白点病の原因

水槽が安定した時期から突如、白点病になることは少なく
白点虫や病気の原因を他から水槽にもちこんだ時が原因となり
白点病になることが多い。
綺麗にみえている水槽であっても白点病の病原虫は水槽のいろいろな場所にいる。
目に見えてないだけで、一般的な水槽では根絶することほぼ不可能。

バクテリアの豊富な濾過槽とそのメンテナンスを怠らないのが
白点病になる確率を下げる。
環境が良ければ、白点病にかかりにくく、直りやすい。

 

おもに原因となりやすい時期は

  • 新しくセットした直後の水槽
  • 新しく購入した海水魚を水槽にいれる時
  • 水換えした時
  • 水温が低い時。
  • 海水魚がストレスをかかえる環境に変化した時

の時に起こりやすい。
これら時はに白点病対して十分に気をつけておきたい。
とくに初心者の場合は、水槽で白点病が
発生して全滅ということにも十分起こりえる、このような事態になり
海水魚をはじめてすぐに、いやな思い出をつくってしまうのは避けたい所。


白点病とは

クリプトカリオン・イリタンス(Cryptocaryon irritas) という学名の線虫が
海水魚に寄生しておこる症状、クリプトカリオン・イリタンスが好む水温は27度以上
この線虫は、淡水の白点病のウオノカイセンチュウでことなるので注意が必要。
ウオノカイセンチュウの好む温度は25度以下。
淡水の場合、高温にすると白点病は治りやすいが海水の場合はあまり高温にすると
余計に白点病を活性化させてしまう。

白点病は体表に白い斑点が現れたり、呼吸が速くなったり、目が白くにごったりする
見た目で判別することもできる。
ライブロックなどに自らの体をくるっと体を捻ったように素早くたたきつけたり
する動作を何度も繰り返す。
ライブロックなどに体をたたきつけることで傷ができ、そこから他の病気になる可能性もある。

似たような病気の症状にリムフォシスティスがある、違いは白点病は白い点の
場所が変わる
が、リムフォシスティスは場所が変わらない。


 

白点病 原因 新しくセットした直後の水槽

 

新しくセットした直後の水槽には本来ならば、海水魚をすぐに入れるべきではない環境。
海水の濾過槽は豊富なバクテリアをつくるにはそれなりの時間を要するので
半年程度じっくりと時間をかけて濾過槽に豊富なバクテリアを
つくってあげ、飼育するのが海水魚への配慮というもの。

新しくセットした直後の水槽だと、もともと白点病にかかりづらい種類で
かなり強い固体でないと病気にかかる確率はかなり上がる。
飼育する個体数もかなり押さえ気味、(ほぼ一匹)にしたほうがよい。
パイロットフィッシュとよく呼ばれる海水魚で水槽を立ち上げていく。

一般的にクマノミの種類、スズメダイの種類などは白点病にかかりづらい種類。


 

白点病 原因 新しく購入した海水魚を水槽にいれる時

 

まず、新しい海水魚が白点病を持ち込む可能性がある。
ヤッコ、チョウチョウ、ハギなどは高確率で寄生していると考えたほうが良い。
これはトリートメント水槽を用意し安定するまで様子をみてからメインの水槽にうつす。

他に混泳させたときに新しくいれた海水魚がストレスを抱えたり。
エサが一部の海水魚だけに奪われたりしてエサがあまり食べれない魚も出たりする。
いろいろな原因が考えられるので新しく購入した海水魚を水槽にいれる時は
注意しないといけないことは多い。


 

白点病 原因 水換えした時

水換えした時
・水温が水槽の水温と合っていなかった(水温の急激な変化)
・底砂を巻き上げ、砂底にいる白点病の線虫を水中に舞い上がらせた。
・濾過槽を洗浄しすぎてバクテリアを失った。
などの原因がある。


 

白点病 原因 水温が低い時

暖かい海水に住む海水魚にとっては低い温度は、体を弱らせ病気に対する
抵抗力を奪う要因となる。
水槽の置き場所が悪く一部が熱くなったり、寒くなったりするのも
水温の変化があり良くないので置き場を考慮する。
適度に水槽に水流があるのが良い。


 

白点病 原因 海水魚がストレスをかかえる環境に変化した時

海水魚の病気の原因になる一つがストレスがある。病気になる原因が水質とストレス
と言われるぐらいに海水魚にとってはストレスは重要な要因だ。
新しく購入した海水魚いれたり、水槽のレイアウト(隠れる場所)、水流、水槽の置き場所を変えたなど
ストレスとなる要因はあるのでこれ等変化させたときに白点病が
発生したときは見直す必要がある。

 


白点病の原因と同じカテゴリ

 

白点病の原因を見ている人は他にこんなページもみています

海水魚の餌の種類
海水魚の餌の種類

エビの種類、フリソデエビの餌にもなるヒトデ類海水魚の餌の種類活き餌、生餌アサリなど貝類餌付けが難しい魚向け、チョウチョウウオなど。殺菌の為に一度冷凍して利用。餌付ける際は鮮度の高いアサリなどをミンチにして珊瑚などにこすりつける。カラッパなどは殻のままでも割って食べることもある。小魚淡水の病原菌、寄生虫は海水で生きることができないので、病気などをもちこまない。小赤やヒメダカなどがコストが安い。淡水魚……

ウーディニウム病
ウーディニウム病

ウーディニウム病白点病との違いウーディニウム病は白点病と見分けにくい病気で、目視で発見するのは難しい。白点病と同じく、体表に白い斑点が現れたり消えたりを繰り返すが、白い斑点が小さいので目視で確認しづらい。違う点は病気の進行具合によって、海水魚の体色がやや黄色くなってくる。白点病にくらべて症状の悪化が早い、など。チョウチョウウオ、スズメダイの稚魚などがウーディニウム病かかりやすい。ウーディニウム病原……

グリーンFゴールド販売、価格


  • ◇ニチドウ フック式 グリーンFゴールド 2g×2

    857円

  • ◇ニチドウ グリーンFゴールドリキッド 150mL

    1488円