海水エイの種類

アカエイ

ヨレヨレにひっかかったアカエイ

日本沿岸でも良く見られる海水エイの種類
こげ茶色の体色で、縁が橙色。

砂の中に体を埋めて、目だけをだしていることが多い。
このことから海水浴の際、被害に合う事がおおいよう。

ハンマー状の頭部をしたサメの種類、シュモクザメによくターゲットにされるようだ。
あの頭部でこいつを押さえつけて捕食するのは不思議な感じ。


 


 

シビレエイ

たまに販売されている海水エイの種類

胸ビレに発電器官をもち名前のとおり電気ショックを行う、この特徴をいかして
無脊椎動物や小魚をしびれさせて捕食する。

稀に、シビレエイの種類のブルズアイ・エレクトリックレイという種も
販売される。

 


ナンヨウマンタ

よく水族館などでもよく展示される海水エイの種類
他の海水エイのように毒針がないのでダイバーにも人気がある。
オニイトマキエイに似るが、下からみるとこちらは白い部分がほとんど

 


オニイトマキエイ

ナンヨウマンタとともに水族館などでも展示される海水エイの種類
よくマンタと呼ばれることが多い。
ナンヨウマンタ同様、ダイバーに人気がある。
ナンヨウマンタとの違いは下からみると縁の黒い部分がおおい

 


マダラトビエイ

よくショップなどで販売されるトビエイの一種

餌を、吻で砂を掘って探す特徴がある。

他の海水エイの種類と同様に、尾の基部に毒棘を持つ。
天敵はサメの種類が多い。

 


ノコギリエイ

 

名前のようにノコギリ状の吻をもつ独特の姿をした、海水エイの種類。
このノコギリ状の吻を金属探知機のように
つかい、海底にいる生物を探り当てて、捕食するという
これまた変わった特徴をもっている。

見た目は良く似るがノコギリザメとは別の種類

 

海水エイの種類と同じカテゴリ

 

海水エイの種類を見ている人は他にこんなページもみています

ニザダイの種類 ドリーの種類もこちら
ニザダイの種類 ドリーの種類もこちら

ニザダイの種類はキイロハギや、ナンヨウハギなどがカクレクマノミやクマノミなどの海水魚のように人気があり多くの人によく飼育されている。泳ぐのが得意で、ひらひらとうまく水槽内を泳ぐものが多いので飼育して観察してみると面白い。幼魚は全身が黄色いものが多いのも特徴の一つ。飼育する場合、他の海水魚と比較するとニザダイの種類は白点病にかかりやすい部類。ただ餌をもりもり食べるので、簡単に持ち直すことが多い。主に……

ウミウシの種類
ウミウシの種類

アオセンミノウミウシ個性的な姿をしたウミウシの種類、まるでイソギンチャクのようにもみえる。横からよく見ると、目のようなものがしっかりと見える。これはやや大きめの固体。アオフチキセワタ主に黒が地の色の固体が多い、こちらは少し変わったタイプの固体か。泥が少し混じった海底におもに生息。アオボシミドリガイミリ程度の小さいウミウシの種類。生息地は奄美大島など。アオモウミウシアオモグサなど海藻などによく付いて……