琥珀メダカの種類

琥珀メダカと琥珀

琥珀メダカは琥珀色の体色のメダカで、尾の縁に
近づくとオレンジが濃くなる、代表的なカラーメダカの種のひとつ。
幼魚は体全体が茶色をしている。

琥珀と聞いてもぱっとイメージが浮かばないという人も多いのではないだろうか
良くで映像ででるような宝石なら色が思い浮かぶものだが
日常的に琥珀はそれほど見かけないのでどのようなものかあまり知られていないのかもしれない。
世界大百科事典第二版では次のように記されている。

新生代の第三紀の松柏科植物(マツ,スギ,ヒノキなど)の樹脂が,地中で化石化したもの。成分はC40H64O4でコハク酸などの樹脂酸を含む非晶質の有機化合物である。色は黄色ないし褐色で,ときに白あるいは赤みを帯びるものもある。透明ないし半透明で,樹脂光沢を帯びる。摩擦すると静電気を帯びる性質がある。樹脂が固まる前に封じ込められた昆虫や植物が見られることもあり,珍重される。硬度は2~2.5で,耐久性は低いが,美しさと希少性のために古くから宝石として愛好されてきた。比重は1.03~1.10のため,濃い塩水には浮く。主要産地は旧ソ連のバルト海沿岸地区で,産地の鉱山で採掘されたものはピット・アンバーと呼ばれる。バルト海沿岸海底から流出し海水で運ばれてデンマークのユトランド半島,スウェーデン,ノルウェーやイギリスの海岸にまで打ち上げられたものはシー・アンバーと呼ばれる。その他ミャンマー,インド,ルーマニア,ドミニカなどでも産する。熱すると150℃で軟化し,250~300℃で溶解するので,小片材料を加熱圧縮成形した再生コハク(アンブロイド ambroid)が代用品として普及している。

(世界大百科事典第二版 コハク(琥珀))

琥珀色は、黄色ないし褐色で透明または半透明とあり。
元がマツ、スギ、ヒノキの樹脂で、あの濃い焦げ茶色が長い期間
かけられ地中で化石化したというのであれば、納得できるような色あいでもある。

宝石の琥珀の画像
(これが実物の琥珀の宝石の色合い)

琥珀メダカも琥珀色を表していて、どちらかというと透明度のある体色をしている。
特にゲージの周り白い方がより一層、琥珀色に近づいたものに見える。
ゲージの周りが黒いと、透明度があまり感じられず琥珀色とは遠い感じに見える。

雄は婚姻色が出ると、ヒレの部分が濃い赤色になる
宝石の琥珀に関しても時に赤みを帯びる物がでるようで、なるほど
琥珀というものに合った味わいをもつ名前であることが伺える。
この婚姻色に関してのほとんど憶測になるが、琥珀メダカと
楊貴妃は同じ系統(赤系)から作出されたものにあたるので
婚姻色が出る際に、原種の色が一時的に再現されているので
ないかと思われる。

琥珀色の補色(逆の色)はR:63G:125B:184 ダフニグレイ
↓このような感じの色になる

■■■■■■■■■■■■

青い色で、視覚的に琥珀は青系と逆の位置にある事がわかる。
琥珀メダカと楊貴妃は同じ系統(赤系)から作出されたので

青系のメダカを掛け合わせると親と同じような琥珀メダカはうまれずに
グレードを下げる、ないしは雑種を生み出すことになる。

 

まとめると、琥珀メダカは

  • 体色は黄色ないし褐色であり
  • 体に透明度があり
  • 婚姻色で赤が出る。
  • 青系と交配させても、同じように琥珀メダカは産まれない
    ことから見ても体色が琥珀色という位置にある事うかがえる。

他にも幹之などの光沢などに比べると琥珀メダカは派手さがなく、やや地味な
ところなどを琥珀や他の宝石に置き換えてみると、相対的にその様子が似ているのが
うかがえる。

琥珀メダカは『琥珀』との名前をつけられるだけあって
宝石の琥珀の特徴を多数捉えたメダカの一種である。


その他

琥珀メダカと楊貴妃は同じ系統から作出されたので
琥珀メダカからも楊貴妃と同じような個体が産まれることがまれにある。


種類名説明
琥珀メダカノーマル体型の琥珀メダカ。
琥珀ヒカリメダカヒカリメダカを組み合わせた種。
琥珀ダルマメダカダルマメダカを組み合わせた種。
琥珀ヒカリダルマヒカリメダカとダルマメダカを組み合わせた種。

琥珀メダカ、ヤフオク!での買取価格

琥珀メダカは代表的なカラーメダカ種のひとつで
落札数もまずまず多い。
相対的にみると、やや安めの買取価格になっている。

琥珀メダカの種類と同じカテゴリ

 

琥珀メダカの種類を見ている人は他にこんなページもみています

ピンポンパールの種類
ピンポンパールの種類

金魚の種類の中で大人気のピンポンパールピンポンパールの種類は主に体色の柄で種類が判断されるようです。その一覧を画像とともに記載しておきますピンポンパールの種類一覧キャリコ柄更紗(サラサ柄)素白青ピンポンパール虎柄素赤出目ちょうちんピンポンパールの種類画像画像のリンクは楽天市場ですキャリコ柄赤、青、黒のまざったまだら模様の体色をしている種類。更紗(サラサ柄)赤と白の柄をあわせもつ綺麗な色のピンポンパ……

錦鯉 大正三色
錦鯉 大正三色

大正三色の画像錦鯉の種類紅白大正三色昭和三色べっ甲写りもの浅賛秋翠衣変わりもの黄金光り模様もの光り写りもの金鋲鱗丹頂錦鯉大正三色紅白の体に墨が入った錦鯉。白地の地肌に紅色、黒がはいった錦鯉が大正三色。大正三色という名は大正時代に固定された事が由来する。錦鯉の御三家の中の一つであり、錦鯉の中では人気の高い品種。大正三色と昭和三色の違いは次のよう頭部背部胸ビレ昭和三色墨が入る墨は腹まで入る元黒大正三色……