深海サメの種類

深海サメの種類

まだまだ謎に満ちている深海サメの種類を紹介。
水圧に耐えれるような、独特の姿をしていて、
あまりサメらしい姿でないものも。
そこを這うようなサメも多いのが特徴です。

 

深海サメの種類一覧

  • メガマウス
  • フトツノザメ
  • イズハナトラザメ
  • カスザメ
  • ナヌカザメ
  • ニホンヤモリザメ
  • アオザメ
  • ホシザメ
  • ミツクリザメ
  • ヨロイザメ
  • ヘラツノザメ
  • ノコギリザメ
  • エドアブラザメ
  • カグラザメ
  • フジクジラ
  • ラブカ

 

深海サメの種類(水深最大0m~)

メガマウス

深海サメの種類 メガマウスの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/

生息水深は10m~300m、主に水深200m近くに生息している。

名前のように体に比較して、巨大な口を持っている。
全長5mに対して、1m程度の口幅をもつ。

口をあけて主にプランクトンや小型の深海の生物を捕食する。
種類は発光性の小エビの種類や、クラゲ、無脊椎動物など。

1976年にハワイ近海で発見されてのが初めてで
まだ、あまり知られていないことが多い、深海サメの種類。

日本でメガマウスが確認されたのは、1989年1月に
静岡県浜松市の砂浜に1個体が打上げられた。

メガマウスが打ち上げられた時期と地震発生が近かった
ことがあったので、地震を予兆するサメなどと
いうことがネットでは噂されている。

 

フトツノザメ

深海サメの種類 フトツノザメの画像
出典 – http://www.fishbase.org/

生息水深は50m~230m

全長最大1m50cm

背ビレの前に太いトゲをもつのが名前の由来。

冬には水深10m付近にも浮かび上がってくる。
目が光を当てるとエメラルドグリーンに輝く。

 

 

イズハナトラザメ

深海サメの種類 イズハナトラザメの画像
出典 – http://www.fishbase.org/

生息水深は100m~200m

静岡県下田市白浜の沖合いで初めて見つかった。
1992年に新種として登録された深海サメ。

全長20cm~40cm、程度とかなり小さい。

日本各地でみられるトラザメとは違う種類のサメ

トラザメと比べると体に白い斑点が明瞭に
出ている。

 

カスザメ

深海サメの種類 カスザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

生息水深は20m~200m

全長最大2m

エイのような姿をしている深海サメの種類

英名はエンジェルシャーク、和名はカスザメという名前
で不思議な感じ。

昼間はあまり動かずに海底に潜んでいて
餌が捕食できる範囲に近づくと一気に飲み込んでしまう。

 

オロシザメ

深海サメの種類 オロシザメの画像
出典 – https://www.pinterest.com/

生息水深は150m~350m

1985年にはじめて北半球で発見された。

全長最大65cm。

みためからしてザラザラとして感触が見て取れます。
名前の由来はその肌がおろし金状になっている
ことのようです。

正面からみると豚の鼻のような噴水孔をもち
かわいい姿をしている。

 

ナヌカザメ

深海サメの種類 ナヌカザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

生息水深は90m~200m

全長最大 1m40cm

生命力が強い深海サメの種類で、
実際は7日も生きることは出来ないが
7日陸に放置しても、生きるほど丈夫なことから
ナヌカザメという名前が付けられているようです。

餌は魚類で、かなり貪欲に餌を食す。

胃に水や空気を吸い込んで膨らますことができ
敵に攻撃されたときは岩の隙間などに体を固定して
抜け出せなくなるようにする。

 

 

深海サメの種類(水深最大500m~)

 

ニホンヤモリザメ

深海サメの種類 ニホンヤモリザメの画像
出典 – http://www.fishbase.org/

生息水深は200m~500m

全長最大70cm程度の大きさ。

背中に斑紋状の模様があり、体つきもヤモリに
似ている
ことが名前の由来とされている。

海底を這うようにして、小型の生物を捕食する。

 

アオザメ

生息水深は50m~650m

サメのなかではもっとも早く泳ぐ(時速35キロメートル)。
気性は荒いので、危険なサメの種類。
全長は最大4m程と、サメの種類中で比較すると中型サイズぐらい。
背中がメタリックブルーの色をしているのが和名の由来。

 

ホシザメ

深海サメの種類 ホシザメの画像
出典 – http://www.fishbase.org/

生息水深は50m~600m

黒い体に小さい白い点が星のようにちりばめられたような姿が
名前の由来。

全長は最大約1m40cmほど。

一定の範囲の砂泥地で生息し、それほど移動
しない。

海岸や船釣りでよく釣れるサメのようだ。

 

ミツクリザメ

深海サメの種類 ミツクリザメの画像
出典 – https://www.youtube.com/

生息水深は100m~600m

全長最大 3m90cm

つきだした特徴的な吻をしていて、見分けやすい
深海サメの種類

英名はゴブリンシャーク

出っ張った吻の役割は餌を探すための部位
であることが最近分かってきている。

 

ヨロイザメ

深海のサメの種類 ヨロイザメの画像

.


出典 – https://commons.wikimedia.org/

生息水深は200m~600m

名前の由来は体が鎧のように硬いことから来ている。

歯は大きくのこぎり状で非常に鋭い。

全長最大1m60cmほど、自分よりも大きい生物を襲い
捕食することもある。

 

ヘラツノザメ

深海サメの種類 ヘラツノザメの画像
出典 – http://sharkrayresearch.weebly.com/

生息水深は300m~800m

全長最大 1m50cm

吻の部分がへらのようになっていることが
ヘラツノザメという名前の由来。

日本の相模湾や駿河湾でよく捕獲される深海サメの種類。

肝臓が化粧品や健康食品の原料として利用されている。

 

ノコギリザメ

深海サメの種類 ノコギリザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

生息水深は10m~800m

全長最大 1m50cm

頭部がノゴギリの歯のようにみえる、サメとは思えない独特の姿。
この特徴的な姿ですぐに判別できる。

ノコギリザメはサメにそなわっているロレンチーニ器官が、発達
しており、餌の小さな魚やイカ、甲殻類を見つけ
特徴のノコギリ歯で切り餌を捕食します。

 

 

 

深海サメの種類(水深最大1000m~)

 

エドアブラザメ

深海サメの種類 エドアブラザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

生息水深は200m~1000m

全長は最大1m40cm、平均は1mとそれほど大きくない
小型の深海サメの種類。

体と比較すると、大きな頭をもつエドアブラザメ

2016年3月17日に三津シーパラダイスでも
飼育されている

 

カグラザメ

深海サメの種類 カグラザメの画像
出典 – https://commons.wikimedia.org/

生息水深は200m~2000m

全長が4m80cmと深海のサメにしては大きくなる種類。

姿はシンプルで深海魚を思わせる姿、水圧に耐えれるためか
体は非常に頑丈にできている

貪欲で、貝類、海産哺乳類までも食することがある。

水族館でも何件か展示されていたことがあるようだ。

 

フジクジラ

深海サメの種類 フジクジラの画像
出典 – http://carnivoraforum.com/

生息水深は200m~1300m

小型の深海サメの種類。
サイズは最大でも40cm程度の大きさ。

生きた個体は綺麗な藤色の姿をしているのが
名前の由来。

小さく水圧の変化に弱いのか、水揚げされても弱っている
ことが多く、水族館でもほとんど飼育されていない。

 

ラブカ

深海サメの種類 ラブカの画像
出典 – https://en.wikipedia.org/

生息水深は120m~1500m。

一般的なサメの肌とはことなり毛のような肌を持つ
深海サメの種類

全長最大2m。

サメというよりもウナギなどに近いような姿を
しており、泳ぐ姿も似ている。
しかし、歯は鋭く顔の部分はサメといった雰囲気を持つ。

 

深海サメの種類と同じカテゴリ

 

深海サメの種類を見ている人は他にこんなページもみています

冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?
冬の釣りは氷不要?魚の鮮度に重要なのは何度?

冬の釣り場は寒いので、クーラーボックスに氷は不要という疑問が浮かんだので少し調べてみました。魚の鮮度に重要なのは魚の鮮度を維持するためには、絞めたり血抜きした後で以上の~を保ったほうが良いようです。長崎水産試験場のマアジ鮮度保持試験によれば時間以内であればで保存された魚(マアジ、イサキ)の死後硬直に達する時間が長くなり活けしめの状態が長くなるとされています。鮮度を保つ適温はに近いほうがいいというこ……

アジの寄生虫と対策
アジの寄生虫と対策

アジに寄生するとされる寄生虫アニサキスウエノオ擬嚢尾虫に関してまとめてみました。漁獲量が多く、よく鮮魚コーナーでも手頃な値段で売られるアジ、あまり寄生虫がつかないと思われがちですが寄生するような種類が少しいます。アジの寄生虫ウエノオフナムシなどの仲間とされる寄生虫の一つ。主に魚の舌や、エラなどにとりつく寄生虫、見た目はシャコエビのような姿これが出てくるとかなりキモイ。前からみるとまるで小型のエーリ……