもみられるサメ。冷水域で生息し、度以上の水温に耐えることができない。アブラツノザメの体長は平均的に~、大きい個体でほどなので小さく人間に対してそれほどの危険……