海水の比重とは

海水の画像

比重とは

海水の多くのミネラルが溶け込んでおり
その為に、海水魚飼育用の海水は食塩で作ることができない。
市販などの人口海水を使うか、近場の海で海水を汲んでくる必要がある。

 

海水のミネラルはだいたい100種類ほどあると確認され
イオンの状態で海水のなかに存在する。
このミネラルの分、海水は淡水に比べて重くなっている
この重さの度合いを比重という。

通常の海水魚飼育に適した比重は、水温25℃の時の正常な
値は1立方センチあたりの重さは
1.0224~1.0236にあたる。
これは一般的な海水魚であり、生息地などによっては
高い比重をこのむ種類の海水魚もいる。

 

比重の変化

比重は同じ海水でも、水温が上がると比重は下がり
水温が下がると比重は上がる。
海水魚は比重が高くなると体内の水分がすくなくなり、比重が
低くなると、体内の水分がふえる。

無脊椎類は特に比重の変化に弱いので、エビ、サンゴ、イソギンチャク
を飼育するときは比重を一定にた持つ必要がある。
これも無脊椎類の飼育が難しいといわれる要因の一つである。

 

 

比重のキープ

海水魚飼育の場合、いろいろな要因で水分が蒸発していき比重が変化する。
水槽のセットした水位を決めて、しるしをつけておくことで
カルキ抜きした水道水をたすだけでいい。
特に冬などは室内が乾燥するので、水分の蒸発が早い。

 

 

海水の比重とはと同じカテゴリ

 

海水の比重とはを見ている人は他にこんなページもみています

海水エイの種類
海水エイの種類

アカエイ日本沿岸でも良く見られる海水エイの種類。こげ茶色の体色で、縁が橙色。砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいよう。ハンマー状の頭部をしたサメの種類、シュモクザメによくターゲットにされるようだ。あの頭部でこいつを押さえつけて捕食するのは不思議な感じ。シビレエイたまに販売されている海水エイの種類。胸ビレに発電器官をもち名前のとおり電気ショッ……

海水魚の餌の種類
海水魚の餌の種類

エビの種類、フリソデエビの餌にもなるヒトデ類海水魚の餌の種類活き餌、生餌アサリなど貝類餌付けが難しい魚向け、チョウチョウウオなど。殺菌の為に一度冷凍して利用。餌付ける際は鮮度の高いアサリなどをミンチにして珊瑚などにこすりつける。カラッパなどは殻のままでも割って食べることもある。小魚淡水の病原菌、寄生虫は海水で生きることができないので、病気などをもちこまない。小赤やヒメダカなどがコストが安い。淡水魚……